足首回しダイエットの効果的なやり方と口コミ!

足首回しダイエットの効果的なやり方と口コミ!



足首回しダイエットでなぜ痩せることができるのか?

学生時代は、体育の授業や部活動の前に、準備運動として必ず行っていた〝足首回し

しかし、大人になってから意識して足首を回すなんてことは、殆どないのではないでしょうか。

運動の前に足首を回すのは、柔軟性を高めて怪我を防止するためですが、実はそれ以外にも足首回しにはダイエット効果があることがわかりました。

特に、「ダイエットはしたいけれど、運動は苦手・・」という女性は、足首を回すだけならどこでも気軽に行えるのではないでしょうか。

そこで今回は、足首回しダイエットについて調べてみました。

「足首を回すだけでどうしてダイエットができるの?」という疑問はもちろんのこと、足首回しダイエット効果やり方などもご紹介したいと思います。


Sponsored Link


足首回しダイエットとは?

askbmws2
足首回しダイエットとは、足首を回すだけのダイエット方法です。

ダイエットと言えば、食事制限やカロリーを消費するためのハードな運動をイメージする方が殆どだと思いますが、足首回しダイエットは、ただ足首を回すだけ。

これから、美味しいものが次々と旬を迎え迎える時期になりますが、そんな時にも食べたい気持ちを我慢することはないですし、苦手な運動を無理やり行う必要もありません。

誰でも、気が向いた時に、いつだってすぐに行えるのが、足首回しダイエットなのです。

 

足痩せストレッチで美脚ダイエット【寝ながらでも簡単にできる】

 

足首回しでなぜ下半身痩せや足が細くなるのか?

askbmws3
「足首を回すだけで、なぜダイエットに?」

多くの方はこんな疑問を持つのではないでしょうか。

足首ってそんなに重要?と思う方もいらっしゃるかも知れません。

では、突然ですが、両足の裏を地面につけたままでそのまましゃがんでみて下さい。

どうでしょうか?スムーズにしゃがむことはできましたか?

この体勢、子どもの時は躊躇なくできたと言う方でも、大人になるとしゃがむ時にバランスが崩れて倒れてしまったり、足の裏をつけた状態では地面にしゃがめなくなってしまっている場合が多いと言われています。

これは、足首の柔軟性が失われ、硬くなっている証拠です。

足の裏をつけてしゃがめないという状態は、以前までは中年以降の方の老化現象として起こることが多かったものですが、最近は運動不足や食生活の変化などから若い方にも増えていると言われています。

そして、足首が硬くなると、連動して動いている骨盤にも影響がおよび、歪みが生じて脂肪がたまりやすくなってしまいます。

また、足首が硬くなって骨盤の動きが悪くなると、筋肉が緊張して血流が低下し老廃物の排出も上手く行われなくなってしまいます。

こうしたことから、足首が硬いと下半身太りやむくみなどが生じやすいのです。

これは、逆を返せば足首を回して骨盤の動きがよくなれば、下半身痩せや足痩せに繋がると言えることがわかりますよね。

 

骨盤スクワットのダイエット効果と正しいやり方や口コミ!

 

足首回しの効果

askbmws4
では、足首回しを行うことで、具体的にどのような効果が期待できるのか見てみましょう。

①骨盤の歪みを矯正

最近は、健康や美容の方法として、骨盤の歪みを矯正することが注目されていますが、足首回しも骨盤を元の正しい位置に戻る効果があると言われています。

骨盤が歪んでいると、本来、骨盤内にあるはずの内臓の位置が下がってしまい、そこに脂肪がついてぽっこりお腹になりやすくなったり、便秘や生理痛の原因になるとも言われていることから、足首回しによって骨盤を矯正することは、これらの症状を改善する効果があると言えます。

 

骨盤矯正ダイエットの効果とバスタオル枕で体を引き締める方法!

 

②ふくらはぎのむくみを解消

夕方になると、ふくらはぎがむくんでパンパンになって困る、という女性は多いと思いますが、これはデスクワークで一日中座りっぱなしだったり、立ちっぱなしの作業をすることで、重力によって体の水分が足に溜まりやすくなってしまうのが原因です。

しかし、同じ条件でも男性の方が足のむくみに悩みにくいのには理由があり、筋肉量の違いが挙げられています。

足に筋肉のある男性は、足に溜まった血液や水分を筋肉をポンプ代わりにして上に押し上げることができるので、むくみが生じにくいのです。

それが女性の場合は、筋肉が少ないためなかなか心臓へと戻すことができません。

そのためにむくみが起こりやすいのです。

そこで、足首回しで足の血流がアップさせることで、溜まった老廃物を流してむくみの解消に繋がると言われています。

 

ふくらはぎ痩せダイエットで効果のある運動やストレッチ!

ふくらはぎを細くする簡単ストレッチと筋トレで美脚に!

 

③冷え性を改善

女性は冷え性に悩む方が多く、特に足は冷えを感じやすいことから厚手の靴下を何枚も重ねて履いている、という方も少なくありません。

確かに、靴下の重ね履きは温かくなって効果がありますが、実は体の外側から必要以上に温めてしまうと、体そのものが温まろうとする機能が失われることから、このような対策はあまり行わない方がよいとも言われています。

そのような時、足首回しがお勧めです。

足首を回すことで血流が促進され、冷え性の改善に効果があります。

 

リンパマッサージの効果的なやり方【ダイエット・むくみ解消】

 

足首回しダイエットのやり方

askbmws5
足首回しダイエットは、足首を回すだけのダイエット方法なので、気が向いた時にいつでも行うことができます。

やり方もとても簡単で、足首をぐるぐると回して下さい。

最初は、足首の柔軟性が失われている人ほど上手く回りませんが、毎日行っていくに従い、だんだんと綺麗に円を描けるようになっていきます。

回数は特に決まっていませんが、左右200回行うのがよいと言われています。

回し方については、右足を100回回したら左足を100回でもよいですし、左右それぞれ5回ずつ繰り返していく方法など、体調や時間などを考慮して行って構いませんが、足を回す回数は揃えたほうがよいでしょう。

 

太い足首を引き締めるダイエット法7選!足首痩せに効果的!

 

更に足首回しダイエットの効果を高めるやり方

askbmws6
足首に柔軟性が出てきたら、さらに効果を高めるやり方を実践してみましょう。

椅子やソファーに腰掛けたら、足の指に手の指を交互に差し込み、足首を外側、内側にそれぞれ回します。

また、湯船に浸かって体を温めた状態で行うと、血流促進作用がアップし、冷えやむくみの解消に役立ちます。

 

お風呂ダイエットの効果のあるやり方【小顔・お腹・足】

座るだけダイエットで運動せずに脚を細くしお腹を凹ませるやり方!


Sponsored Link


 

骨盤全体にも効く寝たまま足首回しダイエットのやり方


子どもの時は、体育の授業などの前に足首を回して準備運動をする、という機会があったと思いますが、大人になってから足首を意識して回したことがある方はどれくらいいるでしょうか。

足首は体を支え、左右のバランスを取る重要な部位でありながら、普段の生活ではほとんど意識して使うことがありません。

それゆえに、気が付かないうちに筋肉が凝り固まってしまい、いざ回してみようと思っても思うように回らずに驚いてしまうことがあるかも知れません。

足首は股関節、そして骨盤へと繋がる重要な間接のため、日ごろから回して柔軟性を高めておくことが大切になります。

そこでここでは、寝たまま簡単に行える足首回しのやり方をご紹介します。

足首を回すことで骨盤の歪みが調整されることで、ポッコリお腹が解消でき、ダイエットにも役立ちますよ。

①床に仰向けになって寝そべります。

②両手は骨盤に置き、両足は肩幅程度に開いて膝を伸ばします。

③そのまま左右の足首を同じ方向に回します。

この時、骨盤や股関節が連動して動いていることを意識しましょう。

④反対方向にも回します。

 

ぽっこりお腹を凹ます簡単ダイエット法で美Bodyに変身!

寝ながらダイエットで気になる脂肪を引き締めスリムになる方法!

 

椅子にすわってゴリゴリ足首回しダイエットのやり方

①椅子に腰かけ、片方の足をもう片方の足に載せます。

②載せた方の足の指に手の指を挟みこんで掴みます。

③空いた手で載せている足のくるぶし辺りを掴みます。

④足の親指で大きな円を描くイメージで、足首を回します。

⑤(動画では一方向のみで終わっていますが)内回しをした後、外回しをして、反対側の足も同様に回しましょう。

足首を内回しすることで骨盤が閉まり、反対に外回しすることで骨盤が開くと言われています。

この動きを繰り返すことで、徐々に骨盤が本来の位置に戻り、歪みなどを矯正できると言われています。

そのため、足首回しを行う時は内・外回しの両方を行うことが大切になります。

会社や学校などで靴を脱いで足に指を入れるのはちょっと難しいかも知れませんが、足首回しを行うことで血行がよくなり冷えを解消する効果も期待できます。

足先が冷えて仕事や勉強に集中できないという場合は、人目につかないところなどで足首回しをしてみるとよいでしょう。

 

座りながらダイエットで脚を細くしお腹をヘコませる方法!

 

立ったまま足首回しダイエットのやり方

①床に立ちます。

②片方の足の親指の付け根をしっかりと床につけたまま、かかとを床から離します。

この時、足首はまっすぐなるようにします。

③そのまま、親指の付け根が支点となるように足首を回します。

外回しを20回したら、続いて内回しを20回行います。

④反対側の足も同様に行いましょう。

立ちっぱなしや座りっぱなしになることが多い方は、足(ふくらはぎ)がむくみやすくなり、夕方になるとパンパンになって痛みを感じる場合もあります。

同じ姿勢を続けていると、重力によって水分が下に下がりやすくなるため、足はむくみやすくなると言われています。

また、足は心臓から遠い部位にあたるため、血液やリンパ液を押し返す力が弱いこともむくみの原因と言えるでしょう。

そのような時、立って足首を回すことで血液の流れが促されるため、むくみを解消しやすくなります。

さらに、足首は骨盤と連動していることから、骨盤の歪みを改善することでも血液の流れがよくなり、むくみ解消に繋がります。

上記でご紹介した、寝たまま足首回しや椅子に座っての足首回しが難しい状況の方でも、立って足首回しなら気軽に行えるのではないでしょうか。

 

片足立ちダイエットの効果と正しいやり方や口コミ!

 

床に座って足首のばしダイエットのやり方

①床に足を伸ばして座ります。

②片方の足のつま先を天井に向け、足の裏にタオルを引っ掛けます。

③タオルの端を両手で掴み、呼吸をしながらタオルを少し引っ張り20秒続けます。

この時、背中を丸めず、背筋をピンと伸ばすようにしましょう。

④次に、つま先を内側に倒した状態にして、同じようにタオルを足の裏に引っ掛け、引っ張ります。

こちらも20秒続けましょう。

⑤次に、つま先を外側に向けて、同じようにタオルを引っ掛けて引っ張ります。

こちらも20秒続けましょう。

床に座って足首のばしはこの他にも次のようなやり方もあります。

床に足を伸ばして座り、片足を曲げて、伸ばした方の足はかかとを前に押し出すイメージでしっかりと膝を伸ばして、ふくらはぎの筋肉を伸ばします。

この時、足の指を開いたり閉じたりすると、血行がよくなるのでお勧めです。

反対側の足も同様に行います。

また、お風呂の浴槽内で足を伸ばせる場合は、お風呂で行うと血行がよい状態で足首のばしを行えるので効果がアップします。

足首回しダイエットのポイントや注意点


足首回しは、足首を回すだけなのでいつでもどこでも気軽に行うことができますが、無意識に回すよりもきちんと意識を持って回す方が効果がアップすると言われています。

また、回数よりも一回一回を丁寧に回す方が足首に掛かる負担も少なく、足首回しそのものの効果も高くなります。

ただやみくもにぐるぐると回してしまうと、硬くなっている足首には大きな負担になりますし、場合によっては怪我や故障の原因になってしまいます。

そのため、特に始めたばかりの時は勢いに任せて回すのではなく、足首がしっかり回っていることを確認しながら行うのがよいでしょう。

なお、足首が硬い状態で始めると、最初はポキポキやゴリゴリといった音が聞こえることがあります。

通常は、足首がやわらかくなるに従い音は聞こえなくなっていきますが、音が聞こえ続けたり痛みが出てきた時は、足首回しは中止するようにしましょう。

さらに、足首を回す時は必ず左右同じ回数行い、内回し、外回しをセットで行って下さい。

どちらか一方しか回さなかったり、内回ししかしないと、骨盤の歪みが矯正させずダイエットの意味がなくなるだけではなく、体のバランスに支障が現れることがあります。

足首回しダイエットの口コミ

askbmws7
しかし、足首の柔軟性を高めることは健康や美容に効果がありそうということはわかっても、足首を回すだけで本当にダイエット効果があるの?と、どうしても疑問に感じてしまいますよね。

そこで、実際に足首回しダイエットに挑戦した方の感想を探してみたところ、

「一ヶ月ほど行って1kg体重が減りました。足首を回す以外に何もしていないので、無理なく続けられそうだと思いました。体脂肪率の低い知人が行っても同じだけ痩せたので、誰でも効果がある方法なのではないかと思います」

という口コミを見つけました。

足首回しダイエットは、即効性があり大幅に体重が減るというわけではありませんが、毎日足首を回すだけで下半身の悩みを解決してくれるダイエットと言えそうです。

足首回しダイエットの効果的なやり方と口コミ!のまとめ

足を綺麗に見せたい、下半身痩せしたいと思ったら、ふくらはぎや太もものリンパマッサージを行う方は多いと思いますが、足首までケアする方はあまりいないのでないかと思います。

しかし、足首は体重を支えるとても重要なところであり、この部分の柔軟性が失われると骨盤に歪みが生じてしまい、それは体全体の歪みへと進行してしまいます。

そのため、下半身痩せするためには、まずは足首の柔軟性を取り戻すことがとても大切だと言えます。

早速今日から足首を回して、ふくらはぎのむくみや冷え性の改善に努めてみましょう。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)