らっきょうダイエットの効果とやり方や口コミ!いつ食べるのがベスト?

らっきょうダイエットの効果とやり方や口コミ!いつ食べるのがベスト?

ダイエットに効果のある「らっきょう」の食べるタイミングと効能・効果!

カレーの付け合わせとして、福神漬けと並んで人気なのがらっきょうです。

甘酢漬けにして食べるのが一般的で、濃いめの味付けの料理と食べると、口がサッパリして食が進みますよね。

このらっきょうを利用したダイエットが、今回ご紹介するらきょうダイエットになります。

しかし、らっきょうには何となく体によさそうなイメージはあるものの、ダイエットに役立つとは一体どういうことなのでしょうか。

そこで、らっきょうダイエット効能効果やり方食べるタイミングの他、実際にらっきょうダイエットを経験した方の口コミを調べてみました。


Sponsored Link


らっきょうダイエットとは?カロリーは?


らっきょうダイエットとは、らっきょうを食べるダイエット方法になります。

いわゆる置き換えダイエットのように、らっきょうのみを食べるのではなく、いつもの食事にらっきょうをプラスするだけでOKなので、「ダイエットはしたいけれど、空腹に耐えられなくてすぐ挫折してしまう」「食事はきちんと摂って痩せられるなら痩せたい」と思っている人でも行うことができます。

なお、生のらっきょうのカロリーは100gで118㎉

一般的ならっきょうの食べ方である甘酢漬けにしても115㎉と、カロリー自体はそれほど変わりません。

しかし、生のらっきょうは食物繊維が大変多く含まれており、食後の血糖値を上げにくいのに対し、甘酢漬けは糖分を多く含みます。

そのため、本来のらっきょうダイエットでは、生のらっきょうを食べるのが一番効果的と言われています。

とは言え、生のらっきょうを食べるのはなかなか大変なため、ここでは甘酢漬けのらっきょうを使ったダイエット方法をご紹介したいと思います。

 

お酢ダイエットで効果的に痩せるポイントと口コミ!

 

らっきょうの効能・効果


らっきょうには、フルクタンと呼ばれる食物繊維を始めとして、ビタミンB1、含硫、アミノ酸、サポニン、フラボノイドなど数多くの栄養成分が含まれていることから、健康や美容、ダイエットに効能・効果があると言われています。

そこでここでは、らっきょうの効能や効果についてご紹介したいと思います。

便秘解消効果

らっきょうに含まれるフルクタンは食物繊維の一種で、腸内環境を整えてお通じを改善する効果があると言われています。

 

腸活ダイエットの効果や正しいやり方とレシピで便秘解消も!

 

血糖値の上昇を抑える

フルクタンには、食後の血糖値の上昇を抑える効果もあると言われています。

血糖値が急激に上がると、それを抑えるために膵臓からインスリンというホルモンが分泌されますが、過剰分泌が起こると食べた物を脂肪として蓄えてしまうため、血糖値を上げないことはダイエットに繋がると考えられています。

 

低インシュリンダイエットの効果的なやり方とGI値について!

 

コレステロールの除去

らっきょうに含まれるサポニンには、血中のコレステロールや中性脂肪を分解・排出して、血液をサラサラに保つ働きがあると言われています。

代謝を活発にする

らっきょうに含まれる含硫アミノ酸は、私達の体のあらゆる原材料となるたんぱく質を構成する成分です。

そのため、摂取することで細胞を活性化し、代謝を上げる効果が期待できると言われています。

 

基礎代謝を上げ簡単にダイエットできる方法!

 

疲労回復効果

らっきょうに含まれるビタミンB1は、糖質の代謝を促してエネルギーを生み出す作用があると言われています。

また、らっきょうにはビタミンB1の吸収を促す働きのあるアリシンが含まれており、相乗効果によって疲労回復効果が期待できると言われています。

らっきょうダイエットのやり方


らっきょうダイエットのやり方はとても簡単で、食事の前にらっきょうを食べるだけでOKです。

カレーの付け合わせなどで、食事中にらっきょうを食べることはあっても、食事の前にらっきょうを先に食べることはあまりありませんよね。

しかし、これには理由があり、らっきょうを食べることで食物繊維を先に摂ることができるので、その後の食事による血糖値の急上昇を防ぐことができます。


Sponsored Link


つまり、らっきょうダイエットとはカロリーを抑えるダイエット方法ではなく、血糖値の急上昇を抑えることで食べた物を脂肪として溜めにくくするためのダイエット方法なのです。

 

カレーダイエットの効果と痩せるレシピと食べるタイミングは?

 

らっきょうダイエットのポイント!食べるタイミングや1日何個まで?


らっきょうを食べるタイミングは、らっきょうダイエットのやり方でもご紹介した通り、食前となります。

食事中に食べたり、食後に食べても血糖値を抑える働きは期待できなくなるので、必ず食前に食べるようにしましょう。

また、一日の摂取量の目安は大粒のもので3個程度、小粒なら5個程度と言われています。

らっきょうダイエットの注意点


らっきょうダイエットを行う時は、らっきょうの食べ過ぎに注意しましょう。

らっきょうに含まれるアリシンは、過剰に摂り過ぎると胃腸を荒らす原因となり、腹痛などの症状が現れる場合があります。

また、らっきょうに含まれるフルクタンは、甘酢漬けにした際多くが流れ出てしまうと言われています。

そのため、甘酢漬けのらっきょうを使う時は、甘酢(液)を大さじ一杯程度一緒に摂るようにするのがよいでしょう。

らっきょうダイエットの口コミ


らっきょうダイエットは、食事前にらっきょうを食べるだけなのでとても簡単に行えるダイエット方法なのですが、毎日らっきょうを食べることが以外とネックになっているのか、経験者の声があまり聞かれません。

それでも、らっきょうダイエットを試してみたという方の中には、お通じがよくなったと感じている人もいらっしゃいます。

また、元々らっきょうが好きでつい食べ過ぎてしまい、思うように効果がなかった人もいます。

らっきょうをつける甘酢は糖分が多く含まれていることから、食べ過ぎはカロリーの摂り過ぎになります。

このように、らっきょうダイエットは経験談が少ないため、「ダイエット方法としてどうなのかな?」と思う面もありますが、毎日の食事で上手にらっきょうを取り入れることができれば、血糖値を上げにくくして、ダイエットに役立つことは十分に考えられると言えるでしょう。

らっきょうダイエットにおすすめのレシピ3選

らっきょうダイエットを始めてみたいと思っていても、らっきょう(甘酢漬け)がそれほど得意じゃない・・という場合もありますよね。

そのような方のために、甘酢漬け以外のらっきょうを使ったレシピをご紹介したいと思います。

生らっきょうのおかか醤油和え


根と芽を落とした生らっきょうを水の中で薄皮を剥き、薄切りにしておきます。

沸騰させたお湯で生らっきょうをさっと茹で、氷水で冷やした後水気を絞り、鰹節と醤油で和えて完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/3856809

やめられない止まらないらっきょうの塩漬け


芽と根を取った生らっきょうの薄皮を剥き、ザルにあけて水分を取った後、キッチンペーパーなどで水気を拭き、保存用袋に入れて塩を入れて袋を揉み、一日常温に置いておきます。

後はタッパーなどに移し、冷蔵庫で保存して下さい。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4537623

食べてびっくり焼きらっきょう


根と芽を取って薄皮を剥いた生らっきょうをアルミホイルで包み、オーブントースターで焼いたら完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/3856794

らっきょうダイエットの効果とやり方や口コミ!いつ食べるのがベスト?のまとめ

らっきょうダイエットは、食事の前にらっきょうを食べることで血糖値の急上昇を防ぐことができると言われています。

短期間で体重が落ちるダイエット方法ではありませんが、食べる物を意識することで食生活が変化し、痩せやすい体質に変わると言われているので、ぜひ、食事の前にらっきょうを食べる習慣をつけてみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)