レンコンダイエットのやり方と効果やおすすめのレシピ!

レンコンダイエット痩せるやり方と口コミも!

レンコンダイエットのやり方や効果、口コミ、レシピをまとめています。

レンコンがダイエットに向いているという話はあまり聞かないですよね。

しかし、レンコンを上手く活用するとダイエット食材として使えることが分かりましたよ。

そこで今回は、レンコンダイエットについて詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

レンコンダイエットとは?


穴があるレンコンは、「先が見通せる」として縁起の良い食材。

おせち料理でもよく見かけますよね。

レンコンダイエットは、そんなレンコンを食べるだけのダイエット方法になります。

とは言え、食べるのはおせちくらいだから、レンコンについてよく知らないという方が多いでしょう。

特にダイエットではカロリーや糖質が気になるもの。

レンコンのカロリーや糖質を調べてみました。

レンコンのカロリーや糖質は?

レンコンのカロリーは100gあたり66㎉、糖質は14.2gです。

参考資料:文部科学省・食品成分データベース
https://fooddb.mext.go.jp/result/result_top.pl?USER_ID=14666

レンコンダイエットの効果!なぜ痩せられるのか?


レンコンのカロリーと糖質は、野菜の中では高めと言えます。

それなら「レンコン以外の野菜を食べた方がダイエットによいのでは?」と思いますよね。

どうしてレンコンを食べるとダイエットになるのか、その理由をご紹介します。

食べ応えがある

レンコンには食物繊維が多く含まれています。

中でも不溶性食物繊維が多く、レンコン特有の食感の元となっていますよ。

レンコンは固いのでよく噛んで食べる必要がありますよね。

必然的に噛む回数が増えるので、早食いを防ぐことができます。

腸内環境を整える

食物繊維には腸内環境を整える働きもあり、お通じの改善に効果が期待できます。

レンコンには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれているので、便を柔らかくする効果のある水溶性食物繊維と、便のかさを増す不溶性食物繊維の両方の効果が期待できますよ。

血中のコレステロールや血糖値の上昇を防ぐ

食物繊維には血中のコレステロールを下げたり、中性脂肪を減らす働きがあります。

また、食物繊維には食後の血糖値の上昇を防ぐ効果もあります。

血糖値が上昇するとインスリンの分泌が増え、食べた物が脂肪として蓄えられやすくなるため、血糖値の上昇を抑えることはダイエットに役立ちます。

むくみの予防や改善

レンコンに含まれているカリウムには、体内の余分な塩分を水分と一緒に排出する働きがあります。

この作用により、むくみの予防や改善に効果が期待できます。

健康長寿ネット・カリウムの働きと1日の摂取量
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/vitamin-a.html
厚生労働省・ビタミンと食物繊維
https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/minna_navi/topics/topics3_04.html
健康長寿ネット・食物繊維の働きと1日の摂取量
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/shokumotsu-seni.html
e-ヘルスネット食物繊維の必要性と健康
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-001.html

レンコンダイエットのやり方


レンコンダイエットはレンコンを食べるダイエット方法になります。

レンコンのみを食べるやり方ではないので、空腹によるストレスがなく、始めやすいダイエット方法と言えるでしょう。

基本のやり方

食事にレンコンを使った料理を取り入れて行います。

おすすめのやり方

食事の前にレンコンを食べ、少し落ち着いてから食事を食べるようにすると、レンコンである程度お腹が満たされるので、食事の量を自然に減らすことができます。

食べる時間やタイミングはいつがベスト?(朝・昼・夜?)

レンコンは他の野菜と比べてカロリーと糖質が多めなので、朝食もしくは昼食に食べるのがよいでしょう。

日中はカロリー消費されやすく、ダイエットの妨げになりにくくなりますよ。

食べる量の目安は?

レンコンを食べ過ぎてしまうと摂取カロリーや糖質が多くなってしまうので、1日の目安は30~50gがよいでしょう。

夜寝る前や間食やおやつに「レンコン」を食べても大丈夫?

間食やおやつであれば問題はありませんが、夜寝る前はカロリーが気になりますし、食物繊維が多いレンコンは胃や腸に負担になりやすくなるのでお勧めできません。

レンコンダイエットの注意点!


レンコンダイエットはレンコンを食べるだけの簡単なダイエット方法です。




しかし、やり方を間違えてしまうとダイエットの効果を妨げてしまうことも。

レンコンダイエットの注意点をまとめてみました。

食べ過ぎはNG

レンコンは他の野菜に比べてカロリーや糖質が多いので、食べ過ぎてしまうと摂取カロリーや糖質が増えてしまいます。適量を食べるようにしましょう。

お腹を壊すことも

レンコンに含まれる食物繊維は適量であればお腹の調子を整えてくれますが、食べ過ぎてしまうと下痢や腹痛、便秘の原因になります。

さきほど摂取量は30~50gとしましたが、個人差によってはこれ以下でもお腹を壊すこともあるので、まずは少量から食べ始めるようにして下さい。

濃い味付けや揚げ物は避ける

きんぴられんこんや天ぷらなどは、調理料や油のカロリーが多くなりやすいので、ダイエット中は避けた方がよいでしょう。

レンコンダイエットの口コミや体験談


レンコンダイエットで成功した人、失敗した人はいるのでしょうか。

レンコンダイエットの口コミや体験談をご紹介します。

痩せた人の口コミ

「以前、白米の代わりにレンコンを食べるダイエットをしていて痩せました。レンコンが高くてお金はかかりましたけど・・。」

効果がない・痩せなかった人の口コミ

「元々レンコンが好きで、毎日のように食べていました。体重はプラス3㎏でしたよ。レンコン以外の食材が原因かも知れませんが、私は痩せませんでした。」

レンコンダイエットおすすめのレシピ3選

レンコンダイエットの成功は、カロリーを抑えたレンコンの調理方法にあります。

そこでここでは、レンコンダイエットにおすすめのレシピをご紹介します。

ダイエット レンコンチップス

材料(1人分)

・レンコン(約50g)
・塩(少々)
・あおのり(少々)

作り方

皮を剥いてスライサーでスライスしたレンコンを酢水に浸し(分量外)、10分ほど置きます。

水で洗ってキッチンペーパーで拭き、電子レンジで600w3分~加熱します。

お皿に盛って塩とあおのりを振って完成です。

ポイントやコツ

油で揚げないのでヘルシーです。

お好みで塩の味を変えてみましょう。

レンコンのもずく酢炒め

材料

・レンコン(100g)
・ごま油(小さじ2)
・葱(3cm)
・生姜(チューブでも可)
・もずく酢(1パック)
・片栗粉(少々)

作り方

ごま油と葱、生姜をフライパンに入れて炒めたら、薄い半月切りにしたレンコンを加えさらによく炒めます。

もずく酢に片栗粉を入れて混ぜ、フライパンに入れてとろみが出るまで炒めたら完成です。

ポイントやコツ

もずく酢には高血圧予防効果が期待できるフコイダンやアルギン酸、塩分排出作用に優れたカリウムが含まれています。

味付けがもずく酢でできるので、調味料を計らずに簡単に調理ができます。

ごろごろれんこんの梅スープ

材料(4人分)

・れんこん1節(直径8cm長さ10cm)
・水(800cc)
・鶏ガラ顆粒(小さじ4)
・ごま油(大さじ1)
・唐辛子輪切り(ひとつまみ)
・にんにくすりおろし(1片分)
・長ねぎ(少々)
・梅干し(大1個)

作り方

鍋にごま油を熱し、にんにく、唐辛子を炒め、一口大にカットして乱切りにしたれんこんを加えてさらに炒めます。

水、鶏がら顆粒を加えて煮て、さらに酒も加えます。

れんこんい火が通ったら種をとって軽く叩いた梅干しを加えます。

器に盛り、小口切りにした長ねぎを添えて完成です。

ポイントやコツ

ごろごろとしたれんこんの食感と、梅のさっぱり味が良いアクセントになったスープです。

まとめ

レンコンダイエットはレンコンを食べるだけで行えますが、レンコンのカロリーや糖質は他の野菜と比べて低いわけではないので、食べ過ぎには注意が必要になります。

また、レンコンを食べ過ぎると腹痛などの原因になることがあるので、ダイエットを始める時は少量から様子を見て下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました