舞茸ダイエットのやり方と効果やおすすめのレシピ!

舞茸ダイエット痩せるやり方と口コミも!

舞茸ダイエットのやり方や効果、口コミ、レシピをまとめています。

歯触りがよく、美味しいダシが出る舞茸を使った料理を食べてダイエットができるなら、美味しく無理なく痩せられそうですよね。

そこで今回は舞茸ダイエットについて詳しく調べてみました。

舞茸ダイエットで痩せる理由や、ダイエットにおすすめのレシピなどをご紹介します。

スポンサーリンク

舞茸ダイエットとは?


舞茸ダイエットは舞茸を食べるダイエット方法になります。

食事を舞茸のみにする置き換えダイエットではなく、食事の中で舞茸を食べればよいので、無理なくダイエットを行うことができます。

きのこは全般的にカロリーや糖質が低いイメージがありますが、舞茸はどうなのでしょう?

舞茸のカロリーや糖質を調べてみました。

舞茸のカロリーや糖質は?

舞茸100gあたりのカロリーは22㎉、糖質は0.5gになります。

参考資料:食品成分データベース(https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=8_08028_7

舞茸ダイエットの効果!なぜ痩せられるのか?


舞茸はカロリーや糖質が低いので、舞茸をダイエットに利用することでお腹を満たしながらも、食事の摂取カロリーや糖質を抑えることができます。

これだけでもダイエット効果がありますが、舞茸がダイエット向きの食材と言われている主な理由は、舞茸に含まれる栄養成分に様々な効果があるからです。

そこでここでは、舞茸に含まれる栄養成分のダイエット効果について解説します。

食物繊維

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、舞茸には不溶性食物繊維が多く含まれています。

不溶性食物繊維は水に溶けない性質で、胃で消化されずに腸まで届くため、便のかさを増してお通じの改善に効果が期待できます。

また、食物繊維には食後の血糖値を緩やかにする働きもあります。

食後に急激に血糖値が上がると、大量のインスリンが分泌されて糖を処理しますが、インスリンには余った糖を脂肪として蓄える作用もあります。

しかし、食物繊維によって血糖値の上昇を抑えることで、余分なインスリンの分泌を防ぎ、食べた物が脂肪になりにくくなります。

βグルカン

βグルカンはキノコや大麦、酵母などに多く含まれる多糖類(※)の一種で、食物繊維に似た働きを行います。

βグルカンには血中の悪玉コレステロールを下げる働きがあると言われており、この働きによって血液の流れの促進が期待できます。

血液の流れが悪くなると細胞に必要な酸素や栄養が行き届きにくくなり、代謝が下がって太りやすくなってしまいます。

(※)舞茸にのみ含まれるMXフラクションはβグルカンの一種です。

キノコキトサン

キノコキトサンは、エノキダケに特に多く含まれると言われているキノコ特有の成分。

舞茸にも含まれており、血中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあると言われています。

ビタミンB2

舞茸にはきのこ類の中で最も多くのビタミンB2が含まれています。

ビタミンB2には脂質の代謝を促進する働きがあることから、ダイエット中は意識をして摂取したい成分の一つと言えます。

カリウム

カリウムには体内の余分な塩分を水分と一緒に排出する働きがあります。

水分が多いとむくみの原因となるので、カリウムが多く含まれる舞茸を摂取することで、むくみの予防や改善効果が期待できます。

健康長寿ネット・食物繊維の働きと1日の摂取量
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/shokumotsu-seni.html
e-ヘルスネット食物繊維の必要性と健康
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-001.html
健康長寿ネット・カリウムの働きと1日の摂取量
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/vitamin-a.html
脂質異常症や動脈硬化に予防に効果(キノコキトサン)
https://www.nodai.ac.jp/hojin/journal/images/j_1405/h3.pdf
βグルカンについて提案されている血液中のLDLコレステロール値の低下メカニズム
https://www.koyojapan.jp/pdf/TOPIX_347.pdf
ヒトの免疫細胞および癌細胞に対するβグルカンの効果
https://jhoonline.biomedcentral.com/articles/10.1186/1756-8722-2-25

舞茸ダイエットのやり方


舞茸ダイエットは食事で舞茸を食べるダイエット方法になります。

食事で舞茸を食べるだけなので、誰でも簡単に行うことができますよね。

基本のやり方やおすすめのやり方などを詳しくご紹介していきましょう。

基本のやり方

食事で舞茸を使った料理を食べて行います。

ご飯に置き換えたり、おかずに置き換えたりする必要はないので、舞茸はどのように食べてもOKです。

舞茸をご飯に混ぜて炊きこみご飯として食べてもOKですよ。

おすすめのやり方

低カロリー低糖質の舞茸を食事の最初に食べることで、ある程度お腹を満たして、食事の量を無理なく減らしてみましょう。

また、舞茸に含まれるビタミンB2は水溶性なので、汁物にして食べるとしっかりと栄養を摂取することができます。

食べる時間やタイミングはいつがベスト?(朝・昼・夜?)

食べる時間やタイミングは特に決まってはいませんが、1日の中で夕食の摂取カロリーを抑えることがダイエット成功の一つのポイントと言えます。

夕食に舞茸を取り入れて、摂取カロリーを抑えるように意識してみましょう。

食べる量の目安は?

1日あたり30~50g程度の舞茸を食べて下さい。




夜寝る前や間食やおやつに「舞茸」を食べても大丈夫?

寝る前や間食に舞茸を食べても、カロリーや糖質が極端に増える心配はありません。

ただし、舞茸には食物繊が豊富に含まれているため、寝る前に食べてしまうと胃や腸の負担になることがあり、あまりおすすめできません。

舞茸ダイエットの注意点!


舞茸ダイエットは、食事で舞茸を食べるだけで手軽に行えますが、間違った方法で行うとダイエット効果が得られないだけではなく体調不良の原因になることがあります。

舞茸ダイエットの注意点をご紹介します。

食べ過ぎない

舞茸には食物繊維が多く含まれているので、食べ過ぎてしまうと食物繊維の摂り過ぎになってしまい、下痢や腹痛、便秘などを起こす恐れがあります。

舞茸のみを食べない

ダイエット効果を高めるために食事を舞茸のみにするのは止めましょう。

体に必要な栄養が補えず、体調不良などを起こすことがあります。

調理方法に注意

「舞茸と言えば天ぷら!」という人は多いと思いますが、揚げ物は摂取カロリーが高いのでダイエット中は控えた方がよいでしょう。

また、油で炒めるよりも蒸す・茹でる・煮ると言った調理の方が摂取カロリーを抑えることができますよ。

舞茸ダイエットの口コミや体験談


舞茸ダイエットのやり方や効果についてはわかったものの、舞茸を食べるだけで本当に痩せられるのか半信半疑ではないでしょうか。

そこでここでは、実際に舞茸ダイエットを行った方の口コミや体験談を集めてみました。

痩せた人の口コミ

「舞茸ダイエットを始めて一週間で1.2㎏痩せましたよ。舞茸以外の食事が摂れるので特に無理なく続けられます。」

「舞茸ダイエットをして2ヵ月で3㎏痩せました。すぐに体重は落ちませんが、毎日舞茸入りの味噌汁を飲んでいただけで痩せたのでおすすめです。」

効果がない・痩せなかった人の口コミ

「舞茸ダイエットを始めてからお通じが快調どころか、常にゴロゴロと痛くてトイレに駆け込むようになってしまったので、私の体質には合わなかったのかなと思います。」

舞茸ダイエットおすすめのレシピ3選

舞茸ダイエットでは毎日舞茸を食べますが、同じレシピだと飽きてしまいますよね。

ダイエットを楽しく続けるには、食べ飽きしない舞茸レシピを知ることが不可欠です。

ここでは、舞茸ダイエットにおすすめのレシピをご紹介します。

レンチンのみ!鯖缶とキノコのおろしポン酢

材料(2人分)

・鯖缶の水煮(1缶)
・舞茸(半分)
・ポン酢、ねぎ、大根おろし(お好みで)

作り方

耐熱皿に鯖缶と舞茸を入れて電子レンジ500wで2分加熱し、一度取り出して混ぜた後、再びレンジで加熱してぐつぐつしたら完成です。

ポイントやコツ

たんぱく質豊富な鯖缶を使った、包丁なし、フライパンなしで作れる簡単メニューです。

痩せそう?!舞茸と納豆と玉ねぎの味噌汁♡

材料

・水(400cc)
・舞茸(1/4パック)
・納豆(1パック)
・玉ねぎ(1/6個)
・和風顆粒だし(小さじ1)
・味噌(大さじ1)
・青ネギ(お好みで)
・えごま油(あると◎)

作り方

鍋に水を入れて加熱し、薄切りにした玉ねぎ、ほぐした舞茸を入れ具材に火が通ったら顆粒だしを入れます。

納豆を入れ、味噌を溶いたら完成です。

ポイントやコツ

えごま油にはダイエット効果が期待できるため、飲む前に少量入れるのがお勧めですよ。

舞茸ダイエット★味付け追加しました♡

材料(1人分)

・舞茸(1/2パック)
・玉ねぎ(1個)
・とろけるチーズ(お好きなだけ)
・醤油(小さじ1)

作り方

食べやすい大きさにカットしたたまねぎを耐熱皿に入れ、ラップをして電子レンジ500wで5分加熱します。

玉ねぎの上にチーズ、ちぎった舞茸、チーズを重ねて、再び1分加熱したら醤油をかけて完成です。

ポイントやコツ

舞茸は水洗いせずに使って下さい。

チーズの量はお好みですが、ダイエット中はたくさん摂らないようにしましょう。

まとめ

舞茸ダイエットは毎日の食事で舞茸を食べるだけでOKです。

天ぷらや油をたっぷり使った炒め物はダイエットの妨げになるので、煮たり茹でて汁ごと食べるのがお勧めです。

舞茸を食べ過ぎると腹痛の原因になります。

また、食事を舞茸のみにするのは止めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました