大根ダイエット成功するやり方のコツと効果やと口コミ!

大根ダイエットは、つらい食事制限も脂肪をバンバン燃やすような運動も必要ありません。

毎日、大根を食べるだけ。

極端な食事制限やハードな運動は、確かに一時期は痩せるかも知れませんが、体調を崩したりして長続きしませんよね。

そのような方に是非試して頂きたいのが、大根ダイエットです。

でも、どうしてそれで痩せられるのかちょっと不思議ですよね?

そこで今回は、大根ダイエットについて調べてみました。

たんぽぽ白鳥さんが痩せた生大根ダイエットの効果とやり方やレシピもどのように大根ダイエットを成功させたかもご紹介します!

スポンサーリンク

大根ダイエットとは?

dkndt2
大根ダイエットは、食事の前もしくは食事中に生の大根を5~6㎝(300gほど)食べるだけのダイエット方法になります。

食事がそれだけになる置き換えダイエットではなく、通常の食事に生の大根をプラスするだけでよいので、空腹に耐えるストレスや栄養不足に伴う体調不良が起こる心配がありません。

このダイエットを提唱しているのは、日本の酵素栄養学の第一人者として活躍している、鶴見クリニック院長の鶴見隆史氏。

長きに渡り免疫医療に携わってきた方が、お墨付きとして紹介しているダイエット方法なのです。

大根のカロリーや糖質は?

大根は、100gあたり18kcal、糖質は2.8gと低カロリー低糖質の食材です。(参考資料:大根のカロリー:カロリーSlism)

大根ダイエットの効果

dkndt3
大根ダイエットには、次のような効果があると言われています。

①代謝を上げ、脂肪を燃焼する

生の大根には、大根の辛味成分である「イソチアシアネート」と「アミラーゼ」という酵素が多く含まれており、イソチアシアネートには老化の原因の一つと言われている活性酸素を除去する働きが、アミラーゼには炭水化物の消化を早める働きがあることから、代謝をアップして脂肪をつきにくくする効果があると言われています。

②便秘解消効果

大根には、便秘解消に効果がある食物繊維が多く含まれています。

また、アミラーゼが炭水化物の消化を早めることで、便通を促進すると言われています。

③むくみ解消効果

むくみ解消に欠かせないのがカリウムというミネラル成分ですが、大根にはこのカリウムが豊富に含まれており、体内の余分な塩分を排出してくれるので、むくみの解消に効果があります。

④美肌効果

大根には、活性酸素を除去するイソチアシアネートの他に、美肌ビタミンと呼ばれるビタミンCや、血管を強くして新陳代謝を促すビタミンP(ルチン)という成分も含まれていることから、アンチエイジング効果によって肌のハリやツヤを保つ効果が期待できます。

大根ダイエットのやり方


大根ダイエットとは、食事を大根のみの置き換えにするダイエット方法ではありません。

いつもの食事に大根を使った一品をプラスする形で行うので、厳しい食事制限をする必要がありません。

大根しか食べられないと空腹がつらく、ダイエットに失敗してしまいがちですが、正しい大根ダイエットはストレスのない状態でダイエットを行うことができます。

それでは、具体的に大根ダイエットのやり方を解説していきましょう。

大根は「生」が良い

大根は煮物にして食べることが多いと思いますが、大根ダイエットで大根を食べる時は生がおすすめです。

なぜなら、大根に含まれるダイエットに有効な成分は、加熱によって失われてしまうからです。

生なら成分が失われず、しっかりと摂取することができます。

ただし、生で食べると胃腸の調子が悪くなってしまうと言う方もいますよね。

そのような場合は、加熱して食べても大丈夫です。

どうやって食べるの?

大根の食べ方については、生であれば他は特にルールはありません。

適当な大きさにカットして食べてもよいですし、大きいのは食べにくいのであれば千切りなど食べやすくしても構いません。

また、大根のみで食べなければいけないということもないので、大根おろしにして肉や魚と一緒に食べてもよいでしょう。

食べるタイミングは?

食べるタイミング特に決まっていませんが、ダイエット効果を高めるなら食事の最初に摂るのがおすすめです。

食事の最初に大根を摂ることで血糖値の急上昇を防ぎ、お腹が膨れるので無理なく食事の量を抑えられる効果を生かすことができます。

食べる量の目安は?

大根ダイエットで食べる大根の量は、1日で300gが目安となります。

ポイント

大根の辛味が苦手という方もいますよね。

そのような時は水にさらしてから食べると思いますが、水にさらすと大根の成分が水に溶け出してしまいます。

水にさらす場合はできるだけ短時間にするのがよいでしょう。

大根の切り方についてですが、大きくカットした方が食べ応えがあり、咀嚼回数が増えるのでダイエット効果は高まりますが、一方で大根に含まれるダイエットによい成分のイソチオシアネートは、切ったり擦ったりすることで増えることが分かっています。

大きくカットしたものは食べにくいのであれば、細かく切るか大根おろしにして食べるのがおすすめです。

生大根ダイエットのやり方とおすすめレシピ!

大根ダイエットでは、毎日、生の大根を食べる必要があります。

同じ物を食べていると飽きてしまうので、生の大根を使ったダイエットに良いレシピを知りたいですよね。

そこでここでは、生大根ダイエットにおすすめのレシピをご紹介します。

ダイエット!簡単美味しい♪大根の梅肉和え


材料

・大根(1/4本)
・梅干し(2~3粒)
・大葉(2枚)
・ゆかり(少々)

作り方

  • 千切りにした大根に、種を取って叩いた梅肉を和えます。
  • 千切りか適当にちぎった大葉と、ゆかりを大根にかけて完成です。

ポイントやコツ

ゆかりの塩気があるので、ドレッシング不要のレシピです。

大根は皮を剥いても良いですが、レシピでは皮をそのまま使っています。

皮にもダイエットに良い成分が多く含まれているので、しっかりとよく洗って使ってみましょう。

参照URL:https://cookpad.com/recipe/3275031

大根ダイエットの注意点

dkndt6
大根ダイエットは置き換えダイエットではないので、大根を食べる以外にも通常の食事を摂って構いません。

しかし、大根を食べているからいくら食べても太らない、ということではないため、カロリーを考えずに食べ過ぎたらその分脂肪になってしまいます。

また、大根の酵素はダイエットに役立ちますが、食べ過ぎると胃腸に負担が掛かってしまうことから、一日300gという量は必ず守るようにしましょう。

さらに、大根は酸化しやすい野菜のため、包丁で切ってしまうとそこからすぐに酸化が始まってしまいます。

酸化が進むと酵素も少なくなってしまうため、酵素をしっかりと摂るためには出来る限り新鮮でカットをしていない大根を使うことが大切です。

大根スープダイエットのやり方とおすすめレシピ


トマトやセロリなど、脂肪燃焼作用のある野菜を中心にして作る脂肪燃焼スープダイエットが一時期人気となりましたが、現在はデトックス作用のある野菜を中心にしたデトックススープダイエットが流行の兆しを見せているそうです。

そのデトックススープで欠かせないのが大根です。

大根には、食物繊維や消化酵素が豊富に含まれているため、胃や腸の働きを助けて老廃物の排出を促す効果が期待できます。

このようなことから、以前より生大根ダイエットや切り干し大根ダイエットが人気となっていましたが、それよりも手軽に大根のデトックス効果を得ることができるのが、大根スープダイエットになります。

大根スープダイエットは、大根と同様にデトックス作用があると言われているにんじんや玉ねぎ、まいたけ、ショウガをだしの素と塩で煮込んで作ります。

大根スープダイエットのやり方は、朝食は大根スープのみ、昼食は好きな物を食べ、夕食は大根スープと小さめのおにぎりと決まった食事を一週間続けるだけでOKです。

大根スープは食事の時以外にもお腹が空いたら飲んでも構いませんが、ダイエット中は間食やアルコールは禁止となります。




食べて痩せる最強大根ダイエットスープ!


材料(10人分)

・キャベツ(1個)
・たまねぎ(1個)
・大根(1本)
・カットわかめ(適量)
・ほんだし(適量)
・塩(適量)
・醤油(適量)
・みりん(適量)

作り方

  • きゃべつとたまねぎは太千切り、大根は3ミリの厚さの銀杏切りにします。
  • 鍋に野菜と水を入れて煮て、アクが出たら取ります。
  • 野菜がやわらかくなってきたら調味料を入れ、最後にカットわかめを入れて完成です。

ポイントやコツ

たっぷり10人分あるので、1回調理をすれば数日は温めるだけですぐに用意ができて便利です。

食事の最初に汁まで飲むことで、食事の量を無理なく減らすことができます。

参照URL:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1740005136/

大根おろしダイエットのやり方とレシピ!

dkndt5
お笑いコンビ〝たんぽぽ〟の白鳥久美子さんは、某ダイエット番組の企画で、大根ダイエットに挑戦したところ、70日で何と11.6kgの減量に成功しました。

その際、大根は食べる直前におろして、大根おろしにして食べるとイソチアシアネートを効果的に摂取できるということで、彼女の場合は大根おろしにして食べていました。

また、大根おろしは汁も飲むことでよりダイエット効果が期待できるようです。

ただし、白鳥さんの場合はより綺麗に痩せるためにエステ通いやウォーキング、エクササイズなどを併用していたため、生の大根を食べていただけで11kg以上の減量に成功したというわけではありません。

大根の酵素には脂肪を燃やす働きがあることから、大根ダイエットを効果的に行うには、ある程度運動を行った方が効率よく痩せられると思います。

大根おろしはちみつヨーグルト


材料(4人分)

・ヨーグルト(320g)
・大根おろし(大さじ4)
・はちみつ(大さじ2)

作り方

ヨーグルトに大根おろしとはちみつを入れて完成です。

ポイントやコツ

朝はパン食という場合、大根を食事の前に摂りにくいですよね。

そのような時はヨーグルトに混ぜ食べるのがおすすめです。

大根の風味がちょっと苦手という方でも、ヨーグルトに混ぜることで食べやすくなります。

参照URL:https://cookpad.com/recipe/4670812

大根ダイエットの口コミや体験談


大根ダイエットは大根を食べるだけで痩せられると言われています。

食事制限をするわけではないのに、本当に痩せられるのか気になりますよね。

大根ダイエット経験者の口コミや体験談を集めてみました。

痩せた人の口コミ

「大根おろしを食事の前に食べています。パンやケーキなど太りやすい食べ物を禁止にした効果もあると思いますが、3ヶ月で12㎏痩せました!」

「夕食のご飯の量を減らし、大根おろしを食べています。ダイエットを始めて1㎏痩せました。体重の減少も嬉しかったですが、便秘が治ったのがもっと嬉しかったです。」

「体重はそこまで変わっていませんが、周囲から痩せた?と言われるようになりました。便秘が解消して、むくみがとれたせいかも知れません。まだまだ続けたいと思います。」

「2週間ちょっとで5㎏痩せました。私は食事の時だけではなく、間食したくなったら大根を食べています。これでお菓子も止められるようになりました。」

効果がない・痩せない人の口コミ

「ダイエット効果が高い大根と納豆を組み合わせた大根納豆を食べていますが、美味しすぎてペロリと食べてしまい、これだけでは物足りないので食事も普通にしてしまうせいか、痩せません・・。」

「最初は効果がありました。でもすぐに慣れてしまい、大根を食べてもお腹が空くので普通に食事をしてしまいます。大根食べているから大丈夫!と思っていたら、ダイエットを始める前より2㎏太っていました。」

大根ダイエットおすすめのレシピ!

簡単、手軽に作れてダイエット効果も高い大根を使ったレシピが知りたいですよね。

大根ダイエットにおすすめのレシピをご紹介します。

大根☆サバ缶☆大葉マヨサラダ


材料(3人分)

・千切り大根(1/3本)
・サバ缶(1缶)
・千切り大葉(10枚くらい)
・塩(小さじ1)
・マヨネーズ(大さじ5くらい)
・黒こしょう(気持ち多め)
・ごま油(大さじ2)

作り方

大根は千切りにして塩を振り、10分置いた後で手でしっかりと水気を絞ります。

サバ缶や調味料を混ぜて完成です。

ポイントやコツ

たんぱく質豊富で低カロリーのサバ缶は、大根と同じくダイエットの味方になります。

マヨネーズの量は好みで調整して下さい。(少ない方がダイエットには良いです)

参照URL:https://cookpad.com/recipe/6933836

ダイエットに生大根納豆和え


材料(1人分)

・大根(6㎝くらい)
・納豆(1パック)

作り方

皮を剥いて千切りにした大根と、付属のタレで混ぜた納豆を和えます。

お好みでポン酢や青じそドレッシングなどを混ぜて完成です。

ポイントやコツ

めかぶやオクラ、もずく、とろろ昆布など、ネバネバのものを混ぜるとよく合います。

参照URL:https://cookpad.com/recipe/2990063

大根でダイエット口寂しい時にポリポリ

dkndt8
カットした大根に、はちみつとゴマをかけるだけ!

きなことはちみつの組み合わせも美味しいですよ。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/2035711

大根の生ハム巻き

dkndt9
生ハムを巻いた大根に、オリーブオイルを掛けるだけ。

簡単ですが、塩気が効いて美味しい一品になります。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/1681664

グレープフルーツと葉セロリのみぞれ和え

dkndt10
大根おろしにグレープフルーツの果肉とはセロリを混ぜただけ。

こってりとしたお肉や脂の多いお魚との相性バッチリです。

参考URL: https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1600002685/

大根ダイエットで痩せない場合の原因と対処法!


大根に含まれている酵素を利用する大根ダイエット。

スーパーで手軽に買うことができる大根を使うので、誰でも手軽に始められる反面、「ダイエット効果がなかった」と感じる方も多いようです。

では、大根ダイエットで痩せない場合の原因は一体なんなのでしょうか。

その対処法もあわせてご紹介したいと思います。

①大根おろしにしていない

大根ダイエットは生の大根を食べるダイエット方法ですが、千切りやスライスなどの食べ方ではダイエット効果の期待できるイソチアシアネートという酵素が少なくなってしまいます。

イソチアシアネートをしっかり摂るには、大根おろしにして食べるのがよいと言われているので、ダイエットのためには大根はおろすのがよいでしょう。

②生で食べていない

大根ダイエットという名前から、煮たり焼いたりしてもよいと勘違いをしてしまいがちですが、大根ダイエットは生の大根をとることが大切になります。

加熱してしまうとイソチアシアネートが失われてしまい、ダイエット効果を得ることができません。

③必要量を食べていない

大根ダイエットでは、生の大根を一日300g食べる必要があります。

これを一度に食べる必要はありませんが、一日の摂取量が足りないと思うようなダイエット効果を得ることができなくなる場合があります。

まとめ

大根ダイエットは、大根を食べることでダイエットに有効な酵素を多く摂り入れることができますが、それだけで体重がガクンと減る、ということはないようです。

しかし、ウォーキングや軽いエクササイズを行うと脂肪の燃焼効率がよいため、体重の変化が現れやすいと言われているので、ダイエット成功のために是非行ってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました