トマトジュースダイエットの効果的なやり方や口コミ!飲むタイミングは?

トマトジュースダイエットの効果的なやり方や口コミ!飲むタイミングは?

トマトジュースダイエットの効果と成功するやり方や飲むタイミング!

とある企業が行った「好きな野菜ランキング」で5年連続1位となったのがトマトです。

トマトは、子どもの時は好き嫌いが分かれますが、大人になるにつれ好きになる人が多い野菜と言われています。

何より、あの真っ赤な見た目にいかにも栄養がたっぷりありそうで、健康的、美容によいというイメージを持っている方も多いのではないかと思います。

とは言え、いくらトマトが好きでも毎日食べるのは少し面倒・・ではないでしょうか。

トマトは皮ごと食べられる野菜ですが、そのまま食べるのは思っている以上に時間も掛かるため、特に忙しい朝には敬遠しがちです。

では、トマトジュースならどうでしょうか。

トマトの栄養や旨味はそのままに、さっと冷蔵庫から取り出してコップに注ぐだけでゴクゴクと飲めてしまいますよね。

そして、そんなトマトジュースを利用したダイエット方法があると聞いたら、いかがでしょうか。

「トマトジュース大好きだし、ダイエットになるならやってみたい!」

こんな声が、あちらこちらから聞こえてきそうです(笑)

そこで今回は、トマトジュースダイエットについて調べてみました。

トマトジュースダイエットやり方や気になる口コミダイエット効果をアップする飲むタイミングなどをご紹介したいと思います。


Sponsored Link


トマトジュースダイエットとは?カロリーは?

tmtjcdt2
トマトジュースダイエットとは、トマトジュースを飲むだけの簡単なダイエット方法です。

テレビ番組で紹介され、一時期はスーパーなどでは品薄状態になるほど話題となったので、覚えているという方も多いのではないかと思います。

トマトジュースは、その名の通りトマトから作られるジュースです。

コップ一杯(180ml)程度で、トマト2個分の栄養が摂れてしまうので、普段から栄養補給の目的で飲んでいるという方もいるのではないでしょうか。

ちなみに、トマトジュースのカロリーは180mlでおよそ30㎉ほど。

とても低カロリーの飲み物と言えるでしょう。

 

夜トマトダイエットの効果とおすすめのやり方や口コミ!

 

トマトジュースダイエットが効果的で痩せると言われる理由

tmtjcdt3
トマトに含まれる主な成分

①13-oxo-ODA

2012年になって発見された成分で、この成分には脂質の異常代謝を改善して中性脂肪を減らす作用があることがわかっています。

②リコピン

トマトに含まれる成分として有名なのがリコピンです。

リコピンには、強い抗酸化作用があると言われており、それは同じ抗酸化物質であるビタミンEの100倍とも言われています。

抗酸化作用によって体内の活性酸素が除去されると、血液の流れがよくなり新陳代謝がアップする効果が期待できます。

③ペクチン

トマトにはペクチンという食物繊維が多く含まれています。

食物繊維には腸内の環境を整え、便通を促進する効果があります。

④カリウム

トマトに含まれるカリウムは、体内の塩分を排出する作用があり、体のむくみを解消する効果が期待できます。

トマトには、ダイエットによいと言われる成分が豊富に含まれています。

でも、「それならトマトジュースじゃなくても、トマトを食べても同じこと」だと思いませんか?

実は、トマトよりもトマトジュースの方がダイエットによいと言われているのは、きちんとした理由があります。

①13-oxo-ODAは、トマトよりもトマトジュースに多く含まれているから。

②リコピンはトマトの赤みの元となる成分で、完熟するほど多く含まれています。

しかし、通常スーパーで売られているトマトは、未熟の状態で収穫し輸送中に赤く色づくように計算されているもの。

そのため、畑で完熟させたトマトを使用しているトマトジュースを飲んだ方が、リコピンの摂取量が多くなると言われています。

このような理由から、トマトジュースはダイエットにより効果的だと言われています。

トマトジュースダイエットのやり方

tmtjcdt4
トマトジュースダイエットでは、1日およそ600mlのトマトジュースを飲むのがよいと言われています。

とは言え、600mlを一度に飲むのは難しいため、200mlに分け、一日3回飲むとよいでしょう。

朝食、昼食、夕食時に飲むと間隔的にもちょうどよいかも知れませんね。

また、食事の前に飲むことでお腹がある程度膨れるため、食事の量を自然に減らせるといったメリットがあるかも知れません。

 

野菜ジュースダイエットの効果的なやり方や口コミ!飲むタイミングは?

ダイエット朝食おすすめメニューやレシピは何がベスト?


Sponsored Link


 

トマトジュースダイエットの注意点とポイント!飲むタイミングは?

tmtjcdt5
トマトジュースを飲むタイミングで最もよいと言われているのが、実は寝る3時間ほど前。

このタイミングでトマトジュースを飲むと、リコピンが睡眠中に活発に分泌される成長ホルモンの働きを活性化させるため、新陳代謝がアップして痩せやすい体になると言われています。

また、トマトジュースはできればトマトを自分で絞って自家製するのがよいですが、多くの方は市販のものを利用することが多いのではないかと思います。

その際は、飲みやすい有塩タイプではなく無塩のものを選ぶようにしましょう。

せっかくトマトジュースでダイエットを行っても、塩分の取りすぎで健康を損ねてしまったら元も子もありませんよね。

なお、トマトジュースを選ぶ時は塩分だけではなく、添加物も確認し、無添加のものを選ぶようにしましょう。

そして、注意点がもう1つ。

トマトジュースを飲む時は、常温で飲むのがお勧めです。

冷たい飲み物は体を冷やし、代謝を悪くします。

トマトジュースもそこは同じなので、冷蔵庫から取り出してすぐに飲まないようにしましょう。

 

酵素ダイエットの効果的なやり方と口コミ!酵素ドリンクは痩せるのか?

フルーツ酵素ダイエットの効果と正しいやり方で綺麗に痩せる!

野菜酵素ダイエットの効果的な方法と口コミ!

 

トマトジュースダイエットの気になる口コミ

tmtjcdt6
トマトジュースを飲むだけのダイエット方法で、本当に痩せることができるのでしょうか?

ここでは、トマトジュースダイエット経験者の声を集めてみました。

・食事の30分前にトマトジュースを飲み、脂肪燃焼のエクササイズを併用して2kg痩せることができました。

・お風呂上がりや小腹が空いた時にトマトジュースを飲んでいたら、二週間ほどで2kgほど痩せました。

・一日3回、効果があると言われた夕食後にトマトジュースを飲んだところ、数ヶ月で8kg減量しました!

 

お風呂ダイエットの効果のあるやり方【小顔・お腹・足】

 

トマトジュースダイエットのおすすめレシピ!

トマトジュースダイエットは、トマトジュースを飲むダイエット方法ですが、トマトジュースを飲み続けて飽きてしまった・・・という場合は、トマトジュースを使ったレシピを用いて飽きを打開してみましょう!

キヌアのトマトリゾットスープ

tmtjcdt7
茹でたキヌアを鍋に入れ、そこにトマトジュースを加えてひと煮立ちさせたら、塩、こしょう、ドライハーブ、オリーブオイルを入れて10分ほど煮込んで完成です。

トマトに含まれるリコピンはオリーブオイルと一緒に摂ると、吸収率がアップします。

参考URL: http://cookpad.com/recipe/3936964

 

キヌアのダイエット効果と栄養やレシピ【カロリーや効能】

チアシードのダイエット効果が話題【食べ方・副作用・レシピ】

オリーブオイルダイエット成功するやり方!飲むタイミングは?

 

梅たこそうめん トマトジュースで万能たれ

tmtjcdt8
トマトジュース、めんつゆ、梅干しの実、ごま油をボールで合わせ、皿に盛ったら、その上に茹でたそうめんとしそ、たこを乗せて完成です。

参考URL: http://cookpad.com/recipe/4047510

 

梅干しダイエット方法の効果と口コミ!気になるカロリーは?

えごま油ダイエットの正しいやり方と効果や口コミ!

 

トマトジュースwithタバスコ

tmtjcdt9
トマトジュースにレモン果汁とタバスコを少量加えるだけで完成です。

タバスコの辛味とレモンの爽やかさで後味サッパリになります。

参考URL: http://cookpad.com/recipe/4134079

 

レモン水ダイエットのやり方と効果のあるレモン水の作り方!

 

トマトジュースダイエットの効果的なやり方や口コミ!飲むタイミングは?のまとめ

トマトジュースは朝食と一緒に飲む、という方が多いようですが、ダイエット効果を高めたいなら寝る前に飲むのがお勧めです。

また、トマトジュースダイエットはしたいけれども、トマトジュースの味がちょっと苦手・・という方は、トマトジュースを使ったリゾットやスープなどを活用することで、苦手意識を克服できるのではないかと思います。

なお、トマトジュースは販売元によって味が違いますので、自分好みのトマトジュースの味を探してみるのも楽しいかも知れません。


Sponsored Link




LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)