大葉ダイエットのやり方と効果やおすすめのレシピ!

大葉ダイエット痩せるやり方と口コミも!

この記事は、大葉ダイエットのやり方や効果、口コミ、レシピをまとめています。

爽やかな香りの大葉は、薬味として使用することが多いですよね。

そのため、大葉を意識して食べることは少ないように思いますが、大葉にはダイエットに役立つ成分が豊富に含まれています。

ただ何となく食べるのはもったいない!

大葉を使って上手にダイエットをしてみませんか?

そこで今回は、大葉ダイエットの効果について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

大葉ダイエットとは?


大葉ダイエットとは、大葉を食べるダイエット方法になります。

大葉はカロリーや糖質が低いイメージがありますが、ダイエットで毎日大葉を食べるとなると、カロリーや糖質が気になりますよね。

そこでまずは、大葉のカロリーや糖質を調べてみました。

大葉のカロリーや糖質は?

大葉の100gあたりのカロリーは32㎉、糖質は0.2gになります。

大葉1枚の重さは0.5g程度なので、1日に100gを食べるのは現実的とは言えません。

そのため、実際の大葉の摂取カロリーや糖質はこれよりももっと低くなるでしょう。

大葉ダイエットの効果!なぜ痩せられるのか?


大葉はカロリーと糖質がとても低いため、たくさん摂取しても太りにくい食材と言えます。

しかし、大葉のダイエット効果はこれだけではありません。

大葉にはダイエットに有効な成分が多く含まれていますよ。

ここでは、大葉の持つ成分とその働きについて詳しく解説します。

食物繊維

大葉には不溶性食物繊維が多く含まれています。

不溶性食物繊維は水に溶けないため、便が水分を吸収してかさを増し、腸壁を刺激してお通じの改善に効果が期待できます。

また、食物繊維には血中の糖やコレステロールを排出する働きもあり、食後の血糖値の上昇を抑えることで食べたものを脂肪として蓄えにくくなります。

ビタミンB2

大葉には糖質を代謝する働きをサポートするビタミンB2が含まれています。

食べ物に含まれる糖を効率的にエネルギーに変えて消費することで、食べても太りにくい体を作ることができます。

カリウム

カリウムには、体内の余分な水分を塩分と一緒に排出する働きがあります。

水分が体外へと出ることで、むくみの予防や改善に効果が期待できますよ。

ロスマリン酸

ポリフェノールの一種であるロスマリン酸は、大葉(しそ)よりも赤しその方が多く含まれていますが、大葉にも含まれています。

ロスマリン酸には血糖値の上昇を防ぐ働きがあることが、研究でわかってきました。

血糖値が急激に上がると、糖を処理する働きを行うインスリンが過剰に分泌されてしまいます。

インスリンは余った糖を脂肪として蓄えてしまうため、インスリンの過剰分泌を抑えることで、太りにくい体を作ることができます。

参考資料:e-ヘルスネット「食物繊維」
参考資料:健康長寿ネット「食物繊維の働きと1日の摂取量」
参考資料:健康長寿ネット「カリウムの働きと1日の摂取量」
参考資料:e-ヘルスネット「カリウム」
参考資料:健康長寿ネット「ビタミンB2の働きと1日の摂取量」

大葉ダイエットのやり方


大葉ダイエットは、食事で大葉を食べるダイエット方法です。

薬味などで食べることが多い大葉ですが、ダイエットを意識して食べるときは食べるタイミングや量がポイントですよ。

ここでは、大葉ダイエットの詳しいやり方をご紹介します。

基本のやり方

食事で大葉を摂取しましょう。

おすすめのやり方

食事の最初に大葉を食べるとよいでしょう。

大葉はカロリーや糖質がとても低いので、大葉を食べてある程度お腹が満たされてから他の食事をすることで、摂取カロリーを無理なく抑えることができますよ。

食べる時間やタイミングはいつがベスト?(朝・昼・夜?)

大葉を食べるタイミングは特に決まっていないので、朝食、昼食、夕食それぞれで大葉を食べてもよいでしょう。

なお、1日の中で夕食の摂取カロリーを抑えるとダイエットが成功しやすくなると言われています。

食べる量の目安は?

大葉を食べる量は明確には決まっていませんが、1日10枚ほど食べると健康やダイエットによい効果があると言われています。

夜寝る前や間食やおやつに「大葉 」を食べても大丈夫?

夜寝る前や間食、おやつに大葉を食べても摂取カロリーが高くなることはありませんが、大葉は食物繊維が含まれているので夜寝る前に食べてしまうと、胃や腸の負担になるためおすすめできません。




大葉ダイエットの注意点!


大葉ダイエットは、毎日大葉を食べるだけの簡単なダイエット方法ですが、誤ったやり方では思うようなダイエット効果が得られないだけではなく、思わぬ体調不良の原因になることもありますよ。

ここでは、大葉ダイエットの注意点をご紹介します。

揚げ物など油の多い調理はNG

サクッとした歯ごたえと爽やかな風味が癖になる大葉の天ぷら。

これなら毎日食べたい!と思う方は多いと思いますが、大葉自体のカロリーが低いとは言え、揚げ物など油を多く使った調理としてしまうと、その分摂取カロリーが多くなってしまいます。

あくまでもダイエット中であることを意識して、油を使いすぎないようにしましょう。

大葉のみの置き換えにしない

低カロリー・低糖質の大葉のみの食事にすれば、摂取カロリーを抑えることができてダイエット効果が高まると思うかも知れません。

しかし、それでは体に必要な栄養が補えないため、食事の置き換えに大葉を食べるのは止めましょう。

食べすぎると体調不良の原因になることも

大葉に含まれている食物繊維は、過剰に摂取すると腸に対して刺激が強くなり、腹痛や下痢、便秘の原因となることがあります。

なお、大葉に含まれているβカロテンは体内でビタミンAに変わるため、たくさん大葉を食べるとビタミンAの過剰摂取が気になる方もいるでしょう。

しかし、βカロテンを大量に摂取してもビタミンAの過剰による体調不良になることはないと言われています。

ただし、βカロテンを大量に摂ると、皮膚が黄色くなることがあります。(こちらは健康に害があるものではありません)

大葉ダイエットの口コミや体験談


大葉ダイエットの口コミや体験談を探しましたが、見つけることはできませんでした。

大葉ダイエットは以前テレビ番組で取り上げられたこともあり、知っている方はいるようです。

しかし、実際にやってみたという方は少なく、「大葉ダイエットで痩せた!」などの具体的な口コミはありませんでした。

とは言え、大葉がダイエットや健康によいとして食事に取り入れている方はいます。

特にご飯やパスタなどの炭水化物を食べるとき、大葉を組み合わせることで摂取カロリーを抑えたり、栄養バランスを整えているケースが見られましたよ。

大葉ダイエットおすすめのレシピ3選

ダイエットで毎日大葉を食べるなら、食べ飽きしないようにたくさんのレシピを知っておきたいもの。

そこでここでは、ダイエットにおすすめの大葉のレシピをご紹介します。

ダイエットにもおすすめ大葉つくね照り焼き

材料(10個分)

・絹豆腐(150g)
・玉ねぎ(1玉)
・大葉(20枚。10枚は包む用)
・塩こしょう(少々)
☆醤油(大さじ8)
☆酒(大さじ8)
☆みりん(大さじ8)
☆砂糖(小さじ8)

作り方

水切りした豆腐、みじん切りにした玉ねぎ、細切りにした大葉(10枚)を混ぜ合わせ、大葉で包んでフライパンで焼き色がつくまで焼いたら蒸し焼きにします。

☆のタレを入れて煮詰めたら完成です。

ポイントやコツ

餃子の皮の代わりに大葉を使っているので、とてもヘルシーになります。

大根☆サバ缶☆大葉マヨサラダ

材料(3人分)

・千切り大根(1/3本)
・サバ缶(1缶)
・千切り大葉(10枚くらい)
・塩(小さじ1)
・マヨネーズ(大さじ5くらい)
・黒胡椒(気持ち多め)
・ごま油(大さじ2くらい)

作り方

千切りした大根に塩を振っておき、水気を切ったら、材料をすべて入れて混ぜ合わせて完成です。

ポイントやコツ

マヨネーズやごま油は多い方がコクが出ますが、摂取カロリーも多くなるので使いすぎないようにしましょう。

簡単!ダイエットにも♪ダブルしそわかめ

材料(4~5人分)

・湯通しわかめ(150g)
・しそ(10枚)
・いりごま(大さじ2)
・ノンオイル青じそドレッシング(適宜)

作り方

刺身用わかめは切っておき(乾燥わかめなら水で戻しておく)、ボウルにわかめ、細切りにしたしそ(大葉)、ノンオイル青じそドレッシング、いりごまを入れ、塩コショウで味付けして完成です。

ポイントやコツ

カニカマやツナを入れるとボリュームのある一品になります。

まとめ

大葉ダイエットは食事で大葉を食べるダイエット方法です。

大葉は薬味などの脇役として食卓に並ぶことが多いですが、ダイエット中は意識して食事の最初に食べるようにすると効果が期待できます。

また、大葉を食べるときはゆっくりとよく噛んで食べるようにすると、満腹感を得やすくなりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました