逆立ちダイエットのコツと効果的なやり方や口コミ!

逆立ちダイエットの効果と時間帯ややり方!

逆立ちは子どもの時に体育の授業や遊びで行ったことがある方も多いと思いますが、その逆立ちを利用した逆立ちダイエットが今、大人の間で人気となっています。

しかし、逆立ちをして本当にダイエットになるのか、疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、逆立ちダイエットについて調べてみました。

逆立ちダイエットの効果ややり方、コツ、気になる口コミなどをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

逆立ちダイエットとは?


逆立ちダイエットとは、逆立ちをするダイエット方法です。

逆立ちは、ヨガやピラティスでも行われるように、実は体のバランスを整えるのにとてもよい運動と言われています。

しかし、子どもの時は簡単にできた逆立ちも、大人になってやってみようとすると、思いの他上手くいきません。

逆立ちができない理由には、子どもの時に比べて体重が重くなっていることが挙げられますが、それ以外にも筋肉量の減少や体のずれなど、多くの大人が抱えているものが原因だったりもするため、逆立ちを行うことはこれらの不調を改善する効果が期待できると言われています。

逆立ちダイエットの効果

①内臓の位置が元に戻る

重力に逆らうように立って生活している私達ですが、加齢とともにその抵抗力が衰えるため、皮膚や脂肪、内臓などは下に垂れ下がってしまいます。

これがぽっこりお腹の原因になると言われていますが、逆立ちをすることで内臓が元の位置に戻ると、お腹のでっぱりが解消されるだけではなく、代謝がよくなって痩せやすい体になると言われています。

②筋力がつく

逆立ちをする場合には、腕はもちろんのこと背中や腹筋など上半身の筋肉を使います。

そのため、筋肉が鍛えられて代謝がよくなると言われています。

③血行がよくなる

体の下に溜まりがちな血液やリンパ液の流れがよくなるので、細胞に酸素や栄養が届きやすくなり新陳代謝が活発になると言われています。

また、脳にも血液が流れやすくなるので、考え事をしている時に逆立ちをするとアイデアがひらめきやすいと言われています。

④便秘が解消する

逆立ちによって腸が刺激されることで、お通じの改善に役立つと言われています。

逆立ちダイエットの正しいやり方


逆立ちできますか?

子どもの時はできたという方が多くても、大人になってやってみたら思ったよりも難しかったと思うのではないかと思います。

逆立ちをするには全身の筋肉が必要。

そのため、毎日逆立ちをすることで全身を筋トレするのと同じ効果が期待できます。

では、逆立ちダイエットはどのように行えばよいのでしょうか。

逆立ちダイエットは逆立ちをするだけ

逆立ちダイエットはその名の通り、逆立ちをするだけのダイエット方法になります。

無理な食事制限やハードな運動は必要がないので、誰でも挑戦することができます。

腹式呼吸を意識する

逆立ちダイエットの効果を高めるには、正しい呼吸を行うことが大切。

逆立ちダイエットでは腹式呼吸を行いましょう。

腹式呼吸は鼻からしっかりと息を吸い、お腹に溜めるイメージで、最後に口から息を吐きます。

適度な食事管理は必要

逆立ちダイエットを正しく行うなら、食事管理は行いましょう。

先ほど、無理な食事制限は行う必要がないと言いましたが、だからと言って好きなだけ食べていたらダイエットは成功しません。

糖質やカロリーを適度に抑え、筋肉の元となるたんぱく質やビタミン、ミネラルの豊富な野菜を中心とした食事を心がけましょう。

コツやポイント

逆立ちダイエットは毎日決まった時間に行うようにしましょう。

逆立ちダイエットに限らず、運動で痩せる時にはその運動を習慣化することが何よりも大切。

ダイエットしなきゃと思って無理にやっていても長続きしませんが、朝晩の習慣になればやらないと気持ち悪くなりますよね。

そうなったら逆立ちダイエットの成功は近いです!

とにかく毎日続けることが大切です。

逆立ちの種類とやり方

逆立ちにはいくつか種類があります。

これまで運動をあまり行っていなかった人や、逆立ちを初めて行うという人の場合、一般的な逆立ちが最も難しく感じるかも知れません。

一般的な逆立ちが出来ない時は、ここでご紹介している他の逆立ちの方法を試してみてもよいでしょう。

基本的な逆立ち

両手を床についた状態で、両足が天井を向いたものを逆立ち(または倒立)と言います。

両手を床につけるタイミングで、両足を上げて伸ばします。

三点倒立逆立ち

床に正座の状態で座り、頭を床につけます。

この時、両手の位置は頭と合わせて正三角形になるように調整して下さい。

頭を床についた状態で手の爪が見え、肘が90度になるのが理想です。

頭は床が頭頂部につくようにして下さい。

そこからお尻をゆっくりと持ち上げ、足を一歩前に出します。

足を少し開き、肘の上に膝があたる位置に持って行き、少しずつ肘に膝を載せていきます。

お腹を引き締め、お尻を少しぷりっとさせるように意識しながら足を上に上げます。




背中立ち逆立ち

仰向けに寝て、手は床を押します。

足を持ち上げ、最初は腰を持ち上げる練習をしてみましょう。

腰が上がるようになったら、手のひらを越し、肘は床につけて腰を支えます。

足を天井に向かって伸ばしましょう。

逆立ちダイエットを行う頻度は?時間帯は?


逆立ちダイエットは、1日どれくらいの頻度で行うのがよいのでしょうか。

また、おすすめの時間帯などがあれば知りたいですよね。

逆立ちダイエットを行う頻度や時間帯を調べてみました。

1日2回行う

逆立ちダイエットで逆立ちを行うのは、1日2回、朝と夜だけでよいです。

1日に何度も行う必要がないので続けやすいですよね。

1回1分でOK

逆立ちダイエットは1日2回、1回につき1分でOKです。

最初は1分もできない場合は、10秒でも大丈夫。

逆立ちができない場合は?

一般的な逆立ちが上手くできないという時は、次の方法を試してみて下さい。

壁を使う

壁に向かって逆立ちを行います。

上手く足が上げられない時は、頭を壁につけた状態であごを引いて行ってみましょう。

また、両足を上げるのではなく、最初は片足のみを壁につけるようにして上げてみてもよいです。

足が上がらないと悩む方の多くが、床を蹴り上げる方の足が上手く上げられていません。

そのような場合では、蹴り足と反対の足を曲げて蹴り足の膝につけるようにすると、足が上がりやすくなります。

両脚を支えてもらう


逆立ちをした状態で背中側になる場所に、誰か立ってもらいます。

蹴り上げた足を掴んで持ってもらうことで、逆立ちが成功しやすくなります。

逆立ちダイエットの注意点!ケガをしないために!


逆立ちは慣れた人が行っても、突発的な事故によって怪我をする恐れがあります。

そのため、逆立ちダイエットを行う場合には怪我をしないように、様々な点に注意をする必要があります。

マットなどの保護材を敷く

万が一の転倒などを考え、床にはマットなどの保護材を敷いて行いましょう。

マットや保護材を敷く場合は、裏に滑り止めの機能があるものを選ぶようにして下さい。

滑り止めがないマットや保護材は、手をついた時などに思わぬ事故に繋がる恐れがあります。

周囲に物を置かない

倒れた時にぶつかって怪我をする恐れがあります。

特に割れやすいものや鋭利なものは置かないようにしましょう。

徐々に慣らす

最初から一般的な逆立ちをしようとして、怪我をしてしまう方がいます。

逆立ちは立っている時とは真逆の体勢になるので、思ってもみなかったところに負荷がかかり、転倒などが起こりやすいもの。

最初は壁を使ってみたり、三点倒立や背中倒立など、一般的な逆立ちよりも難しくない方法で始めるようにしましょう。

逆立ちのメリットとデメリット


逆立ちには様々なダイエット効果があると言われていますが、ダイエット以外にもメリットやデメリットがあることをご存知でしょうか。

ここでは、逆立ちのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

腰痛や肩こりの改善

逆立ちで普段使わない筋肉が使われると、腰や首、肩などの負担が減り、腰痛や肩こりが改善することがあります。

また、逆立ちは血流が良くなることも、腰痛や肩こり改善の効果を高める理由の1つと言われています。

気分がすっきりする

逆立ちをすると頭が下になるので、脳にたくさん血液が流れます。

そのため、脳の血流がアップして物事がひらめきやすくなったり、気分がすっきりする効果があると言われています。

また、逆立ちによって血流が良くなるとストレスの解消や改善にも効果があると言われています。

髪が生える

逆立ちで頭に血液が回りやすくなると、髪の細胞に酸素や栄養が届くので髪が生えると言われています。

実際にアメリカではかなりポピュラーな方法らしく、薄毛などに悩む方が逆立ちをするようになって毛が生えてきたという声もあります。

デメリット

怪我や体調不良の恐れがある

逆立ちは、体がいつもとは真逆の状態になるのでバランスがとりにくく、転倒しやすいです。

転倒による怪我の他、血液が頭に多く回ることで眩暈がすることもあるようです。

また、食後の逆立ちは食べ物が逆流してしまう恐れがあるのでおすすめできません。

持病のある人は止める

高血圧や逆流性食道炎などの持病がある場合に逆立ちをすると、症状が悪化することがあります。

頭痛持ちの方も、逆立ちによって症状が改善したという方がいる一方で、症状が悪くなってしまったという人もいるので、安易に行うのは止めた方がよいでしょう。

逆立ちダイエットの口コミ


・逆立ちをするだけで痩せるの?と思いましたが、食事制限もなく、本当に逆立ちだけで3kg痩せました。代謝がよくなったのと、筋肉がついて体が引き締まったように感じます。今のところリバウンドなしです。

・モデルの人が足を綺麗にするために逆立ちしてると聞いて早速始めてみました。効果はあって、太ももとウエストが細くなりましたよ!逆立ちするだけなのにむくみがとれて足が細くなるのでおすすめです!

・逆立ちにプラスして軽く食事制限もしていますが、一週間でウエストが2㎝細くなりました。

・逆立ちをしただけなのに一週間で2kg減!凄い効果だと思います。目標体重に向けてまだまだ頑張って行こうと思います。

・逆立ちをするようになってから汗をよくかくようになりました。代謝がよくなっていると信じてこれからも続けてみようと思います。

まとめ

逆立ちダイエットが上手くいかなかったという人の中には、逆立ちにこだわりすぎてしまう傾向があると考えられます。

逆立ちダイエットは、内臓の位置を元に戻すことが最も大切なため、逆立ちの美しさや形にこだわるのではなく、まずは足を高くあげて上半身を下にする体勢から始めてみるのがよいでしょう。

また、逆立ちができない場合は、やり方の動画がたくさんupされていますので、ぜひ検索して実践してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました