痩せる食べ物15選!一番痩せやすい食材は何?

コンビニで買える痩せる食べ物も!逆に太る食べ物はコレ!

痩せる食べ物なんてあるのでしょうか?

そこで今回は、痩せる食べ物について調べてみました。

一番痩せやすい食べ物はもちろん、コンビニでも買えるお勧めの商品などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

痩せる食べ物や食材とは?その特徴は?


ダイエットで何よりつらいのは、お腹いっぱい食べられないことではないでしょうか。

食事の量が極端に少なく、食べてもすぐにお腹が空いてしまい、空腹を感じる時間が長くなるほど、ダイエットを続けるのは困難を極めます。

そのような時、たくさん食べても太りにくい食物があるといいのにと思いますよね。

太りにくい食物、痩せる食べ物の概念については様々にありますが、ダイエット時に必ず気にしなければいけないのがカロリーです。

当然ながらカロリーの高い食物は太りやすくなり、逆にカロリーが低い食べ物は太りにくいと言えます。

カロリーが低ければ低いほど、理論上は量を食べても太りにくいというわけです。

このようなことから、食べても太りにくい食物とは、カロリーの低い物ということがわかります。

なお、カロリーが低い食物には、海藻や野菜、きのこ類が多くあります。

カロリー計算ができない時でも、これらのカテゴリーの中から食物を選ぶと、高カロリーのものを食べてしまう不安は解消されやすいと言えます。

一番痩せる食べ物は?


カロリーを調べたところ、食物で最も低いのはところてんとなっています。

ところてんのみの場合100gあたり2㎉と、たくさん食べてもほとんどカロリーを摂取しません。

なお、今回カロリーを調べるにあたり、食物はすべて100gで計算しています。

参考にしたサイトは以下の通りとなっています。

カロリー計算の方法は、すべて100g計算となっています。

食物の中には「一度に100gも食べない」ものも100gで計算していることをご了承下さい。

また、2~15位のカロリーも同サイトを参考にして行っています。

痩せる食べ物や食材ランキング一覧【2位~15位】

100gあたりのカロリー計算に基づき、痩せる食べ物をランキング化してみました。

2位:もずく


もずくは100gあたり4㎉となっています。

ただし、一般的に食べられているもずく酢になると市販品で100gあたり33~34㎉となります。

3位:こんにゃく


100gあたり5㎉となっています。

カロリーが低いだけではなく、食物繊維が豊富に含まれているので、お通じの改善効果も期待できます。

3位:じゅんさい


こんにゃくと同じ100gで5㎉しかありません。

つるつるとした食感と口あたりがさっぱりしているのが特徴です。

5位:しらたき


海外では、ゼンパスタという名前で小麦粉を使ったパスタの代わりに使われており、低カロリーでヘルシーだと大変話題になっています。

100gあたり6㎉となっています。

6位:チンゲン菜


100gあたり9カロリーと、野菜の中でもとても低カロリーとなっています。

癖がなくて食べやすいのが特徴です。

7位:めかぶわかめ


100gで11㎉となっています。

スーパーなどで一般的に販売されているパックのものは、50g程度の内容量となっていて、その場合は6㎉程度となります。

7位:ふき


山菜の一種であるふきは、時期になると自分で採ってきて食べるという人も多いですよね。

食物繊維が多く低カロリーで、100gで11㎉となっています。




7位:マッシュルーム


めかぶわかめ、ふきと並んで100g11㎉となっています。

生ではなく、一般的に販売されている水煮の缶詰になると16㎉と少しカロリーが上がります。

10位:レタス


パリパリとした食感で食物繊維が豊富なレタスは、100gあたり12㎉となっています。

レタスまるごと一個がおよそ300gとなっており、カロリーは36㎉ほどになります。

10位:みょうが


レタスと同じく、100gあたり12㎉となっています。

ただし、みょうがを100g食べることは少ないでしょう。

大き目のものを3つ食べても、一個20gとして摂取カロリーは7㎉程度です。

12位:つるむらさき


ほうれん草と同じ緑黄色野菜の一種で、ビタミンKを多く含んでいます。

100gあたり13㎉となっています。

13位:もやし


もやしは100gあたり14㎉となっていますが、茹でるとさらに減り12㎉になります。

13位:きゅうり


きゅうりのカロリーは100gで14㎉です。

中くらいの大きさのきゅうりが、およそ一本で100gとなっています。

15位:ほうれん草


100gあたり20㎉となっていますが、これは生食の場合です。

ほうれん草にはシュウ酸が含まれているので、加熱して食べる必要がありますが、その場合だと100gあたりで25㎉となります。

参考資料:カロリーSlism

コンビニで買える痩せる食べ物や食材5選!

コンビニ食は高カロリーの食べ物が多く、ダイエットに向かないと言われていますが、そんなことはありません。

最近はコンビニ各社もダイエットや健康を気遣う人のための商品を多数取り揃えています。

そこでここでは、コンビニで買える痩せる食べ物をご紹介したいと思います。

おでん

コンビニ名:セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど

(画像はセブンイレブン)

おでんは大根や昆布、こんにゃくなど、元々低カロリーの食材を多く使っています。

しらたきの場合なら、一つ5㎉となっています。

寒天ゼリー

コンビニ名:セブンイレブン

食物繊維を豊富に含む寒天を原料としたゼリーです。

カロリーは驚愕の0カロリー。

間食はもちろん、食事の置き換えなどに利用する人も多いようです。

ブランパン

コンビニ名:ローソン

ダイエット中はパンを食べないようにする人が多いですが、ローソンで販売されているブランパンはふすまを使用しているので糖質が少なく、ヘルシーとなっています。

2つで64㎉です。

海藻ミックスサラダ

コンビニ名:ローソン


大根、紫玉ねぎ、にんじん、水菜、わかめ、海藻ミックスが入っています。

この量で21㎉ととてもヘルシーになっています。

たこぶつ

コンビニ名:ローソン


真だこを釜茹でしています。

1パック58㎉となっています。

逆に太る食べ物は?


糖質と脂質が多いものは、カロリーが高くなり、太りやすくなります。

糖質はご飯やパンなどの主食の他に、甘いお菓子や、イモ類などの野菜にも多く含まれています。

また、脂質は肉や魚に含まれていますが、問題なのは油で調理した食べ物です。

特に揚げ物は油を多く吸ってしまうので、高カロリーになりやすくなります。

まとめ

ダイエット中は空腹との闘いになるのが当たり前と言われていましたが、低カロリーの食物を選ぶことでお腹いっぱい食べても太りにくくなることがわかりました。

低カロリーの食材は数多くありますが、どれを選んだらよいのか迷った時は、「海藻」「野菜(葉物)」「きのこ類」と覚えておくと、その枠内であればどれを選んでもそこまでカロリーが高くなることはないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました