ぶどうダイエットのやり方と効果やおすすめのレシピ!

ぶどうダイエット痩せるやり方と口コミも!

この記事は、ぶどうダイエットのやり方や効果、口コミ、レシピをまとめています。

ぶどうは秋の味覚のイメージが強いですが、近年は様々な種類が市場に出回っており、早い物では6月くらいからスーパーでも見かけることがあります。

甘くてジューシーなぶどうはカロリーが高く、ダイエットに不向きを思っている方は多いですが、実はぶどうでダイエットが行えますよ。

おいしいぶどうでダイエットができるなら嬉しいですよね。

そこで今回は、ぶどうダイエットについて詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

ぶどうダイエットとは?


ぶどうダイエットとは、ぶどうを食べるダイエット方法です。

ぶどうを食べるだけでOKなので、誰でも気軽に始めることができますが、気になるのはぶどうのカロリーや糖質ではないでしょうか。

そこでまずは、ぶどうのカロリーや糖質を調べてみました。

ぶどうのカロリーや糖質は?

ぶどうの100gあたりのカロリーは58㎉、糖質は15.2gです。

参考資料:日本食品標準成分表
※カロリー及び糖質は皮なしのぶどうのものを表記しています。

ぶどうダイエットの効果!なぜ痩せられるのか?


低カロリーのぶどうは、ダイエット中の強い味方。

しかし、ぶどうのダイエット効果はこれだけではありません。

ぶどうでダイエットができるのは、ぶどうに含まれている成分に効果が期待できるからです。

ここでは、ぶどうに含まれているダイエットに有効な成分とその働きについて詳しく解説します。

アントシアニン

ぶどうの皮の紫は、アントシアニンというポリフェノール成分によるもの。

アントシアニンは抗酸化作用が高く、美肌作りやアンチエイジングによい成分として知られていますが、体脂肪の蓄積を抑える効果があることもわかっています。

食物繊維

ぶどうには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれていますが、特に多いのは不溶性食物繊維。

不溶性食物繊維は水に溶けない性質で、便に水分を取りこんで膨らみ、腸壁を刺激することでお通じを促す効果が期待できます。

これに対し、水溶性食物繊維は便をやわらかくすることでお通じを改善してくれますよ。

また、食物繊維には糖やコレステロールの排出を促し、食後の血糖値の急上昇を防ぐ働きもあります。

血糖値が急激に上がると、糖を処理する働きのあるインスリンというホルモンが過剰に分泌されてしまいます。

インスリンは余った糖を脂肪として溜め込んでしまうため、食後の血糖値の上昇を緩やかにすることは太りにくい体を作ります。

カリウム

ぶどうには、体内の余分な水分を塩分と一緒に排出する働きに優れたカリウムが多く含まれています。

水分の排出が促されることで、むくみの予防や改善に効果が期待できますよ。

参照資料:e₋ヘルスネット「抗酸化物質」
参照資料:中部大学応用生物学部食物栄養科「アントシアニンによる体脂肪蓄積抑制」
参考資料:e-ヘルスネット「食物繊維」
参考資料:健康長寿ネット「食物繊維の働きと1日の摂取量」
参考資料:健康長寿ネット「カリウムの働きと1日の摂取量」
参考資料:e-ヘルスネット「カリウム」

ぶどうダイエットのやり方


ぶどうダイエットは、ぶどうを食べるだけの簡単なダイエット方法。

しかし、ぶどうを食べるタイミングや量などを間違ってしまうと、ダイエット効果をしっかりと得ることができなくなります。

それでは、正しいぶどうダイエットとは一体どのように行うのがよいのでしょうか。

基本のやり方

食事の30分前にぶどうを食べます。

食事の前にぶどうを食べてある程度お腹を満たすことで、食事の量を無理なく抑えることができますよ。

おすすめのやり方

間食やおやつをぶどうに置き換える方法もおすすめです。

お菓子よりも栄養成分が多くカロリーが低いぶどうを食べて、摂取カロリーを抑えましょう。

食べる時間やタイミングはいつがベスト?(朝・昼・夜?)

食べるタイミングについては特に決まっていませんが、食事の前に食べるなら、1日の中で夕食の摂取カロリーを抑えるとダイエットが成功しやすくなると言われています。

夕食を摂るタイミングでぶどうを食べ、食事の量を減らすことができればダイエットの効果を高めることができそうですね。

食べる量の目安は?

厚生労働省では1日に200g程度の果物を摂ることを推奨しています。

ぶどうなら巨峰などの実が大きいタイプで10粒程度、デラウェアなどの小粒では1房ほどになります。

ただし、他にも果物を摂る場合は、これよりも少ない量にするとよいでしょう。

夜寝る前や間食やおやつに「ぶどう 」を食べても大丈夫?

間食やおやつにぶどうを食べてもOKですが、夜寝る前は止めた方がよいでしょう。

ぶどうには果糖(糖質)が含まれているので、夜寝る前に食べると太りやすくなります。




ぶどうダイエットの注意点!


誰でも簡単に行えるぶどうダイエットですが、いくつか気を付けることがあります。

ぶどうダイエットの注意点をご紹介します。

皮ごと食べる

ダイエット効果が期待できる食物繊維やアントシアニンは、ぶどうの実ではなく皮に多く含まれています。

そのため、ダイエットでぶどうを食べるなら皮ごとが正解。

しかし、皮には農薬がついているため心配な方も多いでしょう。

その場合は無農薬のぶどうを選ぶか、重曹で皮を綺麗に洗って農薬を落とすとよいでしょう。

食べすぎると腹痛や下痢の原因に

食物繊維は適量であればお通じの改善に効果が期待できますが、摂り過ぎてしまうと胃や腸の負担となり、腹痛や下痢の原因になることがあります。

食事の置き換えはNG

低カロリーのぶどうを食事に置き換えれば摂取カロリーを抑えてダイエット効果が高くなる、と思うかも知れません。

しかし、ぶどうだけでは体に必要な栄養を補うことができず、体調不良やストレスの原因になってしまいます。

置き換えは間食やおやつのみにし、食事は栄養バランスを取りつつ、摂取カロリーを抑えて行いましょう。

ぶどうダイエットの口コミや体験談


ぶどうダイエット経験者の口コミや体験談を探してみましたが、見つけることはできませんでした。

また、ダイエット中の食事にぶどうを食べている方は多く見かけられますが、ぶどうダイエットが浸透していないせいか、食事の後のデザートとしてぶどうを食べていることが多いのが残念ですね。

食事の30分前にぶどうを食べてから食事を行うことで、ダイエット効果が期待できますよ。

食後にぶどうを食べている方は、ぜひ食事の前に変更してみましょう。

ぶどうダイエットおすすめのレシピ3選

ぶどうダイエットを行うときは、基本的には生のぶどうをそのまま食べるのがよいでしょう。

とは言え、毎日ぶどうを食べていると食べ飽きしてしまうこともありますよね。

そこでここでは、ダイエットにおすすめのぶどうを使ったレシピをご紹介します。

ぶどう寒天

材料

・水(500cc)
・カルピス(お好みで)
・粉寒天(小さじ2)
・ぶどう(お好みで)

作り方

材料をすべて鍋に入れて沸騰させ、ぶどうを取り出して容器に並べたら、寒天液を注いで冷やします。

固まったら完成です。

ポイントやコツ

寒天は食物繊維が多いのでお通じの改善に効果が期待できますよ。

硬めに仕上げてよく噛んで食べることで、ダイエットの効果を高めることができます。

ヨーグルトに、ぶどう&くるみ♪

材料(1人分)

・プレーンヨーグルト(80g)
・ぶどう(少々)
・くるみ(大さじ1/2)
・メープルシロップ(大さじ1/2)

作り方

ヨーグルトに皮を剥いたぶどうと細かく砕いたくるみを乗せ、上からメープルシロップをかけて完成です。

ポイントやコツ

ヨーグルトの乳酸菌やくるみの食物繊維はお通じの改善に効果があり、ダイエットをサポートしてくれます。

メープルシロップの代わりにはちみつを使うのもおすすめです。

ホタテとブドウのカルパッチョ風サラダ

材料

・お刺身用のホタテ(3粒)
・ブドウ 1~数種類(5~10粒)
・玉ねぎ(4分の1個)
☆オリーブ油(大さじ1)
☆塩(小さじ1)
☆白ワインビネガー又は酢(大さじ1)
☆こしょう(適量)

作り方

ホタテは1粒を4つにスライス、ブドウは1粒を4~6つにスライス、玉ねぎは薄い千切りにした後水にさらし、水気をしっかりと絞ります。

材料すべてを☆の調味料で和えて完成です。

ポイントやコツ

ホタテをタコや白身魚に変えてもおいしいですよ。

ブドウをデザートではなく料理の一品として食べたいときにおすすめのレシピです。

まとめ

ぶどうダイエットは、食事の30分前または間食(おやつ)にぶどうを食べるダイエット方法です。

しっかりよく噛んで食べることで満腹感を得やすくなり、その後の食事の量を無理なく抑えることができますよ。

間食(おやつ)に置き換えるなら、元々間食の習慣がある人がおすすめ。

間食の習慣がないのにぶどうを食べてしまうと、その分摂取カロリーが多くなってしまうので注意してくださいね。

また、ダイエットに有効な成分はぶどうの皮に多く含まれているため、ダイエットでぶどうを食べるなら皮ごとがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました