小鼻ダイエットで鼻脂肪をスッキリする効果的なやり方!

団子鼻を解消し自力でスッキリした小鼻にできる小鼻ダイエット!

鼻脂肪スッキリさせる小鼻ダイエットやり方効果などをご紹介していますので、諦めていた団子鼻の解消方法を試してみませんか?

顔が丸かったり大きいのを気にして、小顔ダイエットやエクササイズにはげむ女性は多いものの、以外と見落とされがちなのが小鼻。

鼻は顔の中心にあるパーツなので、鼻の大きさ、特に小鼻の大きさは顔の印象をかなり左右すると言われているため、小鼻の大きさを気にすることは実は小顔に見せるにはとても大切なもの。

そこで今回は、小鼻を小さくする方法である小鼻ダイエットについて調べてみました。

「でも、鼻の大きさや団子鼻は生まれつきのものだから、整形以外に変える方法はないんじゃ・・?」と思いませんか?

もちろん、そんな疑問にもお答えします。

スポンサーリンク

団子鼻を解消することは可能なの?なぜ日本人は団子鼻が多いの?


欧米の方の鼻を見ると、誰もが鼻筋が通っていて高く小鼻が小さくて、全体的にすっきりとしている印象です。

それに対し、日本人の鼻は鼻筋が低くて小鼻が大きいため、顔全体にしめる鼻の割合がどうしても大きくなりがち。

いわゆる団子鼻と呼ばれる日本人の典型的な形ですが、では日本人に団子鼻が多いのはどうしてなのでしょうか。

日本人の鼻が欧米人に比べて低いのは、鼻根と呼ばれる鼻の付け根部分が未発達のため、正面で見た時に位置が低くなり、鼻筋が短く見えるからだと言われています。

つまり、日本人と欧米人ではそもそもの鼻の発達具合が異なるというわけです。

でも、「それならやっぱり整形しなきゃ団子鼻は解消できないの?」と思いますよね。

もちろんそんなことはありません。

小鼻は体の他の部位に比べて筋肉や脂肪が少ないと言われていますが、それでも鍛えたりマッサージをすることで筋肉をつけて引き締めることも、脂肪を燃焼させて小さくすることも可能だと言われています。

小鼻ダイエットとは?


小鼻ダイエットとは、小鼻を小さくするダイエット方法です。

通常のダイエットのように食事制限や運動にとって消費カロリーを増やし、全身の脂肪を燃やして体重を落とすのではなく、とにかく小鼻を小さくすることに特化したダイエット方法になります。

せっかく鼻筋が通っていても、小鼻が大きかったり広がっていると、何となく野暮ったい印象になってしまうもの。

顔のパーツは位置や大きさがとても繊細で、たった1㎜違うだけでも他人から見えるイメージがガラッと変化すると言われています。

なお、余談ですが、日本人は縄文時代の時が歴史上で最も鼻が高かったという話があるそうです。

体の多くの部位は、歴史の古い時とくらべて現代の方が勝っている(身長や手足の長さなど)と言われていますが、今よりも約1万5000年も前の人の方が鼻が高かったとは驚きですよね。

逆に最も低かったのは江戸時代と言われています。

江戸時代以降は、再び鼻は高くなっていると言われているため、いつの日か再び縄文人並に鼻が高い日本人が増えることがあるかも知れませんね。

小鼻ダイエットの効果!


小鼻をダイエットすると、どのような効果が得られるのでしょうか?

顔の中で鼻はそれほど大きいパーツではないので、小鼻が小さくなってもあまり変わらないのでは?と思いますよね。

そこで、小鼻ダイエットの効果を調べてみました。

印象が変わる

小鼻が小さくなっても見た目はあまり変わらないのでは?と思いませんか?

しかし、実際には鼻は顔の中心に位置しているので、ちょっとの変化でも気付きやすいパーツと言えます。

特に小鼻は横に広がっていると、顔全体も横に広がっているような印象を与えがち。

小鼻がすっきりすることで顔全体の印象が引き締まって見え、小顔効果が期待できます。

小鼻を小さくすることで得らえるその効果は、整形級とも言われています。

実際に小鼻ダイエットを続けた人が、元々は団子鼻だったのに鼻筋が通った綺麗な鼻になり、「整形したの?」と言われたことがあるそうですよ。

マッサージをして驚くほど変われるなら、ぜひともやってみたいですよね!

顔全体にメリハリができる

鼻筋の通っている欧米人は顔の凹凸がはっきりとしているので、顔全体にメリハリがありますよね。

それに比べて、団子鼻の多い日本人はのっぺりとした印象を持たせてしまいがち。

鼻を高く見せるために鼻筋を意識してしまいがちですが、いくら鼻筋を高くしても小鼻が広がっていると正面から見た時に野暮ったい印象になってしまいます。

反対に、小鼻をダイエットして小さくすることで鼻筋がすっきりと通って見えます。

顔のパーツにメリハリがつき、全体的に引き締まった印象を持たせることができます。

顔の血流が良くなる

小鼻についた脂肪を落としやすくするため、マッサージを行うことで小鼻や小鼻周りの血流が良くなります。

血流が良くなると細胞に栄養や酸素が届きやすくなり、老廃物の排出が促されるので、皮膚の再生が進み、ツヤやハリのある肌を手に入れることができます。

鼻は顔の中心なので血流が良くなると、顔全体の印象も明るくなりますよね。

小鼻ダイエットをすることで、アンチエイジング効果も得られ、若々しい肌を手に入れることができるかも知れません。

小鼻ダイエットのやり方5選!

小鼻をダイエットするって、どうやったらいいのかよく分からない!という方も多いですよね。

そこでここでは、小鼻ダイエットのやり方をご紹介します。

団子鼻を解消するマッサージ

やり方

  • 薬指と中指を小鼻の横に当てます。
  • 円を描くように人指し指と中指を動かし、マッサージを行います。
  • 1分間行いましょう。
  • 次に、先ほどと同じように人差し指と中指を小鼻の横に当て、上顎骨と呼ばれる部分を狭めるように押していきます。
  • まずは2週間継続してみましょう。

ポイントやコツ

マッサージは1分間ではなく3分間行ってもOKです。

同じ方向だけではなく、反対回りなるように念入りにマッサージを行いましょう。

また、上顎骨を寄せる時には、最初に押した強さを変えずにそのまま強めに押すようにしましょう。

体温の高い時に行うとより効果的なので、お風呂上がりに行うのがおすすめです。

鼻を小さく高くするマッサージ

やり方

  • 口輪筋をほぐします。
  • 人差し指と中指で鼻下・人中をほぐしましょう。
  • 1分間、しっかりとほぐして下さい。
  • 次に、人差し指を曲げ、小鼻の横にあて、目頭まで押しながらほぐしていきます。
  • こちらも1分間行いましょう。
  • 次に、人差し指を曲げて鼻を潰し、息を吸います。
  • こちらも1分間行いましょう。
  • 最後に深呼吸をして終了です。

ポイントやコツ

小鼻を潰して息を吸う時は、小鼻を押した指を動かしてこすらないようにしましょう。

擦ってしまうと毛穴が開いて、黒ずみの原因になってしまいます。

小鼻マッサージを行うタイミングですが、おすすめは寝起きとお風呂上がりになります。

寝起きは顔だけではなく鼻もむくんでいるので、そのタイミングで行うと効果が上がりやすくなります。

朝晩の2回行うのを目標にして頑張りましょう!

1分で鼻先の丸みを解消する方法




やり方

  • 人差し指と中指、もしくはどちらか1本の指を鼻の横にあてます。
  • 小鼻の広がりを抑えるために、内側に向かって軽くほぐしていきます。
  • 20秒行って下さい。
  • 次に、人差し指と中指、もしくはどちらか1本の指で小鼻を抑え、鼻の穴を少し潰します。
  • そのまま指を動かしてマッサージしましょう。
  • こちらも20秒行って下さい。
  • 最後に、人差し指と中指の2本を使って鼻を抑えて閉じます。
  • そのまま、息を吸って鼻の穴をしっかりと塞ぎます。
  • 20秒行いますがずっと息を吸い続けるのはつらいので、自分のタイミングで息を吸って、吐いてを行って下さい。

ポイントやコツ

マッサージをする時は強い力ではなく、優しく行いましょう。

強い力で行うと皮膚を傷つける原因になってしまいます。

マッサージは1日1~3回を目標に行いましょう。

マッサージを行うタイミングは基本的には自由ですが、ルーティーン化を目指したいので朝起きた時や夜寝る前などに習慣になるまで行うのがよいでしょう。

1日で効果が出る人もいますが、2週間から1ヵ月くらいは様子を見ながら続けてみましょう。

鼻の穴を小さくするセルフマッサージ

やり方

  • 人差し指と中指で鼻の横を抑え、鼻の横や鼻の下に向かってマッサージをしていきます。
  • この時、鼻を横に引っ張らないように、指を縦に動かしましょう。
  • 1分間行いましょう。
  • 次に、目の中心の真下、頬骨の内側部分に人差し指と中指をあてます。
  • 頬の硬さをとっていくイメージでマッサージを行いますが、縦に動かした後、鼻の方へ皮膚を寄せるように押していきましょう。
  • 1分間行いましょう。
  • 最後に、人差し指を鼻のふちを潰すように押しあてます。
  • このまま1分間キープしていきます。

ポイントやコツ

筋肉の凝りや硬さをほぐすために、やや強めの力で行って構いません。

しかし、擦ってしまうと皮膚に負担がかかるので、擦らないようにしましょう。

1日1回を4週間続けてみましょう。

鼻筋が一瞬でキレイになる方法

やり方

  • 人差し指もしくは中指を、目頭から眉頭に当てます。
  • 30秒間、縦に揺らしていきます。
  • この時、強い力で行う必要はありません。
  • 薄い筋肉なので、優しい力で動かしましょう。
  • 次に、机やテーブルを用意し、肘をついて、親指を目の上の前頭骨と呼ばれる部分にひっかけます。
  • 親指で押し上げるというよりは、親指に前頭骨部分を乗せ、頭の重みで負荷をかけるイメージです。
  • 30秒行いましょう。
  • 最後に、人差し指と中指の2本を鼻に添え、鼻をかむようにします。
  • そして指で鼻を挟んだ状態のまま、左右に揺らします。
  • 鼻を前に引っ張り出すイメージで行うと良いでしょう。
  • こちらは1分行って下さい。

ポイントやコツ

鼻筋を通すには、Tラインをどう作るかがとても大切です。

マッサージを行っている時もTラインを意識して行いましょう。

1日1回でOKですが、もう少し効果を早く出したいという場合は最大1日3回まで行ってもよいでしょう。

なお、この動画では鼻筋を通すマッサージのやり方を説明しています。

鼻筋が通っても、小鼻周りの筋肉が硬くなっていると綺麗に見えないかもしれません。

団子鼻やにんにく鼻で悩んでいる方は、このマッサージの他に団子鼻やにんにく鼻を解消する、小鼻周りのマッサージも併せて行うことをお勧めします。

小鼻ダイエットの注意点やポイント!


いくら小鼻を小さくするダイエットやエクササイズを頑張っていても、普段の生活で小鼻を大きくしてしまう習慣があると元も子もありません。

①口呼吸は止めましょう

口呼吸をすると、開けた口に引っ張られるように小鼻周りが伸びるため、筋肉がたるんで小鼻が広がって見えてしまいます。

口を閉じ、鼻でしっかりと呼吸することによって小鼻が開閉し、鍛えることができます。

②鼻づまりを解消しましょう

鼻が詰まっていると口呼吸になりやすいですし、口で呼吸することで口の中はもちろん鼻の中も乾きやすくなるため、ウイルスや細菌、ホコリなどが侵入しやすくなります。

そのため、鼻水が出る時はこまめにかんで、鼻づまりを解消するようにしましょう。

小鼻ダイエットに効果的な「ツボ」

印堂(いんどう)

左右の眉毛の間にあるツボです。

額の上の方から、眉間の中心部分に向かって指を押していき、押した時に鼻がすっと抜ける感覚がするところになります。

親指と人差し指でつまむように刺激します。

鼻炎など鼻づまりに効果があると言われており、入浴時や入浴後の血行がよくなっている時に行うとなおよいでしょう。

小鼻ダイエットの口コミ


小鼻をマッサージしたり、エクササイズしたりするだけの小鼻ダイエット。

触ってみるとわかりますが、小鼻は指で押すとその形に変化するため、鍛えようによっては効果がありそうな気もしますが、実際のところどうなのでしょうか。

ここでは、小鼻ダイエット経験者の方の口コミをご紹介したいと思います。

・私の友人は小さい時から鼻が低いのが悩みで、お母さんが毎日小鼻をマッサージされていたそう。そのおかげなのか、彼女の小鼻は確かにスッキリして見えます。

・小顔マッサージと一緒に小鼻もマッサージしています。毎日続けることで効果が現れているように思います。

・毎日小鼻から眉間に向かってマッサージをしていたら、鼻が高くなった気がします。

小鼻ダイエットで痩せない場合の原因と対処法


小鼻ダイエットとは、小鼻を小さくするダイエット方法です。

小さくすると言っても、もちろん整形をするわけではなく、マッサージやツボ押しなどで引き締めるイメージです。

顔のパーツは1㎜位置が違っても、痩せて見えたり太く見えたりすると言われているので、小鼻をマッサージなどで血行促進することでむくみが減ると痩せて見えます。

しかし、小鼻ダイエットをしても、小鼻が引き締まったように思えないという方もいるようです。

その原因として考えられるのは生活習慣です。

口呼吸をする癖のある方は、口が開いていることが多いため、口周りの筋肉に引っ張られて、小鼻が下に下がり気味になってしまいます。

そのため、小鼻が大きく見えてしまうのです。

また、鼻炎やアレルギーのある方も口呼吸が多くなりますし、ウイルスや細菌の侵入によって炎症などが起こりやすくなり、小鼻が腫れてしまうことがあります。

小鼻ダイエットで痩せないという場合には、このようなことに注意をして生活習慣を改めてみましょう。

まとめ

小鼻ダイエットは一日にして成らず!

毎日コツコツと続けることが大切ですが、続けていると少しずつ小鼻が小さく変化していく様子がわかるようになるそうです。

なお、小鼻は皮脂がたまりやすい部位のため、ベビーオイルやクリームなどをつけてマッサージをすると、ニキビができたり炎症を起こしたりすることがあるそうです。

皮膚を刺激しすぎないように注意して下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました