たけのこダイエットのやり方と効果やおすすめのレシピ!

たけのこダイエット痩せるやり方と口コミも!

この記事では、たけのこダイエットのやり方や効果、口コミ、レシピをまとめてみました。

春に旬を迎えるたけのこは、コリコリとした食感と独特の風味が癖になる食材。

季節を感じる風物詩として楽しみにしている方は多いのではないでしょうか。

今回は、そんなたけのこを使ったダイエット方法をご紹介します。

「たけのこは春しか食べられないから、他の季節はダイエットできないのでは?」と思いますが、水煮を使えば一年中行うことができますよ。

スポンサーリンク

たけのこダイエットとは?


ダイエットを行う上で気になるのがカロリーや糖質ではないでしょうか。

たけのこはヘルシーなイメージがありますが、実際にはどのくらいのカロリーや糖質が含まれているのか調べてみました。

たけのこのカロリーや糖質は?

たけのこ(生)の100gあたりのカロリーは27㎉、糖質は1.5gです。

たけのこ(水煮)の100gあたりのカロリーは22㎉、糖質は2.3gになります。

参考資料:日本食品標準成分表(たけのこ生:https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=6_06149_7

たけのこダイエットの効果!なぜ痩せられるのか?


たけのこは低カロリー低糖質の食材なので、食事に取りいれることでカロリーや糖質を抑えることができ、ダイエットに効果的です。

ですが、これ以外にもたけのこには様々なダイエット効果が期待できます。

血糖値の急上昇を防ぐ

たけのこには食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は血中の糖やコレステロールを排出する働きがあり、食後の血糖値の上昇や中性脂肪の増加を防ぐ効果があります。

代謝を促進

アスパラギン酸はアスパラガスに多く含まれるアミノ酸の一種ですが、実はたけのこにも含まれています。

アスパラガス酸は、人の体内でエネルギー産生する仕組みであるTCAサイクルに関わっているため、エネルギーを作りだすことで代謝を促進し、太りにくい体を作ることができます。

また、たけのこには植物性たんぱく質も含まれています。

内臓や筋肉を作る元にもなるため、ダイエット中は特に意識して摂取したい成分の一種。

筋肉量が増えると体が引き締まって見えるだけでなく、基礎代謝が上がり、太りにくい体を作ることができますよ。

むくみの予防や改善

たけのこには、体内の余分な水分を塩分と一緒に排出する働きに優れたカリウムが多く含まれています。

むくみを放置しているとセルライトを作る原因となるので、体がむくまないように塩分の摂り過ぎに気を付けたり、カリウムを摂取することが大切です。

参考資料:健康長寿ネット「三大栄養素のたんぱく質の働きと1日の摂取量」
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/tanpaku-amino.html
参考資料:e-ヘルスネット「たんぱく質」
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-044.html
参考資料:e-ヘルスネット「食物繊維」(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-016.html
参考資料:健康長寿ネット「食物繊維の働きと1日の摂取量」
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/shokumotsu-seni.html
参考資料:健康長寿ネット「カリウムの働きと1日の摂取量」
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/mineral-k.html
参考資料:e-ヘルスネット「カリウム」(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-005.html
参考資料:国立成育医療研究センター
「アミノ酸分析」(http://nrichd.ncchd.go.jp/massscreening/original/reference_files/aaanalysys3.pdf

たけのこダイエットのやり方


たけのこダイエットは、食事でたけのこを摂取するダイエット方法になります。

食事をたけのこのみにするのではなく、あくまでも食事に取りいれるだけでOK。

ここでは、たけのこダイエットの詳しいやり方をご紹介します。

基本のやり方

食事でたけのこを摂取しましょう。

おすすめのやり方

食感がよく食べ応えのあるたけのこを、食事の最初に食べることで、満腹を感じやすくなります。

その後に他を食べることで、無理なく食事の量を抑えることができますよ。

食べる時間やタイミングはいつがベスト?(朝・昼・夜?)

食べるタイミングは特に決まっていませんが、摂取カロリーを抑えたいなら夕食にたけのこを食べるのがよいでしょう。

たけのこをメインにして、炭水化物を減らすことでカロリーを抑えることができます。

食べる量の目安は?

毎日たけのこを食べる場合は、1日70g程度に抑えるのがよいでしょう。




夜寝る前や間食やおやつに「たけのこ 」を食べても大丈夫?

たけのこは食物繊維が多く含まれているので、夜寝る前に食べると胃腸の負担になるためおすすめできません。

たけのこダイエットの注意点!


たけのこに含まれる成分は、食べ方などによっては思わぬ体調不良の原因となることも。

ここでは、たけのこダイエットの注意点をご紹介します。

食べ過ぎると腹痛になることがある

たけのこに含まれる食物繊維は、適量であればお通じの改善や血糖値の上昇を防ぐなど、よい効果がありますが、食べ過ぎてしまうと腸を刺激しすぎてしまって下痢や腹痛の原因になることがあります。

また、食物繊維の摂り過ぎで便が硬くなってしまい、便秘を引き起こすこともあります。

たけのこを食べるときは目安量を守り、体調の変化に気を付けてください。

尿路結石を予防しましょう

たけのこのえぐみはシュウ酸という成分が元となっていますが、シュウ酸は大量に摂ると尿路結石の原因になることがあります。

シュウ酸を含む食べ物を食べるときは、シュウ酸の排出を促すカルシウムを一緒に摂取しましょう。

たけのこダイエットの口コミや体験談


たけのこダイエットの口コミや体験談を探してみましたが、見つけることはできませんでした。

しかし、たけのこがダイエットによい食材ということを知っている人は多く、ダイエット中に意識をしてたけのこを摂取している人はいましたよ。

たとえば、どうしてもご飯が食べたいときはたけのこをご飯にして、白米の量を減らすとご飯を食べたいという欲求を満たしながらも、摂取カロリーを抑えることができますよね。

このように、たけのこを上手く利用してダイエットをしている人は多くいました。

反対にたけのこの天ぷらやフライは摂取カロリーが高くなるので、ダイエット中は控えた方がよいでしょう。

たけのこダイエットおすすめのレシピ3選

たけのこダイエットでは天ぷらやフライなどの揚げ物はNG。

それでは、どのような調理でたけのこを食べるのがよいでしょうか。

たけのこダイエットにおすすめのレシピをご紹介します。

ノンオイル!筍の青じそドレッシング♪

材料

・ゆでたけのこ(100g)
■ ノンオイル 青じそドレッシング
・みじん切りの青じそ(3枚)
・醤油・みりん(各大さじ1.5)
・酢(大さじ1)

作り方

ゆでたたけのこをスライスし、調味料を合わせたものと混ぜ合わせます。

30分ほどおいて、味を馴染ませたら完成です。

ポイントやコツ

市販のドレッシングを使ってもできますが、手作りなら余計なものを入れずに作ることができますよ。

みりんのアルコールが気になる場合は、使う前に加熱して煮切って冷ましてから使うとよいでしょう。

簡単ヘルシー!たけのこと厚揚げの煮物!

材料(2~3人分)

・白だし×水(500cc)
・たけのこ(1本)
・厚揚げ(1丁)
・わかめ(お好み)

作り方

あらかじめ湯通ししたたけのこをカットしたら、出汁とたけのこを鍋に入れてひと煮立ちさせ、落とし蓋をして5分ほど煮ます。

厚揚げは湯通しして水気を切ったら鍋に入れ、落とし蓋をして10分煮ましょう。

わかめを加えてひと煮立ちさせたら火を止め、落とし蓋をとって蓋をしてそのまま10分おいて完成です。

ポイントやコツ

食材を入れて煮る順番を守りましょう。

厚揚げにはカルシウムが含まれているので、たけのこのシュウ酸を排出しやすくしてくれます。

ヘルシー!しらたき入り筍ご飯

材料(3合分)

・お米(3合)
・筍の水煮(1/2本)
・しらたき(1袋)
・3倍濃縮麺つゆ(100cc)
・鶏がらスープ(小さじ1)
・水(適量)

作り方

洗ったしらたきを鍋で軽く下茹でしてザルにあげ、フライパンで乾煎りして細かく切ります。

炊飯器に米、しらたき、鶏がらスープ、水、麺つゆ、食べやすい大きさにカットした筍を入れ、炊飯して完成です。

ポイントやコツ

筍ご飯を食べたいけれど白米の糖質量が気になる、というときは、しらたきを刻んでいれるとかさ増しになります。

まとめ

たけのこダイエットは食事でたけのこを摂取するダイエット方法。

食べ応えがあるので、よく噛んで食べることでダイエット効果を高めることができますよ。

たけのこには食物繊維やシュウ酸が含まれているので、食べ過ぎないように注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました