全身浴ダイエットの効果と成功するやり方やポイント!

全身浴ダイエットの効果と成功するやり方やポイント!

消費カロリーが凄い全身浴ダイエットの正しいやり方!

一日の始まりに身だしなみとして、朝にシャワーに入ることが多い欧米人に対し、日本人は圧倒的に一日の終わりに、その日の汗や疲れをとる癒しの時間として湯船に浸かる人が多いと言われています。

そのためか、一回のお風呂に掛ける時間は30~45分(女性のみ)と長い傾向にあり、単に体を洗うだけではなく、アロマキャンドルを焚いたり読書をしたりと、皆さん思い思いのバスタイムを楽しんでいるようです。

そのような中、誰でも一度は考えたことがあるのが「お風呂でダイエットができたらよいのに」ということではないでしょうか。

じっとりと汗をかく半身浴は、お風呂ダイエットの代名詞的な存在となっていますが、実は半身浴より即効性のあるダイエットが全身浴だと言われています。

そこで今回は、全身浴ダイエットについて調べてみました。

全身浴ダイエットの効果や、ダイエットを成功させるやり方のポイントなどをご紹介しています。


Sponsored Link


全身浴ダイエットとは?消費カロリーは?

znsykdt2
全身浴ダイエットとは、文字通り、顔から下の体を湯船に浸けて入浴をする〝全身浴〟を行うダイエットです。

昔の入浴スタイルと言えば、全身浴が基本でした。

肩を出して湯船に浸かっていたら、親に「肩まできちんと浸かりなさい」と怒られた記憶がある方も多いのではないでしょうか。

しかし、長くバスタイムを楽しみたい方にとっては、全身浴より体に負担の少ない半身浴が推奨されるようになり、全身浴は肩身の狭い状況が続いていました。

それが最近になって、消費カロリーが高い全身浴が再注目されています。

全身浴による消費カロリーは、40度のお湯に10分浸かった場合は40㎉、42度のお湯に10分浸かったら80㎉に相当します。

これは、ウォーキングジョギングに匹敵する消費カロリーだそうで、このことから全身浴はお風呂で行うスポーツとも言われています。

 

お風呂ダイエットの効果のあるやり方【小顔・お腹・足】

 

全身浴ダイエットの効果

znsykdt3
全身浴は、心臓に負担が掛かるとして一時期、敬遠される方が多かったのですが、若くて健康である方なら、むしろ適度な水圧によって全身の血行がよくなり、新陳代謝が活発になり心肺機能がアップすると言われています。

また、浮力によってリラックス効果が得られると、筋肉の緊張やコリが解れ、睡眠の質を向上させることができると言われています。

このように、全身浴には様々な健康効果が期待できますが、同時に血行の促進や睡眠の質の向上は美肌を作るためにも欠かせない要素であるため、全身浴によってハリのある美しい肌を手に入れることもできるのです。

 

基礎代謝を上げ簡単にダイエットできる方法!

 

成功する全身浴ダイエットのやり方!入浴時間や温度は?

znsykdt4
全身浴ダイエットは、湯船に肩まで浸かっていればよいわけではありません。

しっかりとダイエット効果を得るためには、いくつかのポイントがあります。

そこでここでは、成功する全身浴ダイエットのやり方をご紹介したいと思います。

①お風呂に入る前に水分補給をしましょう。

汗をかくので脱水症状を起こすのを防ぐために、コップ一杯程度の水を飲んでおきましょう。

②お湯の設定温度は42度がベスト。

40度以下ではぬるくなってしまうので、41~42度のお湯に浸かります。

③湯船に入る前はかけ湯をしましょう。

熱いお湯にいきなり浸かるのではなく、必ずかけ湯をして体を慣らすようにして下さい。

④湯船に3分ほど浸かります。

首までお湯に入れて、全身を浸けるようにしましょう。

⑤湯船を出て、体を洗います。

5分で行いましょう。

⑥また3分、お湯に浸かります。

⑦再び湯船を出て、頭を洗います。

この時も5分で完了させて下さい。

⑧最後に3分浸かって終了です。

全身浴ダイエットで更に痩せる効果を上げる方法やポイント

znsykdt5
全身浴をするだけでもダイエット効果がありますが、さらに痩せる効果を高めたいという方は、次の方法を試してみましょう。

①炭酸入りの入浴剤を使ってみましょう。

炭酸には血行を促進する効果があるため、湯船に炭酸入りの入浴剤を入れて浸かることで、代謝が上がって発汗作用や脂肪燃焼効果が高まります。


Sponsored Link


 

炭酸水ダイエットで効果的に痩せるやり方!デメリットは何?

 

②エクササイズやマッサージを行ってみましょう。

肩甲骨を解す運動や、手足のリンパを流すマッサージを行うことで、筋肉のコリや冷え、むくみを解消することができます。

 

リンパマッサージの効果的なやり方【ダイエット・むくみ解消】

肩甲骨ダイエットで効果的に痩せるストレッチのポイント!

 

全身浴ダイエットの注意点

znsykdt6
全身浴ダイエットを行う場合、次のことに注意をして下さい。

①極端に空腹を感じている時は止める

強い空腹を感じている状態でお風呂に入ると、血液が内臓に集中するため貧血を起こしやすくなります。

②食後すぐの入浴は避ける

胃腸に食べ物が入った状態でお風呂に入ると、体が温まることで血液が全身に流れてしまうため、胃腸の働きが鈍くなり消化不良を起こすことがあります。

全身浴ダイエットにおすすめの反復浴(高温反復浴)の方法


日頃、仕事や家事などで忙しい方にとって、ダイエットのための時間を作るというのはなかなか難しいことではないかと思います。

そのような方にお勧めなのが、お風呂の時間を利用して行えるダイエット。

今回はその中でも、ダイエット効果が高いと言われている高温反復浴をご紹介したいと思います。

高温反復浴とは、熱めの湯船に浸かっては出る、浸かっては出るのを繰り返すものになります。

より詳しいやり方は次のようになります。

①最初にかかり湯をし、体をお湯に慣らします。

②42~43度のお湯を湯船に張り、まずは3分浸かります。

③3分が経ったら湯船から出て、頭や体を洗います。5分ほど湯船から出ましょう。

④再び湯船に3分浸かります。

⑤湯船から出て、頭や体を洗います。この時も5分ほど湯船から出ているようにして下さい。

⑥三度、湯船に3分ほど浸かります。

⑦最後にシャワーなどで体を洗い流して終了です。

反復浴(高温反復浴)の注意点


高温反復浴を行う時は、次のことに注意をして下さい。

①水分補給はこまめに行う

高温反復浴では、たくさんの汗をかきます。

入浴前はもちろんのこと、入浴中でも脱水を起こさないために、こまめに水分を補給するようにして下さい。

②脱衣所を温めておく

冬場の場合、お風呂場と外の気温差が心臓に大きく負担を掛けることがあります。

できるだけ心臓に負担を掛けないようにするには、脱衣所を温めてお風呂場との気温差をなくすことが大切です。

③心臓に疾患のある方や高齢者、貧血の方は行わない

上記以外にも妊娠中や体調が優れない場合には、高温反復浴は行わないようにして下さい。

全身浴と半身浴ダイエットの効果の違いは?

znsykdt7
お風呂でできるダイエットとして、女性に人気の高い半身浴と、今回ご紹介した全身浴。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、ダイエット効果においてはどのような違いがあるのでしょうか。

半身浴の場合、ぬるいお湯に長く浸かることで汗を大量にかくため、デトックス効果が高いものの、直接脂肪を燃やす効果が期待できません。

一方、全身浴は、熱いお湯に浸かることで運動と同様のカロリー消費が行われますが、その分体への負担も大きい方法となっています。

全身浴ダイエットの口コミ

znsykdt8
全身浴ダイエットの経験者に多い口コミとしては、汗をかきづらい人でもたっぷりと汗をかくことができる、というものです。

また、むくみが解消されるためか、一回、全身浴を行っただけで0.6~0.8kg減ったという方も多くいらっしゃいます。

なお、全身浴ダイエットで、短期間で大幅が体重減に成功した方は、探すことができませんでしたが、

「全身浴ダイエットはスポーツに近いダイエット方法だと聞いて実践しましたが、2~3kg痩せることができました。」

「汗をかなりかいて、2週間で2kg減りました。」

など、2~3kgであれば比較的早くに落ちた方もいるようです。

全身浴ダイエットの効果と成功するやり方やポイント!のまとめ

全身をお湯に浸けるだけで、スポーツと同じ消費カロリーが見込めるとは驚きです。

運動が苦手という方も、全身浴なら無理なく始めることができるのではないでしょうか。

是非、今日から全身浴を行って、体の脂肪を撃退してみましょう!


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)