ウインナーダイエットのやり方と効果やおすすめのレシピ!

ウインナーダイエット痩せるやり方と口コミも!

この記事は、ウインナーダイエットのやり方や効果、口コミ、レシピをまとめています。

「高カロリーのウインナーはダイエット中に食べるのは絶対にNG!」と思っていませんか?

ですが、食べたいものを我慢しすぎてしまうと、ストレスが溜まってイライラして暴飲暴食をしてしまう可能性が高くなってしまいますよね。

そこで今回は、ダイエット中にウインナーを食べないのではなく、ダイエット中でも安心してウインナーが食べられる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ウインナーダイエットとは?


ウインナーダイエットとは、ウインナーを食べるダイエット方法です。

ウインナーは子どもから大人まで人気の食材の1つですが、カロリーが気になるという方は多いですよね。

そこでまずは、ウインナーのカロリーや糖質を調べてみました。

ウインナーのカロリーや糖質は?

ウインナーの100gあたりのカロリーは319㎉、糖質は3.3gになります。

ウインナーダイエットの効果!なぜ痩せられるのか?


ダイエット向きの食材と言うと、低カロリー・低糖質で「たくさん食べても太りにくい」ものが多いですよね。

そのような食材も確かに魅力的なのですが、ダイエットをしているときほど「ダイエットにはよくない(と言われている)ものが食べたくなる」ものではないでしょうか。

ウインナーはその代表的な食材と言えますが、ダイエット中に食べたいものを我慢しすぎるとストレスが溜まり、ある日、欲求が抑えきれなくなってしまう、ということはよくあります。

そのため、ウインナーが食べたいときにはダイエットに差し支えない量や食べ方で食べて、ストレスを解消することが重要でしょう。

また、ウインナーにはダイエットによい成分も含まれていることをご存知でしょうか。

ここまでは、ウインナーに含まれる成分とダイエット効果をご紹介しましょう。

たんぱく質

ウインナーの原料の豚肉には、動物性たんぱく質が豊富に含まれています。

たんぱく質は筋肉の元となる成分で、不足すると筋肉量の低下を招いて基礎代謝が下がり、太りやすくなってしまいます。

特にダイエット中は食事制限によってたんぱく質が不足しやすいのですが、ウインナーを食べることでたんぱく質を補うことができます。

ビタミンB1

ウインナーの原料の豚肉にはビタミンB1も含まれています。

びたみんB1には糖質の代謝を助ける働きがあり、食べ物に含まれる糖を効率よくエネルギーに変えることで太りにくい体を作ることができます。

参考資料:e-ヘルスネット「たんぱく質」
参考資料:健康長寿ネット「ビタミンB1の働きと1日の摂取量」

ウインナーダイエットのやり方


ウインナーダイエットはウインナーを食べるダイエット方法です。

ただし、ダイエット中に積極的に食べるというよりは、ダイエット中でも太りにくいウインナーの食べ方を知ることで、ウインナーが食べたいというストレスを解消するのが主な目的となりますよ。

それでは、ウインナーダイエットの具体的なやり方をみてみましょう。

基本のやり方

食事のときにウインナーを食べましょう。

おすすめのやり方

ウインナーは油で炒めるよりも、茹でた方がカロリーや脂質を抑えることができるのでダイエット時にはおすすめです。

食べる時間やタイミングはいつがベスト?(朝・昼・夜?)

ウインナーはカロリーや脂質が高めなので、朝食に食べるのがよいでしょう。

朝食に食べることで、日中にカロリー消費がされやすくなり、ダイエットの妨げになりません。

食べる量の目安は?

市販のメーカーによって誤差はありますが、ウインナーは5本でおよそ100gになります。

1袋に6本入っていることが多いと思いますが、すべて食べてしまうと摂取カロリーは400㎉近くになってしまいます。

ダイエット中に食べるなら、多くても3本以内を目安にするのがよいでしょう。

夜寝る前や間食やおやつに「ウインナー 」を食べても大丈夫?

ダイエット中の間食やおやつは200㎉以内に収めるとよいと言われているので、ウインナー3本までなら大丈夫でしょう。

しかし、夜寝る前にウインナーを食べるのは控えてください。

カロリーが高い上、ウインナーはたんぱく質が多く含まれているため、消化までに時間がかかり、胃腸の負担になってしまいます。

ウインナーダイエットの注意点!


ダイエット中でもウインナーを食べられるのは嬉しいですよね。




しかし、食べ方や食べる量には注意が必要です。

ウインナーダイエットの注意点をご紹介します。

食べすぎない

ウインナーはカロリーや脂質が高いので、食べすぎてしまえば当然ですが摂取カロリーが増えて太りやすくなります。

また、ウインナーには塩分が多く含まれているため、むくみが生じやすくなります。

ウインナーを食べるときは、塩分を排出する働きのあるカリウムが多く含まれている野菜や豆腐を一緒に食べるようにしましょう。

調味料に気を付けて

ウインナーを食べるときにケチャップやソースをつけて食べるとおいしいですよね。

しかし、ケチャップやソースは糖質量が多く、カロリーが高いです。

量は控えめにするか、使わないようにしましょう。

運動を併用

ウインナーに含まれるたんぱく質が筋肉に使われるには、摂取するだけではなく、運動によって筋肉に負荷を与えることが大切です。

そのため、ダイエット中にウインナーを食べるときは、積極的に運動を行うようにしましょう。

ウインナーダイエットの口コミや体験談


ウインナーダイエットの口コミや体験談を探してみましたが、見つけることはできませんでした。

ですが、ダイエットを行っている方の中には、ウインナーを食べてストレスを解消している人が見られましたよ。

その際、食べる本数は2本程度で、一緒に食べているものはオートミールや野菜などの低カロリーのものでした。

ウインナーはカロリーや脂質が高いですが、組み合わせて食べるもの次第では、ダイエット中でも我慢をする必要がないと言えそうですよね。

ウインナーダイエットおすすめのレシピ3選

ダイエット中にウインナーを食べるときは、ヘルシーな食材と組み合わせることで摂取カロリーを抑えることができますよ。

ここでは、ダイエットにおすすめのウインナーを使ったレシピをご紹介します。

オートミールカレーリゾット

材料(1人分)

・オートミール(30g)
・カレールー(一かけ)
・水(180ml)
・お好きな野菜やキノコ(適量)
・ウインナーやベーコン等(適量)
・ピザ用またはスライスチーズ(適量)
・粉チーズ(お好み)

作り方

深めの皿を用意し、オートミールとカレールーを載せます。

上に好きな野菜やウインナーを入れ、水を回しかけて、チーズをトッピングします。

ラップなしで電子レンジ電子600w4分加熱したら、よく混ぜて完成です。

ポイントやコツ

ダイエット中はカレーも控えることが多いですが、オートミールを使えばウインナーを入れてもヘルシーに作ることができますよ。

電子レンジで簡単に調理できるので、手軽に作ることができます。

これで30㎏痩せた!和風ポトフスープ鍋

材料

・じゃがいも(2個)
・玉ねぎ(1個)
・人参(90g)
・キャベツ(90g)
・ウインナー(3本)
・水(300ml)
・やすまるだし(1包)
・黒胡椒(少々)

作り方

じゃがいもはよく洗って芽があれば取り除き、皮ごと一口大にカットします。

玉ねぎ、人参、キャベツも同様にカットしましょう。

鍋に野菜と水、ウインナー、だしを入れて野菜がやわらかくなるまで煮たら、塩、胡椒で味を調整して完成です。

ポイントやコツ

野菜を大き目にカットすることで食べ応えがあり、必然的にゆっくりとよく噛んで食べるようになります。

★お弁当に★小松菜ウインナー

材料(1人分)

・小松菜(1房)
・ウィンナー(4本)
・昆布茶(小さじ1/2)

作り方

フライパンに半分にカットしたウインナーを入れて炒め、洗って食べやすい大きさに切った小松菜の茎から先に入れて炒めます。

葉を入れて炒め30秒くらいしたら火を止め、昆布茶で味を付けて完成です。

ポイントやコツ

油を使わないのでヘルシーです。

小松菜にはカリウムが多く含まれているので、ウインナーの塩分が体外へと排出しやすくしてくれますよ。

まとめ

ウインナーダイエットは、ダイエット中でも安心してウインナーを食べることを目的に行うのがよいでしょう。

決して、ウインナーを食べれば食べるほど痩せられるダイエット方法ではないので、くれぐれもウインナーの食べすぎには注意してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました