和食ダイエットの成功するレシピ【朝食・昼食・夕食】

和食ダイエットの成功するレシピ【朝食・昼食・夕食】

ダイエット時の食事は和食がおすすめ!「和食ダイエット」

日本人の食である「和食」は今、世界から大きな注目を浴びています。

ユネスコの無形文化遺産に登録されたことにより、今後は観光の面からも和食がブームとなりそうですが、実はそのもっと前から和食は「ダイエット食」として世界中のセレブが取り入れていました。

とは言え私達日本人からすると、どうして和食がダイエット食になるのかがよくわかりませんよね。

しかし実は和食には、私達も気付かなかった「痩せる理由」が数多く隠されていたのです。

ハリウッドスターやスーパーモデルが実践しているという和食ダイエット、日本人の私達が知らないのは・・やっぱり損だと思いませんか?

そこで今回は、和食ダイエットについて調べてみました。


Sponsored Link


和食ダイエットのメリットや効果とやり方!

wskdt2
和食は「一汁三菜」と言って、ご飯に汁物、それにおかず3品(主菜1品、副菜2品)が基本と言われています。

私達は当たり前のように見る並びですが、これが実に優れたバランスとなっており、一汁三菜は暴飲暴食を防ぎ、大変健康的な食事法なのです。

また、現代の日本は欧米型の食事がどんどんと入り込んでいるため、和食の基本である一汁三菜の食事から縁遠くなっています。

このため、和食が中心だった時にはあまり見られなかった、いわゆる肥満体型の方が日本でも増えており、様々なダイエット方法がブームとなっています。

このようなことから、古来より伝わる和食の素晴らしさを見つめ直し、和食を食べることで昔の日本人のようにスリムで健康的な体を取り戻そうというのが、和食ダイエットなのです。

なお、和食ダイエットの方法極めて簡単で、3回の食事を全て和食に変えるだけでよいので、すぐにでも始められます。

 

おにぎりダイエットで成功する大切なルールと痩せたやり方!

ダイエット食事!太らない食べ方とメニューバランス!

 

和食ダイエットのレシピ「朝食編」

wskdt3
「朝は食欲がない・・」と朝食を抜かす方が多いようですが、和食ダイエットの基本は3食きちんと食べることです。

朝にお腹が空かないのは前日の夕食の量が多過ぎたり、脂っこい物を食べているのが原因と言われています。

なので、朝になるとお腹が空く方というのは実はその時点ですでに、バランスのよい食事をしていることにも繋がっています。

さらに、朝食に高カロリーな物を食べてもその後の活動時間が長いので、脂肪として蓄積しにくいという特徴があります。

ダイエットをしていると炭水化物の摂取を控える方も多いですが、朝食は炊きたてのご飯と体を温める汁物をたっぷりと摂り、体にしっかりと栄養を与えましょう。

また、から揚げなどの揚げ物を食べたい方は、朝食がベストです。

 

ダイエット朝食おすすめメニューやレシピは何がベスト?

 

和食ダイエットのレシピ「昼食編」

wskdt4
昼食は、仕事の合間やママ友とのランチで外食をする方も多いと思います。

外で食べるとなると、ダイエットはできないのではないかと思ってしまいますが、例え外食でも選ぶメニューによってしっかりとダイエットに繋がる物もあります。


Sponsored Link


中でもお勧めなのが、お蕎麦です。

お蕎麦は外食の中でもかなり低カロリーな上、栄養素も豊富なのでお勧めなのですが、お腹が空きやすいというデメリットもあります。

そこで、ざるそばやもりそばをボリュームのある山菜そばやきのこそばにしたり、親子丼や玉子丼と言った低カロリーのご飯物が付いた定食にするなど工夫をしてみましょう。

お蕎麦だけならかなりカロリーを抑えられますが、お腹が空いて間食をしてしまったり、夕食にたくさん食べてしまっては本末転倒ですので注意して下さい。

 

そばダイエットのやり方と効果や口コミ!昼や夜いつがベスト?

 

和食ダイエットのレシピ「夕食編」

wskdt5
夕食は、朝や昼に比べて時間のゆとりもあるため、つい過食してしまいがちです。

また、一日の疲れやストレスを癒すために夕食に好きな物をたっぷり食べたいと思う方も多いと思いますが、和食ダイエットにとって夕食に何を食べるかというのが最も重要とされています。

夕食では、揚げ物や炒め物は避け、刺身や煮魚などをメインに組み立てることが大切です。

また、夕食に食べた物は脂肪になりやすいため、低カロリーの物を摂るのも大切です。海藻類やきのこ類、野菜やこんにゃくなどを、油を使わずに調理した物を食べましょう。

 

ダイエットレシピ 1週間で痩せる献立集

 

和食ダイエットを成功させるポイントや注意点!


和食は今や、世界的にも健康的でダイエットによい料理として知られ、数多くの有名人やモデルがこぞって取り入れている食事法です。

しかしながら、その和食を主食としているはずの私達日本人は、洋食中心の食事を取り入れ、和食のよさや間違った食べ方を行っていると言われていますよね。

では、ダイエットのために和食を食べる時には、どのようなことに気を付けたらよいのでしょうか。

和食ダイエットを行う時は、食事の量ではなく食事の質にこだわることが大切です。

中でも「一汁三菜」と言われるように、ご飯、汁物、主菜一品、副菜二品のスタイルは、栄養バランスも摂りやすく、ダイエットによいと言われています。

加えて、「まごわやさしい」を意識して献立を組み立てるのがよいと言われています。

まごわやさしいとは、ま(豆類)ご(ごま)わ(わかめ、海藻類)や(野菜)さ(魚)し(しいたけ、きのこ類)い(いも類)のことで、これらを多く摂るようにするのがよいと言われているものです。

和食ダイエットを行う時は、この一汁三菜とまごわやさしいを念頭においてみるのがよいでしょう。

なお、和食のデメリットとしては塩分の摂取が多くなることが挙げられています。

塩分の摂取量が多いとむくみの原因にもなるため、減塩を心掛けるようにして下さい。

 

大豆ダイエットの効果的なやり方とカロリーや口コミ!

わかめダイエットの効果とやり方【茎や乾燥わかめ】もおススメ!

野菜ダイエットの効果とおすすめのレシピや口コミ!

きのこダイエットの効果があるやり方やレシピと口コミ!

さつまいもダイエットの効果と口コミや痩せるレシピ!

 

和食ダイエットのまとめ

和食ダイエットは、毎日の食事を和食に変えるだけの簡単ダイエットですが、それゆえにすぐに大幅に減量できるものではありません。

しかし、欧米型の食生活を和食に変えることができれば、少しずつ健康的な体を取り戻すことができるので、根気よく続けてみましょう。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)