ゴーヤチャンプルダイエットのやり方と効果やおすすめのレシピ!

ゴーヤチャンプルダイエット痩せるやり方と口コミも!

この記事は、ゴーヤチャンプルダイエットのやり方や効果、口コミ、レシピをまとめています。

沖縄料理といえば、ゴーヤの苦味が癖になるゴーヤチャンプルですよね。

以前までは沖縄に行かないとなかなか食べられませんでしたが、現在はゴーヤの認知度が上がったことなどから、日本各地のスーパーでも売られるようになりました。

今回は、そんなゴーヤを使ったダイエットの方法をご紹介します。

ゴーヤチャンプルダイエットはどうして痩せられるのか、その理由を解説していきます。

スポンサーリンク

ゴーヤチャンプルダイエットとは?


ゴーヤチャンプルダイエットとは、ゴーヤチャンプルを食べるダイエット方法です。

ゴーヤチャンプルはゴーヤと豆腐の他に、豚肉やスパム、ウィンナー、さつま揚げ、魚肉ソーセージなど、様々な具材を使って作ります。

そのため、使う材料によってカロリーや糖質は異なりますが、今回はゴーヤチャンプルでは一般的な豚バラ肉を使ったカロリーや糖質を調べてみました。

ゴーヤチャンプルのカロリーや糖質は?

ゴーヤチャンプルの100gあたりのカロリーは145㎉、糖質は約2.5gになります。

参考資料:カロリーSlism

ゴーヤチャンプルダイエットの効果!なぜ痩せられるのか?


ゴーヤチャンプルはゴーヤや豆腐、豚肉など多くの具材が入っているにもかかわらず、1食あたり(100g)で145㎉しかないので、食べても太りにくいメニューと言えますよね。

しかし、ゴーヤチャンプルのダイエット効果はこれだけではありません。

メイン食材となるゴーヤや豚肉、豆腐には、ダイエットに役立つ成分が多く含まれていますよ。

ここでは、ゴーヤチャンプルに含まれている成分と、ダイエット効果について詳しく解説しましょう。

食物繊維

ゴーヤや豆腐には食物繊維がとても多く含まれています。

食物繊維は胃で消化されずに腸まで届くため、便のかさを増して腸壁を刺激することでお通じの改善に効果が期待できます。

また、食物繊維には血中の糖やコレステロールを排出する働きもあり、食後の血糖値の急上昇を抑えてくれます。

食後に血糖値が急激に上がると、血糖値を下げるために(糖を処理するために)インスリンというホルモンが分泌されますが、インスリンには余った糖を脂肪として溜め込む性質もあります。

そのため、食後に血糖値を急激に上げないことで、インスリンの過剰分泌を防いで太りにくくしてくれます。

カリウム

ゴーヤや豆腐にはカリウムが含まれています。

カリウムには体内の余分な水分を塩分と一緒に排出する働きがあるため、むくみの予防や改善に効果が期待できます。

たんぱく質

豆腐や豚肉には、植物性たんぱく質、動物性たんぱく質が含まれています。

たんぱく質は筋肉の元となる成分のため、ダイエット中は特に意識して摂取したいもの。

食事制限や運動によってたんぱく質が不足してしまうと、筋肉量が低下して基礎代謝が下がり、太りやすくなってしまいます。

また、たんぱく質は動物性だけではなく植物性の両方を摂るのがよいと言われているため、ゴーヤチャンプルは一石二鳥のメニューと言えます。

ビタミンB群

豆腐や豚肉には、ビタミンB1やビタミンB2などのビタミンB群が多く含まれています。

ビタミンB1は糖質を、B2には脂質の代謝を促進する働きがあるため、太りにくい体を作ることができますよ。

参考資料:e-ヘルスネット「食物繊維」
参考資料:健康長寿ネット「食物繊維の働きと1日の摂取量」
参考資料:健康長寿ネット「カリウムの働きと1日の摂取量」
参考資料:e-ヘルスネット「カリウム」
参考資料:e-ヘルスネット「たんぱく質」
参考資料:健康長寿ネット「ビタミンB1の働きと1日の摂取量」
参考資料:健康長寿ネット「ビタミンB2の働きと1日の摂取量」

ゴーヤチャンプルダイエットのやり方


ゴーヤチャンプルダイエットのやり方はとても簡単で、ゴーヤチャンプルを食べるだけ。

しかも、食事をゴーヤチャンプルのみにする、いわゆる置き換えダイエット方法ではありません。

「毎日ゴーヤチャンプルしか食べられないのがつらい」と言ったストレスを感じることもありませんが、ゴーヤチャンプルの食べ方などを間違えてしまうと、ダイエット効果が薄れてしまいますよ。

それでは、ゴーヤチャンプルダイエットの正しいやり方をみてみましょう。

基本のやり方

食事にゴーヤチャンプルを足して食べて下さい。

おすすめのやり方

食事の最初にゴーヤチャンプルを食べましょう。

低カロリー・低糖質のゴーヤチャンプルを食べてお腹を満たしてから食事を始めることで、満腹になりやすく、無理なく食事の量を抑えることができますよ。

食べる時間やタイミングはいつがベスト?(朝・昼・夜?)

ゴーヤチャンプルを食べる時間やタイミングは特に決まっていませんが、1日の中で夕食の摂取カロリーを抑えるとダイエット効果が上がります。

食べる量の目安は?

ゴーヤは1日100g以下の摂取量が目安とされているため、ゴーヤチャンプルも100g以下に抑えるとよいでしょう。

夜寝る前や間食やおやつに「ゴーヤチャンプル 」を食べても大丈夫?

間食やおやつにゴーヤチャンプルを食べるのは大丈夫ですが、夜寝る前に食べるのは控えた方がよいでしょう。

カロリー自体はそこまで多くはないものの、ゴーヤは食物繊維が多く含まれているため、夜寝る前に食べると胃や腸の負担になってしまいます。

ゴーヤチャンプルダイエットの注意点!


独特の苦味や風味があるゴーヤは癖になってしまう方も多く、「野菜だし、たくさん食べても問題がない」と思ってしまうこともあるようです。




しかし、いくらダイエットによいと言っても、食べすぎても大丈夫なのでしょうか。

ここでは、ゴーヤチャンプルダイエットの注意点をご紹介します。

食べすぎはNG

ゴーヤに含まれているモモルデシンという成分には、胃液の分泌を促す働きがありますが、食べすぎてしまうと胃液が過剰の分泌されてしまい、胃に負担となり痛みが発生することがあります。

また、ゴーヤに含まれている食物繊維も摂りすぎると、腸への刺激が強くなり、腹痛や下痢、便秘の原因となることがあります。

豚肉やスパムの量を減らす

ゴーヤチャンプルに入れる豚肉やスパムの量が多いと、摂取カロリーが増えてしまいダイエットの妨げになります。

豚肉は茹でてから入れると、カロリーを抑えることができますよ。

食事の置き換えにしない

ゴーヤチャンプルダイエットは、あくまでも食事の一品にゴーヤチャンプルを加えて行うダイエット方法です。

食事をゴーヤチャンプルのみに置き換えてしまうと、体に必要な栄養が補えなくなりますし、ストレスによってダイエットに失敗しやくなるので止めましょう。

ゴーヤチャンプルダイエットの口コミや体験談


ゴーヤチャンプルダイエットは、ゴーヤチャンプル以外の食事も摂ってOKなので、ストレスが少ないダイエットと言えそうですよね。

しかし、それで本当に痩せられるのか、疑問に思う方は多いでしょう。

そこでここでは、ゴーヤチャンプルダイエット経験者の口コミや体験談を集めてみました。

痩せた人の口コミ

「夕食にゴーヤチャンプルとサラダ、魚などのたんぱく質を摂っています。最近、会社の人から痩せたね、肌が綺麗になったねと言われるようになりました。」

「1日一食ですが、ゴーヤチャンプルをメニューに入れて食べています。同時に、ご飯の量を減らす努力をしていますが、現在まで9㎏痩せることができました。」

効果がない・痩せなかった人の口コミ

「ゴーヤチャンプルは痩せるって聞いていたけど、沖縄旅行で食べていたら太りました。でもこれは、ゴーヤチャンプル以外が原因かも・・?」

ゴーヤチャンプルダイエットおすすめのレシピ3選

イタリアンゴーヤチャンプルー

材料(2人分)

・ゴーヤ(中1本)
・ミニトマト(6個)
・ベーコン(40g)
・卵(2個)
・塩(ひとつまみ)
・こしょう(少々)
・顆粒コンソメ(小さじ1/2杯程度)
・オリーブオイル(適量)

作り方

よく洗ったゴーヤはワタと種を取り除き、食べやすい大きさにカットしておきます。ベーコンとトマトもカットしておきましょう。

フライパンにオリーブオイルを入れ、ベーコンを炒め、さらにゴーヤを入れて炒め、ゴーヤがしんなりしてきたらトマトを入れて炒めます。

トマトに火が入ったら調味料を入れて炒め、溶いた卵を炒れてざっくりと混ぜあわっせたら完成です。

ポイントやコツ

豚肉や豆腐を使わない、イタリアン風の味付け&見た目のゴーヤチャンプルです。

食べる時にはお好みでオリーブオイルをかけてもよいでしょう。

さば味噌煮缶で簡単!ゴーヤチャンプルー

材料(4人分)

・木綿豆腐(1丁)
・ゴーヤ(1本)
・玉ねぎ(1/2個)
・人参(1/2本)
・きのこ(約1パック)
・さば味噌煮缶(1缶)
・卵(2個)
・ごま油(炒める用)
・にんにく(1かけ)
■ 調味料
●酒(大さじ1)
●みりん(大さじ1)
●醤油(大さじ2)

作り方

豆腐は水切りをして食べやすい大きさにカットします。

ゴーヤは縦半分にカットしてワタと種を取り、細かく切ります。

きのこや玉ねぎ、人参も同様にカットしましょう。フライパンを熱してごま油を入れてにんにくを炒め、玉ねぎ→人参→ゴーヤ→きのこの順に入れて炒めます。

調味料とさば缶をまるごと入れて、豆腐も入れて混ぜます。

溶き卵を入れて全体に絡んだら完成です。

ポイントやコツ

豆腐の水切りは電子レンジで簡単にできます。

600wで3分加熱しましょう。

夏バテ解消に!キムチ入りゴーヤチャンプル

材料

・ゴーヤ(中1本)
・キムチ(60gくらい)
・絹厚揚げ(1個)
・サラダ油(大さじ1)
・シーチキン(70g)
・砂糖(大さじ1)
・醤油(大さじ1)
・卵(2個)
・鰹節(7g)

作り方

ゴーヤは縦半分にカットしてワタと種をとり、4㎜くらいの厚さにカットします。

厚揚げは12等分にし、油を入れて熱したフライパンに入れて焼き色がつくまで炒めたら、ゴーヤを入れて中火で2分炒めましょう。

油切りしたシーチキン、キムチを入れて炒め、調味料を入れて弱めの中火で炒めます。

最後に溶き卵を入れて弱火で1分ほど炒めたら、鰹節を入れて軽く混ぜ合わせて完成です。

ポイントやコツ

シーチキンのカロリーが気になる場合は油煮ではなく水煮を選ぶと、カロリーを抑えることができます。

まとめ

ゴーヤチャンプルダイエットは、食事でゴーヤチャンプルを食べるダイエット方法になります。

極端な食事制限を行う必要はありませんが、いつもの食事にゴーヤチャンプルをプラスしてしまうと、その分摂取カロリーが増えるだけです。

低カロリーのゴーヤチャンプルをプラスし、なおかつ他の食事の量を抑えて摂取カロリーを下げると、ダイエット効果が得られるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました