杜仲茶ダイエットの効果と成功するやり方と口コミ!

杜仲茶ダイエットの効果と成功するやり方と口コミ!



杜仲茶ダイエットの効果的なやり方と口コミ!

お茶を飲むダイエット法は数多くありますが、どれも一度きりのブームが去ってしまうとその後は見向きもされないことが多いもの。

熱しやすく冷めやすいと言われる日本人ならでは、なのかも知れませんが、そんな日本において数年ごとにブームが再来するお茶が杜仲茶です。

杜仲茶は昔からあるお茶で、健康茶として親しまれ主に薬局で見掛けることが多かったのですが、最近はスーパーなどでも気軽に買うことができ、愛飲者が増えています。

中でも、杜仲茶のダイエット効果に期待をして手にとる方が多いようですが、杜仲茶がなぜダイエットに効くのでしょうか。

そこで今回は杜仲茶ダイエットについて調べてみました。


Sponsored Link


杜仲茶ダイエットとは?

tcycdt2
杜仲茶は、中国が原産の樹木の葉を煎じて飲むお茶です。

杜仲の葉は中国では五大漢方薬の一つとして数えられ、杜仲茶は健康茶として飲まれてきました。

日本ではメジャーなお茶ではないものの数年ごとにブームを繰り返していることから、その効果や効能を実感されている方が多いお茶と言えます。

この杜仲茶を毎日飲むだけの簡単ダイエット法が、杜仲茶ダイエットです。

 

黒烏龍茶ダイエットの口コミや効果と成功するやり方

 

杜仲茶は本当にダイエット効果があるの?

tcycdt3
杜仲茶がダイエットに向いていると言われている理由の一つに、「ゲニポシド酸」という成分が含まれていることが挙げられます。

ゲニポシド酸は、脂肪の分解を促進し、コレステロールの吸収を抑える働きがあるため、脂肪が付くのを抑えてくれるだけではなく、すでに溜まってしまった内蔵脂肪を落とす効果もあると言われています。

また、利尿作用や血行促進作用にも優れているため、むくみや冷えなどダイエットの大敵を防ぎ、腸の動きを活性化させて便秘解消にも役立ちます。

杜仲茶は、このゲニポシド酸が主成分として含まれており、他の飲料よりも含有量が多いため「ダイエット茶」として知られるようになったのです。

この他にも、杜仲の葉に含まれる「グッタぺルカ」という成分には脂肪の排出を促進する働きがあり、カリウムやカルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分などのミネラルも多く含まれていることから、ダイエットによるミネラル不足を防ぎ、健康的に痩せられると言われています。

 

プーアール茶ダイエットの口コミや効果と成功するやり方

 

杜仲茶ダイエットの成功するやり方

tcycdt4
杜仲茶ダイエットを成功に導くカギは、「煮出す時間」にあります。

煮出す時間が長いほど成分がしっかりと抽出できるのでおすすめなのですが、初めて飲む方には苦味や渋味が気になる場合もあります。

その時は、最初から濃い杜仲茶を飲むのではなく、煮出す時間を5分程度と短めにして飲むのがよいでしょう。

杜仲茶ダイエットは飲んですぐ効果が現れるわけではないので、長く続けることが成功の秘訣となります。

5分煮出したものに飲みなれたら、10分、15分と煮出す時間を長くしていきましょう。

また、味が慣れない場合は淹れたものを冷やして麦茶などの他のお茶と割って飲むのもおすすめです。

杜仲茶はホットでもアイスでも効果に違いがないため、冷やして他のお茶を混ぜることによって杜仲茶本来の苦味やクセが気にならなくなります。

1日5杯程度飲むのがよいと言われていますが、特に食事中に一緒に飲むと食べた脂肪や油を素早く分解してくれるので、より効果的と言われています。

 

サラシア茶ダイエットの効果と成功するやり方や口コミ

 

ダイエットに効果的な杜仲茶の煮出し方!


杜仲茶は昔から健康茶として、一部の人には親しまれていたお茶です。

日本でもこれまで何度もブームになったことがあるのですが、独特の苦みがあることからなかなか定着せずに今に至ります。

しかし、ダイエット効果があることは広く知られており、そのためここ数年でまた杜仲茶が注目されるようになりましたが、やはり苦味の克服がポイントとなるようです。

杜仲茶の効果を得るには煮出す時間が長いほどよいと言われていますが、まずは味に慣れないことには続けられないので、最初は5分程度から始めてみるのがよいでしょう。

杜仲茶の味に慣れてきたら、少しずつ煮出す時間を長くしていくことで、口が味に慣れていきます。

なお、ダイエット効果を得るには15分ほど煮出すのがよいと言われています。


Sponsored Link


杜仲茶ダイエットを始めたら、煮出し15分を目標に頑張ってみましょう。

杜仲茶ダイエットのポイント!飲むタイミングや一日の摂取量は?


杜仲茶は、一日5杯が飲む目安と言われています。

「一日5杯もお茶を飲まない」と言う人もいるかも知れませんが、普段生活していると何気なく水分を摂っているもの。

そのため、これまではコーヒーや紅茶、水などを飲んでいたのを杜仲茶に変えるだけで、案外すんなりと5杯飲むことができると思います。

また、飲むタイミングについては特に決まっているわけではありませんが、杜仲茶に含まれている成分を有効に生かすなら、食事中に飲むのがお勧めです。

杜仲茶を食事中に飲むことで、脂肪の吸収を抑えることができるので、ダイエット効果を高めることができます。

なお、杜仲茶は味に癖があるので、そのまま飲むのが苦手な場合は冷たくすると苦味を感じにくくなりますし、麦茶などの飲みやすいお茶と割ると飲みやすくなりますが、冷たい飲み物は体を冷やして代謝を下げてしまうので、ダイエットのために飲む場合にはあまりお勧めできません。

ダイエット効果を高めるためには、温かい杜仲茶を飲むのがよいでしょう。

温かい飲み物を摂ることで体が温まり、代謝が上がって脂肪が燃えやすい体を作ることができます。

杜仲茶ダイエットの注意点!副作用はないの?


杜仲茶ダイエットは、短期間で体重を一気に落としたい方には不向きなダイエット方法です。

杜仲茶ダイエットは、毎日摂ることで徐々に痩せやすい体質に変えていくダイエット方法なので、長期間続ける必要があるからです。

また、ダイエット効果を早く得たいからと言って、目安量以上を摂取するのは止めましょう。

杜仲茶には下痢を緩和させる効果があるのですが、その一方でたくさん飲み過ぎると逆に下痢を誘発してしまう恐れがあります。

お腹の調子がいつも悪い人が、体質改善のために飲むこともある杜仲茶ですが、飲んでも下痢が続くような時は体質に合わないか、量を飲み過ぎている可能性があるので気を付けて下さい。

さらに、杜仲茶に含まれるミネラルの一種であるカリウムには利尿作用があります。

そのため、杜仲茶を飲むと何度もトイレに行きたくなります。

行事やイベントなどで席を立ちにくい状況が予想される場合は、その日は飲むのを控えた方がよいでしょう。

なお、腎臓などに持病がある方は、カリウムの多い食品を摂取すると上手く排出することができずに、成分が体内に溜まってしまい、高カリウム血症などを引き起こしてしまうことがあるため、必ず事前に主治医に相談をしてから飲むようにして下さい。

杜仲茶ダイエットの口コミ!

tcycdt5
ダイエットには評価が付き物ですが、杜仲茶ダイエットの場合はどうなのでしょうか。

ここでは実際に杜仲茶ダイエットを行った方の意見を集めてみました。

「血圧を下げるのが目的で母が飲むようになったのを、冷蔵庫に常備してあるという理由で私も飲み始めたら体重が減って驚きました!」

「体重はあまり減らないものの体脂肪がかなり減りました」

「すぐに目に見える効果はなかったけれど、半年、一年と続けることで体質に変化を感じました」

「お通じはスムーズになったけれど、体重や見た目に変化はありませんでした・・」

 

どくだみ茶ダイエットの効果と成功するやり方や口コミ

 

杜仲茶の効能・効果


ダイエット茶として女性を中心に人気を集めている杜仲茶ですが、どうして杜仲茶はダイエット茶と呼ばれているのでしょうか。

ここでは、杜仲茶の効能や効果についてご紹介したいと思います。

脂肪の吸収を抑える

杜仲茶には、脂肪の吸収を抑える作用に優れたゲニポシド酸という成分が多く含まれています。

この成分は他のお茶にも含まれていますが、杜仲茶はその含有量が多いと言われています。

高血圧の予防や改善

ゲニポシド酸には、血流抵抗を下げることで血圧を低下させる働きがあるとして、昔から高血圧の治療薬として中国で用いられていました。

むくみの予防や改善

杜仲茶には利尿作用があり、むくみの予防や改善に役立つと言われています。

 

リンパマッサージの効果的なやり方【ダイエット・むくみ解消】

 

便秘解消効果

ゲニポシド酸の血行促進作用によって、胃腸の働きが促されることで、お通じがよくなり便秘解消効果が期待できると言われています。

 

ハーブティーダイエットの効果【デトックスや便秘解消も】

 

鎮痛作用

杜仲は中国では漢方薬として用いられており、中でも血管を拡張して血流を促進することから、筋肉痛や関節痛、生理痛などに使用されています。

杜仲茶ダイエットのまとめ

杜仲茶にはカフェインが含まれていないため、寝る前に飲んでも就寝に影響せず、カフェインで胃が荒れてしまう方でも始めやすいダイエット法だと思います。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)