ご飯ダイエットのやり方と効果やおすすめのレシピ!

ご飯ダイエット痩せるやり方と口コミも!

ご飯ダイエットのやり方と効果、口コミやレシピが気になるという方が増えています。

糖質制限ダイエットが大流行し、一時期はダイエットの天敵と言われていたご飯。

ですが最近は、ご飯を食べて痩せるダイエット方法が見直されてきています。

糖質制限ダイエットがつらかったという方にとって、ご飯を食べて痩せられるのは嬉しいですが、本当にダイエット効果があるのでしょうか。

そこで今回はご飯ダイエットについて詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

ご飯ダイエットとは?


ご飯ダイエットとは、そのままズバリご飯を食べるダイエット方法になります。

ご飯を食べると太るというイメージが強い方にとって、ご飯ダイエットは「本当に効果があるのか」不安になるダイエット方法ですよね。

具体的なご飯ダイエットのやり方や効果をご紹介する前に、まずはご飯のカロリーや糖質を調べてみました。

ご飯のカロリーや糖質は?

ご飯100gあたりのカロリーは156㎉で、糖質は35.6gになります。

白米は玄米に比べてカロリーや糖質が多いイメージがありませんか?

実は玄米の100gあたりのカロリーは152㎉、糖質は35.1gとなっており、白米とあまり変わりません。

参考資料:文部科学省・食品成分データベース・穀類/こめ/水稲めし
https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=1_01088_7

ご飯ダイエットの効果!なぜ痩せられるのか?


ご飯は糖質量が多く、ダイエットに不向きなイメージがありますよね。

ダイエット効果があると言われても、疑問に感じてしまう方も少なくないでしょう。

そこでここでは、ご飯ダイエットの効果や痩せられる理由をまとめてみました。

噛み応えがある

ご飯はパンや麺類など他の主食と比べて、噛む回数が多い食材になります。

噛む回数が多いと少量で満腹感を得られやすいため、食べ過ぎを防ぐことができます。

一方でよく噛まなくても飲み込めるパンや麺類は、咀嚼回数が少なく、たくさん食べないと満腹感が得られにくいと言われています。

腹持ちが良い

ご飯はパンや麺類に比べて腹持ちが良いので、食事の後の間食を防ぐことができます。

ダイエットを行う時は1回の食事のカロリーではなく、1日全体を通して摂取カロリーを知ることが大切です。

ご飯の方がパンや麺類よりもカロリーが高くても、その後に間食をしなければ総摂取カロリーは押さえることができますよね。

心身の健康を維持する

厚生労働省では、1食のうち炭水化物の摂取量の割合を50~65%程度にすることを推奨しています。

炭水化物は脳や体のエネルギーとなる成分で、不足するとぼーっとしたり、判断力が鈍ったり、疲れやすくなってしまいます。

適度の炭水化物を摂取することで心身の健康が維持され、エネルギーの消費活動がスムーズになります。

参考資料:
食品成分データベース(https://fooddb.mext.go.jp/
健康長寿ネット・炭水化物の働きと1日の摂取量
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/tansuikabutsu.html

ご飯ダイエットのやり方


ご飯ダイエットは毎日ご飯を食べるダイエット方法になります。

また、食事はご飯のみの置き換えダイエットではないので、ストレスのないダイエット方法になります。

基本のやり方

毎日の食事の主食をご飯にします。

パンや麺類は食べません。

おすすめのやり方

ご飯6に対しておかず4となる割合がよいでしょう。

味噌汁は必ずつけるようにして、ご飯、味噌汁、おかずの三角食べがおすすめです。

また、白米を雑穀米や玄米に変えると噛む回数がさらに増え、ダイエット効果を高めてくれます。

食べる時間やタイミングはいつがベスト?(朝・昼・夜?)

ご飯ダイエットは主食をご飯にするので、毎日、毎食食べましょう。

食べる量の目安は?

1回の食事でご飯を150~300g食べるのがよいでしょう。

夜寝る前や間食やおやつに「ご飯」を食べても大丈夫?

夜寝る前や間食、おやつにご飯を食べてしまうと摂取カロリーが増えてしまうのでNGです。

ご飯は食事の時間のみ摂取して下さい。

ご飯ダイエットの注意点!


ご飯ダイエットはご飯を食べるだけの簡単なダイエット方法です。

誰でも行うことができますが、ダイエットをする場合には注意も必要です。

そこでここでは、ご飯ダイエットの注意点をまとめてみました。

よく噛んで食べる

ご飯自体に「痩せやすい成分」が入っているわけではなく、パンや麺類に比べてよく噛んで食べることがダイエットに繋がります。

そのため、早食いをしてしまうとダイエット効果は得られなくなってしまいます。

ご飯を食べる時はよく噛むことを心がけて下さい。

早食いを防いでよく噛む習慣を身に付けるには、口にご飯を入れた後、箸をテーブルに置くと噛むことに集中できますよ。




食べ過ぎない

ご飯はカロリーや糖質が高めなので、食べ過ぎてしまうと当然ながら摂取カロリーや糖質量が増えて太りやすくなってしまいます。

ご飯ダイエットの口コミや体験談


ご飯は食べ方を意識すればダイエット向きの食材ということが分かりましたが、本当にダイエット効果があるのかまだ疑問ですよね。

そこでここでは、ご飯ダイエットで痩せた人・痩せなかった人の口コミを集めてみました。

痩せた人の口コミ

「パンが好きでご飯をほとんど食べていませんでしたが、太ってしまいダイエットのために運動をしてもあまり効果がありませんでした。そこでパンをやめ、ご飯にしたところ、肌の調子が良くなり、便秘が解消して体重がすぐに1㎏落ちました。そのままご飯ダイエットを続けて1年で10㎏の減量に成功しましたよ。」

「白米に雑穀や玄米を混ぜて食べています。食べ応えがあるし、ダイエット効果もあります。」

効果がない・痩せなかった人の口コミ

「白米・・。美味しくてつい食べ過ぎてしまう。ダイエットになりません。」

「白米を食べるダイエット始めましたが、それだけでは痩せませんね。おかずに気を使ったり、運動をしようと思っています。」

ご飯ダイエットおすすめのレシピ3選

ご飯ダイエットでは白米を食べますが、白米はカロリーや糖質が高めなのでダイエット効果が現れるまでは時間がかかります。

そこで、白米にプラスすることで摂取カロリーや糖質を抑えつつ、食べ応えがアップするレシピを探してみました。

白米のみのご飯はちょっと・・という方は、ぜひ参考になさってみて下さいね。

乾燥カリフラワーでカリフラワーライス

材料(1号分)

・米(130g)
・乾燥カリフラワー(10g)
・水(適量)

作り方

米を研いで炊飯器に入れ、乾燥カリフラワーと1合分の水も入れます。

炊飯スイッチを押して完成です。

ポイントやコツ

カリフラワーは白米に比べてカロリーや糖質が少ないので、ご飯に混ぜて食べることでカロリーや糖質を抑えることができます。

カリフラワーの量によって味や食感などが変わるので、自分好みの分量を探してみましょう。

ダイエットご飯 糸コンde

材料

・糸こんにゃく(1袋)
・米(2合)

作り方

アク抜きをした糸こんにゃくを細かく切ります(フードプロセッサーでもOK)。

洗ったお米を炊飯器に入れて水を2合の目盛まで入れたら、糸こんにゃくを入れて炊飯して完成です。

ポイントやコツ

こんにゃくが長いと食べにくくなってしまうので、ご飯粒と同程度までしっかりと細かく刻みましょう。

雑穀米 舞茸ご飯

材料

・白米(3合)
・雑穀(2袋)
・舞茸(1袋)
・水(分量)

作り方

白米を研ぎ、雑穀と合わせて炊飯器に入れ、目盛通りの水を入れます。

細かく刻んだ舞茸を入れ、30分くらい置いた後炊飯器で炊飯して完成です。

ポイントやコツ

舞茸にはカロリーが低く、食物繊維が豊富に含まれているのでダイエットに向いています。

また、風味がアップしてご飯がさらに美味しくいただけます。

まとめ

ご飯ダイエットは毎食の主食をご飯にするダイエット方法になります。

1食は150~300gにして、よく噛んで食べ、おかずとの割合をご飯6:おかず4にするのが、ダイエット成功の秘訣です。

ご飯はダイエットの天敵というイメージがまだまだ根強いですが、ご飯ダイエットは心身ともに健康を維持しながらできるダイエット方法になりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました