アイスプラントダイエットでメタボ解消!その効果とやり方!

アイスプラントダイエットでメタボ解消!その効果とやり方!

アイスプラントの効能・効果とダイエットのやり方!

近年、海外産の珍しい野菜が注目され、日本にも次々と輸入されるようになっています。

そのため、ちょっと前までは名前も知らなかった野菜がスーパーに並ぶようになり、今では一般家庭でごく当たり前のように食べられているのも何ら不思議ではない話です。

そのような中、高いダイエット効果があるとして人気となっているのがアイスプラントです。

このアイスプラント、聞いたことがある、食べたことがあるという人がいる一方で、まだまだ知名度としては低いのが現状。

しかし、ダイエットを考えている人ならぜひ知っておきたい野菜の一つなのです。

そこで今回はアイスプラントの効果や、ダイエットのやり方について調べてみました。

アイスプラントは女性のダイエットだけではなく、働き盛りのお父さんに多いメタボの解消にも役立つと言われているので、ぜひ男性にもお読み頂けたらと思います。


Sponsored Link


アイスプラントって何?


アイスプラント南アフリカ原産のハマミズナ科メセンブリアンテマ属の野菜。

葉の表面が凍ったように見えることからアイスプラントと呼ばれています。

凍ったように見えるのは土中から吸い上げたミネラルの結晶で、ブラッター細胞と呼ばれるもの。

アフリカの厳しい土地でも生き抜けるよう、葉に多くの栄養を蓄えているのが特徴です。

その見た目はキラキラと水滴を纏っているようですが、口にするとほんのりと塩味を感じるため、何もつけずに食べても美味しく食べられる野菜として、今、とても注目されており、日本でも佐賀県を始め全国各地で栽培が行われています。

アイスプラントの効能・効果


日本ではまだ馴染みの少ないアイスプラントですが、欧州では昔から食べられてきた野菜で、フランス料理などにも使われています。

では、そんなアイスプラントにはどのような効能や効果があるのでしょうか。

内臓脂肪を減らす

アイスプラントに含まれているミオイノシトールには、中性脂肪の抑制、及び内臓脂肪の抑制効果があると言われており、メタボリック対策に役立つ野菜として注目されています。

 

内臓脂肪を効果的に落とす方法【筋トレ・呼吸法・運動】

 

抗酸化作用

アイスプラントにはβ-カロテンが豊富に含まれています。

β-カロテンには、体内の活性酸素を除去する抗酸化作用があることから、細胞の老化を防ぐ効果があると言われています。

美肌効果

β-カロテンは体内で必要な分がビタミンAへと変換され活用されます。

ビタミンAは肌の修正や再生に必要な成分であることから、美肌効果が期待できると言われています。

疲労回復効果

アイスプラントには、クエン酸とリンゴ酸が含まれており、これらの有機酸には疲労物質の乳酸の排出を促す作用があることから、疲労回復効果があると言われています。

むくみ解消効果

アイスプラントには、体内の余分な塩分を排出する働きのあるカリウムが多く含まれていることから、むくみの解消効果が期待できると言われています。

 

フェンネルシードダイエットの効果とやり方【むくみ解消やペタン小お腹に】

リンパマッサージの効果的なやり方【ダイエット・むくみ解消】

 

アイスプラントの美味しい食べ方


アイスプラントは、それ自体にほんのりと塩味がついているため、そのままおつまみとして食べても十分美味しく頂けます。

一般的にはサラダに入れて食べるのが主流です。

ドレッシングやマヨネーズを使わなくても、アイスプラントの塩気で美味しく食べられるので、糖質や脂質のカットに役立ちます。

なお、アイスプラントを水洗いする時は、さっと洗い流す程度にしましょう。

アイスプラントの葉の水滴に見える部分にミネラルが豊富に含まれているので、洗い過ぎると大切な栄養を流してしまうことになります。

また、カットする場合は洗った後に行うようにしましょう。

 

サラダダイエット方法の効果とおすすめのレシピや口コミ!


Sponsored Link


 

アイスプラントの選び方や保存方法


アイスプラントを選ぶ時は、その特徴でもあるきらきらとした水滴のような結晶がしっかりとついているものを選ぶのがよいでしょう。

また、持ってみて重みを感じるものがよいでしょう。

アイスプラントを購入してきた場合の保存方法は、ビニール袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保管するようにします。

4~5日ほど保存が可能ですが、長く冷蔵庫に入れておくと食感が損なわれるため、できるだけ早めに食べるのがおすすめです。

アイスプラントでなぜダイエットできるの?その理由は?


アイスプラントを食べてどうして痩せるのか、その理由は含まれている成分にあります。

アイスプラントには、他の野菜ではあまり見ないポリオールという成分が含まれています。

このポリオールには、糖の吸収を穏やかにする作用があることから、食後の血糖値の上昇を防ぎ、食べたものが脂肪として蓄積しにくくする働きがあります。

また、ポリオールにはこの他にも、糖をエネルギーとして代謝しやすくする働きもあることから、脂肪が溜まりにくくなると言われています。

さらに、アイスプラントには脂肪の分解を促進する酵素のリパーゼを活性化する働きのあるプロリンというアミノ酸の一種も含まれており、これらの成分の作用によってダイエット効果が期待できると言われています。

なお、アイスプラントは100gで8㎉ととても低カロリーとなっています。

その点でも、たくさん食べても摂取するカロリーが少ないため、ダイエットに非常に向いている食材と言えるでしょう。

 

コンビニダイエットが凄い!低カロリー食材おすすめ20選!

 

アイスプラントダイエットのやり方


アイスプラントダイエットのやり方はとても簡単で、アイスプラントを食べるだけ。

アイスプラントだけを食べるというよりは、毎日の食事に取り入れてアイスプラントの持つダイエット効果を得るという方が、無理なく気軽に始められるのではないかと思います。

サラダに加えることで、ドレッシングなしでも食べられるので、それだけでもカロリーカットが見込めます。

また、おつまみやおやつとして食べるのもおすすめで、つい口寂しくてアレコレと食べてしまうという方や、ワインなどで晩酌とする習慣がある方は、カロリーを抑えたり、脂肪燃焼効果のあるアイスプラントをつまみにするとよいと言われています。

 

ダイエット中におすすめの低カロリーおつまみ15選!

 

アイスプラントダイエットのポイントや注意点


アイスプラントはそのまま食べても美味しい野菜ですが、食べ方を少し工夫することで様々な効果を高めることができます。

例えば、納豆に入れるとアイスプラントの塩味があるため、付属のたれの量を減らしても美味しく食べることができます。

塩分が少なくなればそれだけむくみを減らすことができるので、ダイエット効果が期待できますよね。

また、おひたしにしてかつおぶしなどを掛けると、和食の副菜としても彩りよく食卓を飾ります。

おひたしにする場合は、生でも食べられるアイスプラントのため、茹でるのはさっと10秒程度にしましょう。

あまり茹で過ぎてしまうと、栄養素が流れてしまうので注意して下さい。

なお、ぷっちーな、クリスタルリーフ、ツブリナ、ソルトリーフなどの名前は全てアイスプラントの商品名となります。

産地や品種の違いでこのように色々な名前で呼ばれていますが、それらは全てアイスプラントですので探す時の目安としてみて下さい。

アイスプラントダイエットでメタボ解消!その効果とやり方!のまとめ

新種の野菜、アイスプラント。

食べて美味しい、食感が楽しいだけではなく、ダイエットにもよいと言われたら、試さない手はないですよね。

しかもドレッシング不要で美味しく食べられるので、糖質や脂質のカットも手軽に行うことができます。

なお、和食にも合わせやすい食材となっていますので、毎日の食卓にぜひ、アイスプラントを取りいれてみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)