ウコンダイエットの効果とやり方!飲むタイミングはいつがいいの?

ウコンダイエットの口コミと効能・効果も!

ウコンと言えば、お酒を飲む前に摂取すると二日酔いになりにくくなると言われている成分ですよね。

しかし最近は、ダイエットに効果があると言われているのをご存知でしょうか。

ウコンダイエットというダイエット方法が話題となっていますが、まだまだ知らない方も多いと思います。

そこで今回は、ウコンダイエットについて調べてみました。

ウコンダイエットやり方効能効果はもちろんのこと、気になる口コミやダイエット効果を高める飲むタイミングなどもご紹介したいと思います。




ウコンダイエットとは?


ウコンダイエットとは、ウコンが含まれているドリンクやサプリメントを摂取して行うダイエット方法を言います。

ウコンは近年、二日酔い防止のドリンク剤が人気なこともあり、その名前を聞いたことがあるという方も多いと思いますが、実はそれ以前から私達にとって以外と身近な存在であったと言えます。

日本の国民食とも言われるカレーには様々なスパイスが使われていますが、その中の一つにターメリックがあります。

ターメリックはカレー独特の色や香り、苦味を出すために欠かせないスパイスとなっていますが、ターメリックはウコンを乾燥させて粉末状にしたものなので、ウコンダイエットは、実は日本人にとってとても身近なダイエット方法と言えます。

 

カレーダイエットの効果と痩せるレシピと食べるタイミングは?

 

ウコンダイエットの効果!そもそもウコンで痩せられるの?


ウコンはショウガに似た見た目をしていて、カレー発祥の地であるインドでは古くからアーユルヴェーダに利用されていました。

また、日本でも長らく漢方の生薬として利用されています。

このようなことから、ウコンは昔から医療の現場で使われていたという歴史があります。

では、最近になってどうしてダイエットにもよいと言われるようになったのでしょうか。

それは、ウコンに含まれるクルクミンという成分が理由となっています。

クルクミンには胆汁の分泌を促す働きがあると言われており、胆汁の原料はコレステロールになります。

クルクミンによって胆汁がたくさん作られるようになると、必然的に体内のコレステロール値が下がります。

また、胆汁は食事に含まれる脂質の分解が促してくれるため、脂質がエネルギー代謝に使われやすくなり、脂肪として蓄積されるのを防いでくれます。

さらに、抗酸化作用によって細胞の老化を抑えることで、細胞が活性化され代謝のよい体を作ると言われています。

参照サイト:胃腸の疲れにもかかわらずダイエットにも効果的!「ウコン」の知られざるパワー

ウコンダイエットのやり方


ウコンダイエットのやり方はとても簡単で、ウコンを摂取するだけでOKです。

食事制限や運動を行う必要はないので、始めやすいダイエットの一つと言えるのではないでしょうか。

ウコンを摂ると言ったら二日酔い防止のドリンクを思い出す方が多いと思いますが、先述した通りウコン=ターメリックなのでスパイスとして料理に利用することもできますし、最近はウコン茶が販売されているのでそちらを利用するのもよいでしょう。

もっと手軽にウコンを摂りたい場合は、サプリメントを利用するのがお勧めです。

ウコンダイエットのポイント!飲むタイミングはいつがいいの?


ウコンは、摂取の目的によって飲むタイミングを変えた方が効果が出やすいと言われています。

例えば、二日酔い防止ならお酒を飲む前になりますし、胃腸の調子を整えたいなら食後がよいと言われています。

ダイエットの場合は、食前もしくは食中に飲むのがよいとされています。




特に脂質が多く含まれる食物を摂取する時は、脂質の分解を促す作用のあるウコンを一緒に摂るのがよいでしょう。

また、ウコンと一口に言っても種類があり、主に春ウコン、秋ウコン、紫ウコンの3種類が出回っていますが、一般的にウコンと言えば秋ウコンを指すことが多いと言えます。

秋ウコンの特徴は、クルクミンの含有量が多いこと。

そのため、ダイエットのためには秋ウコンを摂るのがよいとされているのですが、最近は100種類以上の精油成分を含む紫ウコンにも高いダイエット効果があることがわかってきており、そちらも大変注目されています。

ウコンダイエットの注意点


ウコンダイエットは、ウコンをたくさん摂れば摂るほど痩せられるダイエット方法ではありません。

食品としてウコンを摂る場合に、薬のような副作用を心配する必要はありませんが、生薬として使われていることを考えると、過剰摂取は体への負担が大きくなるものと言えます。

ウコンの摂取量の目安は一日に3gほどと言われているので、ダイエットで摂取する時もその摂取量は必ず守るようにして下さい。

また、持病のある方や妊婦、授乳中の方は自己判断で摂取をせず、必ず主治医に相談をするようにしましょう。

ウコンで痩せた口コミは?


・ウコンを飲み始めて数ヵ月が経過しました。正直、これと言って効果が出ている気がしないのですが、ふと思ったのがビールを飲んでも太らないということ。毎日飲んでいるのにこれはすごいな、と。

・ウコンダイエットで2㎏痩せました。お通じがものすごくよくなったので、それで溜まっていた分が出たのかなと思っています。

・食事制限を合わせて行っていたので、ウコンの効果だけで痩せたのかは不明ですが、ダイエット中「食べない」ことを優先するのがストレスになる中で、ウコンは積極的に摂ってよいものだったのが「ダイエットを頑張っている」というモチベーションに繋がりました。食事の量が減ったのにお通じがよくなったのもウコンのおかげだと思います。

ダイエット以外にあるウコンの効能・効果は?


ウコンにはダイエット以外にも様々な効能や効果があり、長く、インドの伝統医療や漢方薬として利用されてきました。

ここでは、ウコンのダイエット以外の効能や効果をご紹介します。

抗炎症作用

ウコンに含まれるクルクミンに、皮膚赤みや熱感、腫れなどを抑える働きがあると言われています。

これにより、喉の痛みを緩和したり、関節炎の痛みが軽減されるなどの研究結果が方向されています。

殺菌作用

クルクミンには殺菌作用もあるため、風邪の引き始めにウコンを摂取すると鼻や喉から侵入した菌がウイルスを死滅させ、症状の悪化を防ぐと言われています。

また、ピロリ菌を排除する効果もあると言われています。

歯痛を改善

クルクミンの抗炎症作用や殺菌作用にとって、歯痛を抑えて、治りを早くする効果があると言われています。

コレステロール値を下げる

ウコンには胆汁の分泌を促す働きがあるため、胆汁の原料となるコレステロールが使用されやすくなり、血中のコレステロールの値を下げる効果があると言われています。

コレステロールが多いと血液内で血栓を作り、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の原因となります。

そのため、ウコンによって血液の流れがよくなることで、生活習慣病の予防や改善効果も期待できます。

関節リウマチの症状を緩和

抗炎症作用などにより、関節リウマチによる症状の改善に効果が見られたという研究結果が報告されています。

参照サイト: 欧米で今話題のウコンのすごい効能
参照サイト: 関節リウマチの研究報告

ウコンダイエットの効果とやり方!飲むタイミングはいつがいいの?のまとめ

医食同源という言葉がありますが、その言葉通りウコンは昔から医療、そして食の両面で人々の健康を支えてきた成分です。

カレー粉の一つとして馴染みがありますが、摂取のタイミングによってはダイエットの効果が期待できることもわかりました。

なお、過剰摂取は逆に体への負担が大きくなると言われていますので、摂取量を守りながら正しい方法でダイエットに活用するようにしましょう。




コメント

タイトルとURLをコピーしました