温野菜ダイエットの効果と口コミや痩せたレシピは?

温野菜ダイエットの成功するやり方や効果と口コミ!

温野菜がなぜダイエットによいのか、その理由はもちろんのこと、温野菜ダイエットの効果ややり方、口コミなどをご紹介したいと思います。

野菜が健康や美容、そしてダイエットにもよいということは、もはや女性なら誰でもしっていると言ってもよいのではないでしょうか。

また、一般的に女性は男性よりも野菜好きの方が多いと言われており、それは単に野菜がダイエットによいというだけではなく、野菜の種類によって異なる美味しさにハマっているのも理由の一つと言えるでしょう。

しかし、生野菜をたくさん食べると体が冷えてしまったり、時にはお腹を壊してしまうこともありますよね。

さらに、野菜は焼いたり煮たりすることで、栄養が逃げてしまうとも言われています。

このようなことから、「大好きな野菜をお腹いっぱい食べたいのに食べられない・・。」そんなジレンマを抱えている方は少なくありません。

そこで今回は、野菜好きの方だけではなく、野菜はあまり好きではないという方にも是非知って頂きたい、温野菜ダイエットについて調べてみました。

スポンサーリンク

温野菜ダイエットとは?

onysidt2
野菜は一般的に生食のサラダとして食べる方が多いと思いますが、サラダを食べると体が冷えたり、食べ終わったらすぐにお腹が空いてしまう、という経験をされていませんか?

そのため、野菜は好きだけど量は食べられないという方や、食べてもすぐにお腹がいっぱいになる割りに、食後にお腹が空いてしまいダイエットが継続しにくいという場合もあると思います。

このような悩みを持っている方にこそ試して頂きたいのが、温野菜ダイエットとなります。

温野菜ダイエットは文字通り、野菜を温めて食べるダイエット方法になるため、体を冷やすことがありません。

また、野菜は温めることで凝縮され、その分しっかりと食べることができますし、食物繊維の摂取量が増えるため満腹感も継続しやすいというメリットがあります。

温野菜のカロリーや糖質量は?

温野菜サラダ100gあたりのカロリーは? 温野菜サラダ「100g」のカロリーは96kcalです。

 温野菜サラダ(深型小皿一皿「191.2g」)の糖質の量は17.43gです。

参考文献:カロリーSlism

温野菜ダイエットが効果的で痩せると言われる理由

onysidt3
温野菜ダイエットは、温野菜を食べるだけというとても簡単な方法で行うため、ダイエットのために必要な道具を買い揃える必要がなく、思い立った時に冷蔵庫にあるものを温めるだけで行える手軽さがあります。

ダイエットを継続する上で、実はこの手軽さというのはとても大切になります。

なぜなら、用意が面倒だったり、続けるためには多くのお金が掛かるものは、なかなか長続きしないからです。

また、〇〇だけダイエットのように、決められた食材のみを食べると飽きがきやすいですが、温野菜は野菜であれば基本的には何でもよいので、レシピが豊富にあり飽きることがありません。

このようなことが、温野菜がダイエットに効果的であると言われる理由だと思われます。

温野菜ダイエットのやり方

onysidt4
温野菜ダイエットは、一日3食のうちの1食を温野菜のみにするか、3食のどこか1食に温野菜を取り入れるという形で行います。

まず、手始めに行うなら3食のどこか1食に温野菜を取り入れる方法が、簡単だと思います。

この場合、ご飯やおかずなどを制限する必要はありませんが、温野菜から最初に食べることでお腹が満たされ、自然と食事の量を減らすことができます。

また、1食を温野菜のみにする場合は、他の2食で栄養バランスを補うようにすることが大切です。

なお、くれぐれも3食全てを温野菜にするような、無茶なダイエットはしないようにしましょう。

温野菜はいつ食べるのが良いの?


温野菜ダイエットは、朝食、昼食、夕食のどれか1食を温野菜に置き換えて行うダイエット方法。

基本的にはいつ置き換えてもOKなのですが、よりダイエット効果を高めたいなら温野菜を食べるタイミングが大事ですよね。

そこで、ダイエットで温野菜を食べるお勧めのタイミングをご紹介します。

朝食に置き換える

温野菜は体を温めて体温を上げ、自律神経の中の交感神経の働きを活発にしてくれます。

交感神経が優位になると代謝が上がって痩せやすくなるので、朝食に温野菜を食べるとダイエット効果が高まります。

夕食に置き換える

夕食に温野菜を食べることで摂取カロリーを抑えることができます。

夕食後は寝るだけなのでカロリーの消費が行われにくいことから、夕食に摂取カロリーを抑えた食事をすることがダイエット成功の秘訣となります。

ダイエットにおすすめ温野菜の味付けは?

塩・こしょう

温野菜を食べる時は、糖質や脂質の多いドレッシングの使用は避け、シンプルな味付けとなる塩・こしょうを選ぶのがよいでしょう。

もう少し味付けが欲しいという場合は、マジックソルトやクレイジーソルトなどハーブが入ったものを選ぶとよいでしょう。

オリーブオイル

オリーブオイルは脂質が含まれますが、ビタミンEなどの栄養成分も多く含んでいます。

また、適度に油を摂ることでお通じの改善効果も期待できます。

温野菜のもさもさとした食感が苦手という場合も、オリーブオイルをかけると食べやすくなりますよ。

ドレッシングなどはOKなの?

onysidt6
温野菜を食べる時は、できれば何も付けずに頂くのが一番よい方法と言えますが、どうしても味が欲しいという場合もあると思います。

そのような時に、市販のドレッシングや手作りのソースなどを利用することが多いと思いますが、注意したいのはドレッシングのカロリーです。

せっかく温野菜で摂取カロリーを抑え、ダイエットによい栄養を補ったとしても、ドレッシングのカロリーが高ければ意味がなくなってしまいます。

ただし、極端に油の摂取を控えてしまうと、今度は便秘などを起こす恐れが。

お肉やお魚などで十分な脂質を摂っている場合は別ですが、食事全体の脂質の量が減り過ぎないように注意しましょう。

温野菜ダイエットの効果はいつ頃から出始めるの?


温野菜ダイエットを始めても、効果がいつ出るのか分からないと不安になったり、モチベーションが下がって継続しにくくなってしまいます。

そこで、温野菜ダイエットの効果はいつ頃から出始めるのか調べてみました。

温野菜ダイエットは1食分の摂取カロリーを抑えことができ、ビタミンやミネラルなどの栄養成分を摂ることで痩せやすい体を作ることができるもの。

とは言え、1日の総摂取カロリーを極限まで減らすものではないですし、痩せやすい体になるには中長期的に見る必要があります。

温野菜ダイエットでは、1週間で-5㎏のように短期間で結果が出ることはないというわけですね。

温野菜ダイエットの効果の出方には個人差がありますが、一般的にダイエットの効果が出るには最低でも1ヵ月、多くは2~3ヵ月が必要と言われています。

温野菜ダイエットもまずは3ヶ月続けてみるつもりで、始めてみるのがよいでしょう。

温野菜ダイエットの効果をより高める方法

onysidt5
温野菜ダイエットの効果をより高めるためには、フライパンで炒めたり、鍋で茹でたりするよりも、蒸し料理がもっともよいと言われています。

なぜなら、野菜を炒めた時に発生するアクリルアミドには、発ガン性があることが指摘されていますし、茹でたり煮たりすることで野菜の栄養が水に溶け出してしまい、野菜が持っている本来の栄養を十分に得ることができないためです。

一方で蒸し料理の場合は、野菜が焦げることも、栄養が逃げることもないのでお勧めです。

その際には、タジン鍋などの蒸し器を使ってもよいですし、もっと手軽に調理したいという場合はシリコンスチーマーを利用して電子レンジで加熱するのがよいでしょう。

温野菜ダイエットにおすすめの食材は何?


ダイエットに欠かせない食物としてよく挙げられるのが野菜です。

野菜は食物繊維が多く、ビタミンやミネラルが豊富に含まれることから、ダイエットによく食物として知られています。

また、カロリーが低いのでたくさん食べても太りにくいというメリットもありますよね。

しかし、サラダなど野菜を生のままで食べると体を冷やしてしまい、代謝を下げてしまう恐れがあります。

そのため、最近は温野菜にして食べる方が増えているのですが、せっかく温野菜ダイエットをするなら効果の高い野菜を選びたいものですよね。

具体的には、キャベツ、アスパラガス、ブロッコリー、ピーマン、なす、もやし、白菜、えのき、しめじなど。




基本的にはどの野菜を食べても大丈夫ですが、好みの野菜ばかりを食べてしまうと摂取できる栄養成分が限られてしまうので、できるだけまんべんなく色々な種類を食べるように心がけて下さい。

逆におすすめしない食材は?


NGな食材は、さつまいもやじゃがいもなどのイモ類、かぼちゃ、またはにんじん、大根などの根菜類です。

これらは絶対に食べてはいけないというわけではないのですが、他の野菜に比べて糖質が多く含まれています。

食べ過ぎるとカロリーの摂りすぎになるので注意しましょう。

女性は好きな人も多いイモ類は、実は野菜の中でも糖分が多いため、ダイエットにはあまり向いているとは言えません。

とは言え、カットしたものを1つ程度食べるなら問題ではないので、たくさん食べ過ぎないように注意するようにしましょう。

温野菜の作り方

温野菜の作り方をご紹介します。

温野菜ダイエットは毎日温野菜を食べるので、自分にとって作りやすい作り方を知っておくことが大切です。

鍋を使った作り方


野菜を適当にカットして鍋に入れ、水を少し足して蓋をして加熱します。

蒸気が出てきたら3分ほど加熱して完成です。

コツやポイント

加熱しすぎると食感が悪くなるので、加熱しすぎないようにしましょう。

水の量が多すぎると、野菜の栄養成分が水に溶けだしてしまうので水の量は野菜に合わせて加減をして下さい。

電子レンジを使った作り方


カットした野菜を耐熱ボウルや耐熱容器に入れ、ボウルにラップをして加熱します。

加熱の時間は野菜の種類や量によって異なりますが、600w3分で様子を見てみて下さい。

コツやポイント

火の通りにくいものは薄切りにするなど工夫をしてみましょう。

加熱しすぎると食感などが損なわれるので、様子を見て加熱時間を調整して下さい。

蒸し器を使った作り方


蒸し器の下部に水を張り、カットした野菜を蒸し器に並べ、火をつけて加熱して下さい。

野菜の種類や量などによりますが、強火で10分ほど蒸します。

コツやポイント

野菜はクッキングペーパーを敷いた上に並べるとよいでしょう。

フライパンを使った作り方


フライパンに水を入れ、アルミホイルを敷きます。

その上に野菜を並べ、中火で加熱して蒸気が出てきたら蓋をして中火のまま10分加熱します。

コツやポイント

アルミホイルを敷いた上に野菜を並べることで、野菜の栄養成分が水に流れ出るのを防ぐことができます。

温野菜ダイエットの注意点

3食置き換えはしない

温野菜ダイエットの食事の置き換えは1食のみとします。

3食全てを温野菜に変えてしまうなど、間違ったダイエットのやり方をしてしまうと体調不良などの原因になることがあります。

同じ野菜ばかりを食べない

同じ野菜ばかりを食べていると、摂取できる栄養成分に偏りが起こってしまいます。

温野菜にする種類は数日ごとに変えるなど、工夫するようにしましょう。

また、1食の置き換えで複数の温野菜を食べてもOKです。

彩りがよい方が食事の満足感が高まり、食感が変わるので食べ飽きしにくいと言われています。

食べ過ぎない

いくら野菜でも食べ過ぎてしまえば摂取カロリーは増えてしまいます。

特にかぼちゃやさつまいも、根菜類は糖質が多く含まれているので注意です。

また、野菜に含まれている食物繊維を多く摂りすぎると、便秘や下痢、腹痛などの原因になることがあります。

温野菜ダイエットの気になる痩せた口コミは?

onysidt7
野菜は確かにカロリーが低いけれど、温めて食べるだけで本当に痩せられるのか少し不安という方のために、ここでは温野菜ダイエットの経験者の口コミを集めてみました。

「野菜をたっぷり使ったダイエットスープを飲んでいたら、お腹周りに明らかな変化が現れてきました。」

「たっぷりの野菜にトウガラシやニンニクなど、脂肪燃焼効果があるものを入れたスープを飲んでいます。一週間で2kg痩せました。」

「1ヶ月に1kg減ペースながら、順調に痩せています。煮物などを大量に作っておくことで次の日の準備も楽になるのでお勧めです。」

温野菜ダイエットのおすすめレシピ

onysidt8

温野菜ダイエットで毎日同じメニューを食べていると、飽きてしまいます。

食べ飽きはダイエット失敗の原因ですよね。

蒸し器やシリコンスチーマーで野菜を温めるだけでできる温野菜ですが、一工夫することでより美味しく食べることができます。

そこでここでは、温野菜ダイエットにお勧めのレシピをご紹介したいと思います。

キャベツナ温野菜

材料(1人分)

・キャベツ(200g)
・にんじん(30g)
・ブロッコリー(50g)
・ほんしめじ(30g)
・ツナ缶(1缶)
・ノンオイルドレッシング(大さじ1)

作り方

野菜類を食べやすい大きさにカットし、耐熱皿にのせます。

上から汁気を少し切ったツナ缶を盛り、ラップをして電子レンジ500wで6~7分加熱して完成です。

ポイントやコツ

ツナ缶は油煮はカロリーが高くなるので、スープ煮や水煮を使うようにしましょう。

参照URL:https://cookpad.com/recipe/2721645

白菜パプリカハムの温野菜サラダ

材料(2人分)

・白菜(2枚)
・パプリカ(赤、黄、オレンジ各1/8個)
・ゆきな(1株)
・ハム(5~6枚)
・マジックソルト(適量)
・鶏がらスープの素(小さじ2/3)

作り方

野菜を3㎝くらいの千切りにして、シリコンスチーマーに入れて電子レンジ500wで3分加熱します。

野菜に火が通ったら、太めにカットしたハム、マジックソルト、鶏がらスープの素を入れて混ぜ合わせて完成です。

ポイントやコツ

マジックソルトがなければクレイジーソルトや塩こしょうでも代用可能です。

シリコンスチーマーがない場合は、耐熱皿やラップを代用してもOKです。

参照URL:https://cookpad.com/recipe/4301426

豆腐ドレッシングで☆モリモリ温野菜

onysidt9
じゃがいもやニンジン、ブロッコリーを温め(レシピでは茹でていますが、電子レンジや蒸し器の利用を推奨します)、ベーコンを炒めたものと合わせたら、豆腐・ポン酢・柚子胡椒をボウルに入れ、ぐるぐると菜箸で掻き混ぜたものを掛けて完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/3859505

あったか温野菜サラダバーニャカウダソース

onysidt10
ボウルにヨーグルト、粒マスタード、塩、コショウ、黒コショウを合わせたものを混ぜ、温めたかぼちゃ、にんじん、アスパラガスに掛けて完成です。

参考URL: https://re-de.jp/pot/recipe/basic/61/

温野菜のオイスタードレッシングかけ

onysidt11
ブロッコリー、にんじん、カリフラワー、パプリカを温めたものに、オイスターソース、ごま油、醤油、酢、白ごまで作ったドレッシングをかけて完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/3333145

温野菜ダイエットで痩せない場合の原因と対処法


温野菜ダイエットは、一日一食を温野菜のみに置き換えるダイエット方法になります。

食事を低カロリーの野菜にすることで摂取カロリーを手軽に抑えられますが、温野菜ダイエットで痩せない場合に考えられる原因としては、温野菜のみだとお腹がいっぱいにならず、つい食べ過ぎてしまうということがあります。

野菜は基本的にはカロリーが低いものが多いですが、だからと言ってたくさん食べてしまえば、当然ながら摂取カロリーは増えてしまいます。

温野菜だけではお腹が膨れないという時は、スープにするのがお勧めです。

スープなら水分がお腹に溜まり、満足感を得やすくなります。

なお、とうもろこしやじゃがいもなどには糖質が含まれていて、思っていたほどカロリーが低いわけじゃない野菜もあるので、野菜の選び方に注意が必要となります。

温野菜ダイエットを行う時は、糖質の含まれている野菜は避け、食物繊維が豊富で噛み応えのある野菜を選ぶようにするとよいでしょう。

まとめ

生野菜だけでお腹を満たすとなると、結構な量を食べなければいけなくなり、お財布にも大打撃が。

しかし温野菜なら、少ない量でも満足でき、無理なくダイエットを続けることができます。

今回ご紹介したレシピは、表記された野菜だけではなくお好きな野菜で調理することが可能です。

旬の野菜などを取り入れて、ダイエットを成功させるだけではなく、その時しか味わえない野菜の本当の美味しさを感じてみるのもよいのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました