麦茶ダイエットの正しいやり方!痩せる効果はあるのか?

麦茶ダイエットの正しいやり方!痩せる効果はあるのか?

麦茶ダイエットで美しく効果的に痩せるには?

夏の時期の定番の飲み物は?と聞かれたら、多くの方が「麦茶」と答えるのではないでしょうか。

飲み口がさっぱりとしていて癖がないことから、万人に好まれる麦茶ですが、もしこの麦茶を飲むだけでダイエット効果があると言われたら、驚きませんか?

毎日飲むのが苦にならない麦茶。

それを飲むだけで痩せられるのなら、是非試してみたい!と思う方も多いと思います。

そこで今回は、麦茶ダイエットについて調べてみました。

本当に痩せる効果があるのか?麦茶ダイエットの正しいやり方などをご紹介しています。


Sponsored Link


麦茶ダイエットとは?麦茶のカロリーは?

mgcdt2
麦茶ダイエットとは、麦茶を毎日1.5ℓ程度摂取するダイエット方法です。

1.5ℓも飲むの!?と思うかも知れませんが、人は一日に2~2.5ℓの水分を排出していると言われており、それと同量の水分を摂取する必要があると言われています。

とは言え、食事などからも水分は摂れるため、実際に飲み物として摂取するのは1.5ℓ程度なので、この分をそのまま麦茶に変えてしまうだけでよいのです。

それに、一度に1.5ℓを摂るわけではなく、朝起きた時や食事時、夜寝る前など、一回につきコップ一杯(200ml)を摂るだけなので、思っているほど難しいものではありません。

しかし、そんなに飲んでカロリーが心配、という方もいらっしゃいますよね。

実は麦茶はとても低カロリーの飲み物で、200mlあたりたったの2㎉しかありません。

つまり、一日1.5ℓ飲んでも、15㎉にしかならないため、摂取カロリーが増えてしまうという心配はまずいりません。

 

ヘルシア緑茶ダイエットの効果と飲むタイミングはいつがベスト?

 

麦茶ダイエットの効果!本当に痩せるのか?

mgcdt3
いつも何気なく飲んでいる方も多い麦茶ですが、実は多くの効果や効能があることがわかっています。

今回はその中でも、ダイエットに有効なものをいくつかご紹介したいと思います。

1.血流を促進し、新陳代謝を活発にする

麦茶に含まれる「ピラジン」という成分には、血流を促進する効果があります。

水分を摂るだけでも血液の水分量が増え、血流がよくなりますが、麦茶にはさらに血流をよくするピラジンが含まれているので、血液によって栄養や酸素が体の隅々にまでしっかりと運ばれ、新陳代謝が活発になり、痩せやすい体になります。

2.むくみ予防

麦茶には、GABA(ギャバ)という天然アミノ酸の一種が含まれています。

このギャバには、血圧を下げる働きの他、腎臓の機能を高める効果もあり、体内に余分に溜まった老廃物や塩分の排出が促進され、むくみの予防や改善に役立ちます。

3.摂取カロリーを抑える

体によい飲み物として、摂取している方も多い野菜ジュースですが、市販されているものは飲みやすくするために以外と糖分が多く入っており、高カロリーなのをご存知でしょうか。

その点、麦茶はコップ一杯あたりたったの2㎉。とても低カロリーの飲み物なのです。

正しい麦茶ダイエットのやり方

mgcdt4
麦茶ダイエットは、麦茶を飲むだけの簡単な方法で行うことができます。

ただし、麦茶そのものには脂肪を分解・燃焼させる効果があるわけではないので、飲んだだけで体重がぐんぐんと落ちる、というダイエット方法ではありません。

そのため、脂肪を燃やして理想の体型を手に入れるためには、同時に栄養バランスのよい食事をすることや、適度な運動を行うことが大切です。


Sponsored Link


また、夏の暑い時期には冷えた麦茶を飲むことで、熱中症対策になりますが、冷たい飲み物を摂り過ぎると体が冷え、ダイエットの効果を妨げる原因にもなります。

このようなことから、麦茶は冷えたものよりも常温、もしくはホットで飲む方が好ましいと言えるでしょう。

 

緑茶カテキンのダイエット効果と痩せ方のコツ!副作用はないの?

 

おいしい麦茶の作り方

mgcdt5
麦茶は、ペットボトル入りのものが市販で売られていますが、自宅でも簡単に作ることができます。

そこでここでは、簡単にできる麦茶の作り方をご紹介します。

1.麦茶パックを使用します。麦茶パックには、「煮出し用」と「水出し用」があり、冷たく飲む場合は水出し用の方が簡単ですが、煮出した方が美味しいので煮出し用を購入します。

2.やかんに水を入れ、沸騰させます。

3.そこに麦茶パックを入れ、5分待ちます。

4.5分経ったらパックを取り出します。

5.麦茶ができたら、水を張った桶などにやかんごと浸け、冷やします。

麦茶が冷えたら保存容器に移し、冷蔵庫で保管します。

温かい物が飲みたい時は、鍋などに入れて沸かすか、電子レンジで加熱しましょう。

 

緑茶ダイエットの効果と成功するやり方や口コミ!

 

麦茶ダイエットの注意点!飲みすぎても大丈夫?

mgcdt6
麦茶ダイエットにおける一日の適量は、1.5ℓとされています。

勿論、夏場で汗を大量にかいた時などは、もう少し量を多めに飲んでも構わないのですが、飲み過ぎは体調を崩すこともあるため注意が必要です。

麦茶は冷たいものを飲む方が多いですが、冷たい飲み物を過剰に摂取すると胃腸が冷え、消化不良の原因となります。

また、麦茶には本来血流をよくする働きがあるものの、体が冷えてしまうと逆に血流も悪くなることから、いくらダイエットによいからといって飲み過ぎないようにして下さい。

 

ごぼう茶ダイエットの効果と成功するやり方や口コミ!

 

麦茶の効能・効果

mgcdt7
ダイエット以外にも、麦茶には様々な効果・効能がありますので、ご紹介したいと思います。

胃を守る

麦茶には胃の粘膜を守る働きがあり、ストレスなどが原因で発症する胃潰瘍を予防する効果があると言われています。

虫歯予防

虫歯の原因となるミュータンス菌の増殖を防ぐ働きにより、虫歯予防に効果があると言われています。

抗酸化作用

老化の原因の一つと言われている活性酸素は、加齢と共に体内で増加し、肌のハリやキメを失う、血管がもろくなるなどの症状を引き起こしますが、麦茶にはこの活性酸素を除去する働きをする抗酸化作用がある「Pクマル酸」が含まれています。

ガン予防

麦茶に含まれている「Pクマル酸」は抗酸化作用の他、発ガン物質の発生を防ぐ効果もあることから、ガン予防にも有効と言われています。

ノンカフェインである

カフェインは、体内で有効に働くこともある成分ですが、一方で乳幼児や妊婦、授乳中の方、高齢者などは摂取を控えた方がよいと言われています。

麦茶はノンカフェインの飲み物のため、どなたでも気軽に摂取することができ、ミネラルを始めとした成分を補給することができます。

麦茶ダイエットの正しいやり方!痩せる効果はあるのか?のまとめ

何気なく飲んでいた麦茶ですが、実はとても効果・効能の高い飲み物だということがわかりました。

これからは、「何となく」飲むのでなく、今回ご紹介した効果や効能を意識しながら、積極的に麦茶を飲んでみましょう。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)