酢キャベツダイエットの効果的なやり方【作り方や保存方法も】

酢キャベツダイエットのやり方や口コミとおすすめレシピ!効能・効果は?

冷蔵庫に必ずといっていいほど常備されているのがキャベツですよね。

今回はそんなキャベツを使った話題のダイエット方法をご紹介したいと思います。

用意するのは、キャベツの他に、体によい食材として知られている“お酢

この2つを合わせた酢キャベツを用いたダイエット方法になります。

たったこれだけで、ダイエットができるのではあればぜひ挑戦してみたい!という方は多いと思いますが、ダイエットを行うためにはそのやり方はもちろんのこと、効果についてもきちんと知っておきたいもの。

さらに、酢キャベツの作り方保存方法などもわかると嬉しいですよね。

そんな知りたい情報を、まとめてお届けしたいと思います!

スポンサーリンク

酢キャベツダイエットとは?


酢キャベツダイエットとは、酢キャベツを食べるダイエット方法になります。

酢キャベツだけを食べる置き換えダイエットとは異なり、酢キャベツを毎日の食事に加えるため、食事制限によるストレスや運動の必要はありません。

酢キャベツさえ用意できれば、誰でも気軽に行えるダイエットと言えます。

なお、酸味の効いたキャベツと言うと、ドイツ料理のザワークラフトを思い浮かべる方もいらっしゃるかも知れませんが、ザワークラフトは乳酸菌を加えて発酵されているのに対し、今回ご紹介する酢キャベツはあくまでもキャベツを酢に漬けこんだものなので簡単です。

酢キャベツのカロリーや糖質は?

酢キャベツ100gのカロリーは、23kcalで糖質は3.34gと低カロリー低糖質です。(参考資料:酢キャベツのカロリー:カロリーSlism)

いつもの食事に酢キャベツをプラスすると、いくら酢キャベツのカロリーが低いとは言えその分のカロリーはプラスになってしまいます。

しかし、噛み応えがあり満腹感を得やすい酢キャベツを上手く利用することで、食事全体の量を減らすことができれば、おのずと摂取カロリーが減ってダイエット効果が高くなりますよね。

酢キャベツダイエットは、食べ方については特に決まりはなく、食事制限の必要もありませんが、例えば一食の炭水化物(パンやご飯)を酢キャベツに置き換えてみたり、食事の最初に茶碗一杯程度の酢キャベツを食べることで、気軽に糖質制限やカロリー制限を行うことができます。

酢キャベツはカロリーが低くなっており、食事にプラスして大量の酢キャベツを食べない限りは、カロリーオーバーになることはないでしょう。

酢キャベツダイエットでなぜ痩せられるのか?効果は?


酢キャベツを食べるだけで、どうして痩せられるのか気になりますよね。

酢キャベツダイエットで痩せる理由や効果を調べてみました。

便秘解消

酢キャベツの材料となる酢に含まれるクエン酸、キャベツに含まれる食物繊維には、腸内環境を整えて便秘を解消する働きがあります。

便秘はダイエットの大敵です。

便秘によって便が腸に溜まってしまうと、便が腐敗して有毒ガスを発生させ、細胞の働きが衰えを招き代謝を下げてしまいます。

血糖値の急上昇を防ぐ

食物繊維には、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあります。

血糖値が急激に上昇すると、インスリンという物質が分泌されて血中の糖を細胞に運びますが、インスリンには余った糖を脂肪として蓄える働きもあります。

そのため、血糖値の急上昇を防ぐことでインスリンの過剰分泌を抑え、脂肪をため込むのを抑えることができます。

脂肪の分解を促進する

クエン酸には脂肪の分解を促す効果があります。

また、クエン酸は疲労回復の働きがあり、カロリーの消費(エネルギーの代謝)を活発にすることでダイエット効果も期待できます。

酢キャベツダイエットの正しいやり方


酢キャベツダイエットは、好きな時に酢キャベツを食べていればよい、というわけではありません。

食べるタイミングによって得られる効果が変わるので、目的に応じて正しいやり方を知っておくのがよいでしょう。

そこで、酢キャベツのダイエットの正しいやり方をご紹介します。

置き換え

酢キャベツダイエットの中で最も効果が高い方法になります。

1日3食のうちの1食を酢キャベツに置き換えることで、摂取カロリーを減らすことができます。

特に夕食の置き換えがお勧めですが、無理なく続けられるタイミングを選ぶのがよいでしょう。

また、食事をそのまま酢キャベツに置き換えるのはちょっと・・という場合は、主食のみを酢キャベツに置き換える方法もあります。

食事の置き換えよりも効果は下がりますが、ご飯やパンを酢キャベツにするだけなのでこちらの方が無理なく続けられる方法になりますよ。

食事前

朝食、昼食、夕食の前に酢キャベツを食べる方法になります。

食前に酢キャベツを食べるだけなので、食事の制限はありません。

酢キャベツは生のキャベツを食べるので噛み応えがあり、自然と噛む回数が増えます。

それによって満腹中枢が刺激され、食事の量を無理なく減らすことができます。

運動前

運動する30分~1時間前に酢キャベツを食べる方法です。

酢に含まれるクエン酸には脂肪を分解する働きがあるので、運動前に食べることで効率よく脂肪を燃焼することができます。

酢キャベツの効果的な食べ方や量!

酢キャベツは毎食100g程度食べるのが良いでしょう。

酢キャベツには酢が入っているので、たくさん食べ過ぎても胃や腸を傷める原因になることも。

無理なく続けられる量を食べるようにして下さい。

また、食べる時はよく噛んで食べることが大切です。

また、酢キャベツをそのまま摂るのではなく、スープに入れたり、炒め物などに使ってもOKです。

毎日の食事で少量ずつ酢キャベツを取り入れてみましょう。

酢キャベツダイエットのポイントと注意点!


ダイエットだけではなく健康や美容にも様々な効果が期待できる酢キャベツですが、いくら体によいからといって食べ過ぎてしまうのは考えものです。

キャベツに含まれている食物繊維は不溶性のため、多く摂り過ぎると腸内で便を硬くして、返って便秘を促してしまうことがあります。




また、お酢も量が多過ぎると胃腸を荒らす原因となるため、食べ過ぎないように注意することが大切です。

食べるタイミングはいつがベスト?

なお、酢キャベツダイエットは基本的には1日3食、少量ずつ取り入れるのがよいと言われていますが、どうしても1食しか食べられないという時は夕食がお勧めです。

なぜなら、夕食後はカロリーを消費することなく寝てしまうからです。

そのため、夕食でカロリーが低く満腹になりやすい酢キャベツを食べることで、摂取カロリーを減らすとダイエット効率がよくなると考えられます。

酢キャベツの作り方と保存方法!

用意するもの

①キャベツ1/2個(450~500g程度)

②お酢200~300ml

③ジップロックなどの保存用袋

作り方

①キャベツを水洗いした後、水気を切って千切りにします。

②千切りしたキャベツを保存用袋に入れ、そこにキャベツが浸る程度お酢を入れます。

③保存用袋内の空気を抜き、密閉したら冷蔵庫に入れます。

④一週間から10日ほどで食べられます。

保存方法

酢キャベツは保存用袋に入れたままで、食べられるようになってから2週間程度日持ちします。

その際、保管は必ず冷蔵庫で行うようにして下さい。

酢キャベツダイエットの口コミ


・酢キャベツダイエットは、酢キャベツ自体が美味しいのでそのまま食べることができ、またスープなどに加えても美味しいので、結果的には何も無理することなく毎日食べることができ、1ヶ月で3kg痩せることができました。

・毎日の晩酌のおつまみを酢キャベツに変えたところ、それまでどんどんと増えていた体重が増えなくなりました。酢キャベツはダイエットだけではなく、体にもよいと聞いているので一石二鳥だと思います。

酢キャベツダイエットにおすすめのレシピ!

酢キャベツダイエットでは、基本的には酢キャベツはそのまま食べるのが良いと言われています。

しかし、食べ飽きしてしまったらダイエットは長続きできませんよね。

そこでここでは、酢キャベツを使ったダイエットにおすすめのアイデアレシピをご紹介します。

簡単!酢キャベツの納豆オムレツ

材料(2人分)

・酢キャベツ(100g)
・納豆(1パック)
・卵(3個)
・かつお節(1袋)
・油(大さじ1)

作り方

フライパンに油を入れ、溶き卵を入れます。

卵の真ん中に酢キャベツと納豆とかつお節(半分)を混ぜたものを置いて、卵で包みます。

最後にかつお節の残り半分をかけて完成です。

ポイントやコツ

食物繊維豊富のキャベツと、卵、納豆でたんぱく質が摂れるダイエットに理想的なメニューです。

参照URL:https://cookpad.com/recipe/5056650

酢キャベツのお一人様スープ

材料(1人分)

・酢キャベツ(100g)
・ベーコン(1枚)
・コンソメ(小さじ1/2)
・塩こしょう(適量)

作り方

マグカップに酢キャベツ、適当にカットしたベーコン、酢キャベツが浸るくらいの水、コンソメを入れてふんわりとラップをし、電子レンジ600wで2分加熱します。

塩こしょうで味を整えて完成です。

ポイントやコツ

マグカップ一つで簡単に調理ができるので、忙しい朝のメニューとしても助かります。

参照URL:https://cookpad.com/recipe/5991563

酢キャベツとか&カニカマサラダ


酢キャベツ、千切りしたにんじん、ごぼう、きゅうり、割いたカニカマ、マヨネーズを和えたら完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/5264561

酢キャベツの中華スープ


鍋に水とスープの素を入れて溶かし、そこに酢キャベツ、カットしたキムチ、もずくを入れて少し煮ます。

さらに溶き卵を入れてかきたまにしたら完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/5046829

酢キャベツとウィンナーの煮込み


鍋に水とコンソメの素を入れて火にかけ、酢キャベツを入れて煮立ったら弱火にして煮込みます。

ウィンナーとバターを入れてさらに煮込み、味をみて少し塩辛ければ水を足し、すっぱかったら砂糖を足します。

お皿に盛り付け、マスタードを添えて完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/1655565

酢キャベツダイエットで痩せない場合の原因と対処法


酢キャベツダイエットは、酢キャベツを食べるだけの簡単ダイエット方法。

しかも、酢キャベツを食事の置き換えにするのではなく、あくまでも食事の最初に酢キャベツを食べるだけでOKなので、食事制限が苦手な方でも無理なく行えるのがメリットと言えるでしょう。

ただし、酢キャベツは摂取カロリーをなかったことにしてくれる、魔法の料理ではありません。

酢キャベツを食べているから安心と思ってしまい、食事や間食に何をどれだけ食べたか意識しないでいると、ダイエットは失敗してしまうでしょう。

酢キャベツダイエットのそもそもの目的は、食事の最初に酢キャベツを食べることで低カロリーの食物である程度お腹を満たし、食事の量を自然に減らすことにあります。

そのため、酢キャベツダイエットで痩せない場合は、食事を食べ過ぎている可能性があります。

酢キャベツダイエットに限らず、食事は栄養バランスを考えながら、量を抑えて食べるのがダイエットの基本となるので、思うように効果が現れないという方は食事を見直してみましょう。

酢キャベツの効能・効果


キャベツとお酢も健康や美容によいイメージがある食材ですが、この2つを組み合わせることでどのような効能や効果が期待できるのでしょうか。

美肌効果

キャベツは野菜の中でもとりわけビタミンCの含有量が多いと言われています。

ビタミンCは、肌のハリや潤いの元となるコラーゲンの生成に関わる成分であり、シミの原因になるメラニンの生成を抑える働きがあることから美肌作りには欠かせないものとなっています。

また、お酢には含まれるアミノ酸もコラーゲンの生成に必要な成分であることから、相乗効果が期待できます。

健胃効果

キャベツに含まれるビタミンUには、胃腸の粘膜を保護する働きがあるため胃や腸を健康に保つ働きがあると言われています。

胃腸薬のキャベジンは、キャベツに含まれるビタミンUが由来の商品で、名前もキャベツが元となっています。

まとめ

いくらダイエットによい食材と言われても、美味しくないと長続きしないもの。

しかし、酢キャベツはそれ自体がとても美味しいので、手間をかけたくない時は保存用袋から取り出してそのまま食べるだけでもOK。

さらに、一度作り置きすると2週間ほど日持ちするため、毎日作る手間も省けます。

「何か手軽に始められるダイエットはないかな~」とお探しの方は、ぜひ酢キャベツダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました