セブンデイズカラーダイエットで美しく痩せるには?その効果!

セブンデイズカラーダイエットのやり方と効果!

自分に合うダイエット方法を見つけるのは、なかなか至難の業と言えます。

このような悩みを抱えている方にご紹介したいのが、セブンデイズカラーダイエットです。

これまでの“〇〇を食べよう”系ダイエットは、取扱いが単一食材であったり、一定の期間それだけを食べる方法だったため、長続きしなかったり栄養が偏ったりしてしまいがちでしたが、このセブンデイズカラーダイエットならその心配はありません。

では、セブンデイズカラーダイエットは、どのようなやり方で行うダイエット方法なのでしょうか。

スポンサーリンク

セブンデイズカラーダイエットとは?


セブンデイズカラーダイエットは、簡単に言うと一週間の食事を色ごとに分けて行うダイエット方法になります。

月曜は「白」火曜は「赤」水曜は「緑」木曜は「オレンジ」金曜は「黄」土曜は「紫」そして日曜は「レインボー」と、あらかじめその日に食べる食材の色が指定されています。

ちなみに、日曜のレインボーは何色の食材を食べてもよい日となっており、セブンデイズカラーダイエットは別名レインボーダイエットとも呼ばれています。

海外セレブが取り入れていたことで認知度が上がり、日本でも数多くの方がチャレンジしています。

セブンデイズカラーダイエットの効果


これまでのダイエット方法は、カロリーを減らすためにカロリーの少ないものを中心に摂取するか、ダイエット効果の高い食材をたくさん食べるというものが大半でしたが、それだとどうしても摂取する食材が限られてしまうことから、栄養バランスが悪くなって体調不良になってしまったり、思うようなダイエット効果が得られないことがありました。

しかし、セブンデイズカラーダイエットでは、色を意識して食事をするだけなので、食材の偏りがありません。

食べられる色が決まっている、という意味では食事制限系のダイエットと言えますが、選ぶ食材は野菜や果物に限定する必要もないことから、ストレスを感じにくい状態でダイエットを行うことができます。

さらに、食材を栄養や味で分けるのではなく色で区別することで、今まではあまり意識して食べていなかったものを摂るようになり、幅広い視野で食事ができるようになるので、トータル的に栄養バランスが摂れた食事ができると言われています。

ダイエットのために栄養バランスのよい食事をするのがよいことはわかっていても、具体的にどうやればいいのかよくわからない・・という方には、手軽に始められる方法だと思います。

セブンデイズカラーダイエットのやり方の例


セブンデイズカラーダイエットでは、曜日ごとに決まっている色に合った食材を食べるだけなので、例えば野菜や果物などを生の状態で食べても問題はありません。

しかし、生の野菜や果物は体を冷やしてしまう恐れがあるから、できれば加熱調理したものを摂取しましょう。

蒸し野菜など簡単な調理でも構いませんが、食事で必ずたんぱく質を摂ることになっているので、色の食材+たんぱく質で作れる料理がお勧めです。

例えば、画像はトマトと豚肉の煮込み料理ですが、これだとトマトの栄養がお肉に沁み込むだけではなく、ソースに流れ出た栄養も余すことなく摂取することができてお勧めです。

セブンデイズカラーダイエットのポイント


セブンデイズカラーダイエットは、曜日ごとに指定された色の食材を食べる以外にも、「一日3食」「毎日たんぱく質を摂る」の2つのポイントを抑える必要があります。

たんぱく質は、お肉や魚、卵などの動物性でも、大豆などに含まれる植物性でも構いません。

セブンデイズカラーダイエットの注意点


このダイエットでは、栄養バランスが自然と摂れるような食習慣を付けることが大切なので、食べる量を減らしたり、お肉を食べないなど食材を限定的にするのは止めましょう。

また、飲み物についてはダイエット中なので、砂糖がたっぷり入ったジュースや炭酸飲料は避けた方がよいと言えます。

ダイエット効果を高めたい場合は、摂取カロリーを減らすのではなく、運動によって消費カロリーを上げる方が健康的に痩せることができます。

色彩別セブンデイズカラーダイエットを成功させるおすすめの食材と特徴!

セブンデイズカラーダイエットを行うには、曜日ごとに食べられる食材を知っておく必要があります。

そこでここでは、色別におすすめの食材やその特徴をご紹介したいと思います。




白色の食材とその特徴


月曜は「白」の食材を食べます。

白の食材に該当するのは、玉ねぎやマッシュルーム、カリフラワー、もやし、かぶ、しょうが、にんにくなど。

たんぱく質は基本的に色に関係なく摂取できますが、豆腐やヨーグルト、白身魚などは白い上にたんぱく質が含まれている食材になります。

白の食材には、胃や腸の調子を整えて代謝をアップする作用に優れているという特徴があります。

赤色の食材とその特徴


火曜は「赤」の食材を食べます。

赤の食材に該当するのは、トマト、いちご、りんご、赤ピーマン(パプリカ)、ビート、スイカなど。

また、カニやかつお、まぐろなどは赤の食材であり、たんぱく質が含まれている食材になります。

赤の食材は抗酸化物質が多く含まれており、活性酸素を除去して新陳代謝のよい体作りに役立ちます。

緑色の食材とその特徴


水曜は「緑」の食材を食べます。

緑の食材に該当するのは、ブロッコリーやほうれん草、レタス、ピーマン、ゴーヤ、アスパラガス、きゅうりなど。

緑の食材にはβ-カロテンなど免疫力を高めてくれる栄養が豊富に含まれており、土台となる体作りに役立ちます。

オレンジ色の食材とその特徴


木曜は「オレンジ」の食材を食べます。

オレンジの食材に該当するのは、みかん、オレンジ、柿、マンゴー、かぼちゃ、にんじんなど。

オレンジの食材には糖分を含んだものが多く、ダイエット中でも程よい満足感が得られます。

黄色の食材とその特徴


金曜は「黄」の食材を食べます。

黄色の食材に該当するのは、バナナ、とうもろこし、レモン、パイナップル、黄色ピーマンなど。

また、たんぱく質の卵も黄身が黄色なのでOKです。

黄色の食材には活性酸素を除去する働きを持つ栄養成分が含まれています。

紫色の食材とその特徴


土曜は「紫」の食材を食べます。

紫の食材に該当するのは、ブルーベリーや紫イモ、なす、ぶどう、レーズンなど。

紫色にはポリフェノールなど抗酸化力の高い成分が多く含まれています。

まとめ

セブンデイズカラーダイエットは、曜日によって食べられる食材の色が決まっているという、ちょっとユニークなダイエット方法です。

食べ物を色で分ける、ということがあまりないことから、最初は少し戸惑うかも知れませんが、慣れてくると習慣化され、栄養バランスのよい食生活が送れるようになります。

極端な食事制限など、体に負担の掛かるようなダイエット方法ではなく、「ちゃんと食べられて痩せられる」セブンデイズカラーダイエットを試してみてはいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました