足の付け根を細くする太もも痩せのやり方とポイント!

太ももを細くしたい、特に足の付け根の部分を細くしたい時、どうしたらいいのか悩みますよね。

足の付け根に脂肪があると、ラインの綺麗なパンツをはいても形が崩れたり、ミニスカートやショートパンツがはきこなせなかったりします。

そこで今回は、足の付け根を細くする太もも痩せのやり方をご紹介します。

スポンサーリンク

足の付け根を細くする太もも痩せのやり方!

内もも付け根痩せ!寝ながら太もも痩せる!脚やせストレッチ方法

7分の動画内で、内もも付け根痩せに効くトレーニングが7種類紹介されています。

それぞれ30秒ずつのトレーニングですが、トレーニングに入る前に30秒ほどやり方の説明がされるため、落ち着いてトレーニングを行うことができます。

ポイント

太もも痩せをしたい女性の多くが、太ももに隙間を作ることを目的にしていますが、このトレーニングは内ももの付け根に効くため、内ももを引き締めることで太ももに隙間を作ることができます。

この足の付け根を細くする太もも痩せのやり方の効果やメリットとデメリット

メリット

どのトレーニングも寝ながら行うことができるので、夜、寝る前に布団やベッドの上で行うことができます。

デメリット

股関節を開く動作が多いため、股関節が硬い方はポキポキと鳴って痛くなるかも知れません。

股関節が鳴る人は、こちらの動画を参考にしてみて下さい。

この足の付け根を細くする太もも痩せのやり方の口コミ・評判

良い口コミ

・始めて2週間経ちますが、かなり太ももが細くなりました。以前の太ももと見比べると恐ろしいくらい脂肪がついていたんだとびっくりします・・。
・ぴちぴちだったジーパンがスッとはけて、太ももに隙間ができました!

悪い(意見のある)口コミ

・一週間で飽きて止めてしまいましたが、コメント欄見ると効果あったって言う人が多いですよね。もう一度頑張って見ます。

【太もも付根痩せ】秘技○○ができると劇的に細くなる【ツラくない】

11分30秒ほどのやや長めの動画となっていますが、太ももの付け根に脂肪がついてしまう原因と、その対処法について詳しく説明をしているので、どうしてこのトレーニングを行うのか、それによってどのような効果があるのかが明確にわかりやすくなっています。

ポイント

太ももの付け根の脂肪を減らすためには、股関節の動きと恥骨の皮膚の張りつきを改善するだけ。

その部分を意識してトレーニングを行うことが大切です。

この足の付け根を細くする太もも痩せのやり方の効果やメリットとデメリット

メリット

太ももの付け根の脂肪を減らしたいと思っても、つらいトレーニングやエクササイズは続かないという方は多いですよね。

こちらの動画のやり方は、つらいことは一切ないので誰でも気軽に続けることができます。

デメリット

動きが難しい部分があり、慣れるまで少し大変かも知れません。

この足の付け根を細くする太もも痩せのやり方の口コミ・評判

良い口コミ

・股関節が詰まって動きが悪いことを、この動画のやり方を行ってみて感じました。これからしばらく続けてみようと思います。

悪い(意見のある)口コミ

・動きが難しくてよくわかりません・・。

【6分集中】内ももに隙間を作る!足の付け根を引き締める簡単ストレッチ&筋トレ

7分の動画ですが、タイトルにもあるように実際にストレッチや筋トレを行っているのは6分となっています。

様々なトレーニングやストレッチをそれぞれ30秒ずつ行いますが、トレーニングをしながら意識するポイントを教えてくれるので、初めて行う場合でも難しくありません。

ポイント

この動画は内ももの筋トレとストレッチに特化したものとなっています。

とにかく内ももの脂肪を減らしたい、太ももに隙間を作りたいという方にお勧めです。

この足の付け根を細くする太もも痩せのやり方の効果やメリットとデメリット

メリット

太もも痩せの動画は数多くありますが、こちらの動画では「頑張って下さい」ではなく「一緒に頑張りましょう」という声かけが多々あり、なかなかトレーニングが続かないという方も励まされて頑張れるという口コミが多くあります。




デメリット

内ももにかなりの負荷がかかるため、終わった後は足がガクガクするほどキツイ内容となっています。

トレーニング初心者の方や、運動不足の場合は、無理をせず少しずつ体を慣らしていくようにしましょう。

この足の付け根を細くする太もも痩せのやり方の口コミ・評判

良い口コミ

・3週間続けて、太ももに隙間ができてきました!
・6分って長いと最初は思ったのですが、実際にやってみたらすごく短いです。

悪い(意見のある)口コミ

・トレーニングの種類によっては、内ももではなく外ももに効いてしまうのがある。きちんと内ももに効かせるように行うのが難しいです。

太ももの付け根が痩せない原因は?

筋肉の衰え(特に内転筋)

内転筋とは、太ももの内側にある筋肉です。

太ももの前側にある筋肉は日常生活の動作などで鍛えることはできますが、内転筋は意識をしなければほとんど使われることがない筋肉のため、筋肉が衰えて脂肪がつきやすくなってしまいます。

骨盤の歪み

長時間のデスクワークや、足を組む癖があると、骨盤が歪んでしまい、骨盤内の内臓の血液循環が悪くなってしまいます。

血液の流れが悪くなると代謝が落ちて太りやすくなります。

また、骨盤が歪んだ状態が続くと、太ももの外側や内側に脂肪がつきやすくなってしまいます。

太ももが太くなる原因は?

むくみ

むくみは全身で起こりますが、特に注意したいのが下半身です。

下半身を流れる血液やリンパ液は、重力に逆らうように心臓へと戻る必要があるため、流れが滞りやすく、むくみが起きやすいと言われています。

足がむくむと見た目が太く見えるだけではなく、老廃物と脂肪が結び付いて、脂肪よりも減らしにくいセルライトを作ってしまいます。

筋力低下

女性は男性に比べて筋力が少ないため、下半身の血液やリンパ液を押し流すポンプ役を担う筋肉が少ないため、むくみが起こりやすいと言われています。

また、筋力が少ないと脂肪や皮膚がたるんで見た目が太く見えやすくなります。

体脂肪過多

脂肪のつき過ぎは、太ももが太くなってしまう一番の原因になります。

食べ過ぎによって摂取カロリーが多くなると、エネルギーに変換されなかった分は体脂肪として蓄積されてしまいます。

太ももが太くならないようにするためには?

有酸素運動は脂肪燃焼に効果的

ジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動は、脂肪燃焼を促進してくれるためダイエットによいと言われています。

筋トレで筋力アップ

筋トレをすると太ももがムキムキになってしまうのでは?と心配になりますが、一般的なトレーニングでそこまで筋肉がつくことはありません。

特に太ももの内側は意識してトレーニングをしないと、脂肪がつきやすいため、内転筋を鍛えるトレーニングを行いましょう。

栄養バランスのよい食事を心がける

いくら運動を頑張っても、カロリーを摂りすぎる食事をしていては意味がありません。

過度な食事制限の必要はありませんが、栄養バランスを考え、脂肪になりやすい糖質や脂質の摂り過ぎに注意しましょう。

ストレッチやマッサージを習慣にする

太ももは血液やリンパ液の滞りやすい部位のため、ストレッチやマッサージをして筋肉の凝りを解したり、リンパ液の流れを促しておくことが大切です。

また、脂肪は硬くなっていると減りにくいですが、マッサージでやわらかくすることで、分解されて燃えやすくなると言われています。

まとめ

太ももの付け根の脂肪が気になっている方は多いと思いますが、太もも痩せの方法を検索しても、ピンポイントに効果がありそうな動画を見つけることができなかったりしますよね。

今回ご紹介した動画は、太ももの付け根痩せを狙ったものになっているので、ぜひ参考になさってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました