低インシュリンダイエットの効果的なやり方とGI値について!

低インシュリンダイエットの効果的なやり方とGI値について!

低インシュリンダイエットと糖尿病への効果!糖質制限との違いは?

これまで、ダイエットと言えばいかにカロリーを抑える(もしくは消費する)ことが目的でしたが、ここ最近は少し風向きが変わってきています。

それは数年の間に糖質制限という言葉が流行り出し、今やすっかり定着していることからも伺えます。

しかし、糖質制限はダイエット効果が高いと言われている一方で、体調を崩しやすく、自分とは合わないと感じている人も多いのではないでしょうか。

そのような方にお勧めなのが、低インシュリンダイエットです。

インシュリンとは糖尿病に詳しい方ならよくご存知だと思いますが、いまいちよくわからない場合もあると思います。

そこで今回は、低インシュリンダイエットについて調べてみました。

低インシュリンダイエットやり方効果はもちろんのこと、GI値という聞き慣れない言葉について詳しく解説させて頂きます。


Sponsored Link


低インシュリンダイエットとは?GI値とは?


低インシュリンダイエットとは、インシュリンの値を低く抑えるダイエット方法になります。

インシュリンとは、膵臓から分泌されるホルモンのことを言い、体内で唯一血糖値を下げる働きを持っているもの。

私達の体は食事をすると血糖値が上がりますが、それを察知すると膵臓からインシュリンを分泌され、血液中の糖を体の各器官や細胞へと送ります。

その際、上昇した血糖値が正常に治まります。

このようにインシュリンはとても重要な役割を担っている反面、血糖値の上がりやすい食事ばかりをしているとインシュリンの分泌量が過剰になり、今度は余った糖をエネルギーとして貯蔵するようになってしまいます。

いわゆる脂肪を作る元となってしまい、インシュリンの過剰分泌は肥満の原因の一つとされているのです。

そのため、インシュリンの過剰分泌を防ぐ低インシュリンダイエットは、ダイエット方法としてとても理に叶っていると言えるでしょう。

また、インシュリンの過剰分泌を防ぐには、GI値の低い食物を食べるのがよいと言われています。

GI値とは、グリセミック・インディックスと呼ばれるもので血糖値が上昇するスピードを値として示したもの。

この値が高いほど血糖値を上げやすい食べ物であり、逆に低い場合は血糖値が上がるスピードが緩やかなため、ダイエットに向いているというわけです。

低インシュリンダイエットの効果!糖尿病にも効果的なの?


低インシュリンダイエットでは、食べた物を脂肪として溜めこみにくくなる効果が期待できます。

加えて、体内に入ってくる糖も少なくなることから、それまで溜めこんでいた脂肪をエネルギーに変換して消費するため、脂肪燃焼効果も期待できると言われています。

また、インシュリンと聞くと糖尿病を思い出す方も多いのではないかと思いますが、低インシュリンダイエットと糖尿病には実は密接な関係があります。

そもそも糖尿病とは、インシュリンの分泌量が少ない、もしくは分泌されるスピードが遅いため血糖値がなかなか元に戻らないと言う疾患です。

そのため、糖尿病患者の方はインシュリンを注射してインシュリンの量を増やしますが、同時に血糖値を急激に上げない食べ物(GI値の低い物)を摂取する食事療法も行います。

つまり、低インシュリンダイエットで摂取する食事は、糖尿病患者の方の食事とほぼ同じということ。

どちらも血糖値の急激な上昇を抑えるために行うものとなります。

GI値や血糖値の上昇を抑える低インシュリンダイエットのやり方


低インシュリンダイエットのやり方は、GI値の低い食品を選んで食べるだけです。

低GIであれば特に食品を特定する必要はないため、●●だけ食べるダイエットや置き換えダイエットのように、同じ味ばかりを食べて食べ飽きしてしまう心配がありません。

また、これまでダイエットと言えばカロリーに注目が集まっていましたが、低インシュリンダイエットではカロリーにこだわる必要もありません。

あくまでも低GI食品を摂ればよいだけなので、低GI食品が何なのかさえわかれば、比較的簡単に行えるダイエット方法なのではないかと思います。

低インシュリンダイエットの注意点やポイント!危険性はないの?


低インシュリンダイエットは、低GIの食品を選んで摂取するダイエット方法です。

GI値が低いほど、食後の血糖値が上がりにくいとされ、それによってインシュリンの過剰分泌を防ぐことが狙いになります。

ダイエットで重要視されるカロリーではなく、あくまでもGI値の低いものを選ぶだけなので、一般的なダイエットでは摂取制限を強いられる肉類なども摂ってもよいことになっています。


Sponsored Link


しかし、いくら低GI値の食品だからといって、好きなだけ食べてもよいかと言われたらそれは違います。

なぜなら、人は摂取カロリーが多いと体に脂肪を蓄えてしまうからです。

そのため、脂身の多いお肉などを大量に食べてしまえば、当然ながら太ってしまいます。

例えて低GI値の食品であっても、食べ過ぎにならないように注意しましょう。

 

スローカロリーダイエットの効果とやり方!お勧めのレシピは?

 

低GI食品とは?どんな食材があるの?


低インシュリンダイエットを行うには、低GI食品の存在が欠かせません。

しかし、低GI食品ってあまり耳慣れない言葉ではないでしょうか。

そこでここでは、低GI食品についてご紹介したいと思います。

低GI食品とは、食後の血糖値の上昇が緩やかなものを指しています。

GI値は、食後の血糖値の上昇のスピードを数値化したものですが、この値が高いほど血糖値が急激に上がり、低いほど穏やかな上昇を見せます。

低GI食品には主に、野菜や果物がありますが、野菜や果物であればどれも低GI食品と言うわけではなく、野菜であれば葉物野菜やキャベツ、ブロッコリーなどがGI値が低く、逆にじゃがいもやにんじん、とうもろこしなどはGI値が高くなっています。

また、果物であればいちごやキウイ、オレンジなどはGI値が低いですが、パイナップルやバナナは比較的高いと言えるでしょう。

低インシュリンダイエットと糖質制限ダイエットとの違い


低インシュリンダイエットも糖質制限も、血糖値の急激な上昇に関わる糖質を省いた食事を行うという点では共通しているものと思われます。

しかし、低インシュリンダイエットはあくまでもインシュリンの分泌を抑えることが目的で、一方の糖質制限はその名の通り糖質が含まれる食事を制限します。

低インシュリンダイエットでは、糖質が含まれているものでもGI値が低ければ、摂取にさほど問題はありません。

例えば、ダイエットによいと思われているそばも、小麦粉を使っているものは糖質制限ダイエットでは摂取不可ですが、低インシュリンダイエットの場合は必ずしも避けなければいけない、というわけではありません。

このようなことから、低インシュリンダイエットの方が、糖質制限よりも選択肢の多い食事が摂れると言われています。

 

糖質制限ダイエットで食べてもいい食品とダメな食品は?

糖質制限ダイエットの効果的なやり方や成功ポイントと口コミ!

 

低インシュリンダイエットおススメのレシピ!

低インシュリンダイエットでは、低GI食品を組み合わせたメニューを楽しむことができます。

そこでここでは、低インシュリンダイエットにお勧めのレシピをご紹介します。

ほっこり美味しいブリ大根


臭み抜きをしたブリと1.5~2㎝幅に切った大根を茹でたら、醤油、みりん、酒、はちみつ、2~3等分にして熱湯をかけたブリを入れて落し蓋をして煮て完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4449780

 

大根ダイエットの効果と成功するやり方のコツと口コミ!

 

激ウマ★ステーキサラダ


皿の上にちぎったレタス、ベビーリーフ、スライスした玉ねぎ、ミニトマトを乗せ、その上にスライスしたにんにくと塩コショウをまぶしてカリカリに焼いた一口大のステーキ肉を乗せ、最後にステーキソースとマヨネーズをかけて完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4527623

 

サラダダイエット方法の効果とおすすめのレシピや口コミ!

 

アボカドとクリームチーズのおかか和え


1㎝角にカットしたアボカドとクリームチーズをボールに入れ、そこにレモン汁、醤油、おかかを入れて混ぜ合わせて完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4601938

 

アボカドダイエット成功するやり方と効果のあるレシピ!

チーズダイエットの効果と正しいやり方や口コミ!カロリーは?

 

低インシュリンダイエットの効果的なやり方とGI値について!のまとめ

低インシュリンダイエットとは、インシュリンの分泌を抑えるGI値の低い食品を摂るダイエット方法になります。

糖質制限ダイエットと似ている部分がありますが、あくまでも低GI食品を選択して摂取するため、糖質制限ダイエットよりも食事のバリエーションが豊富と言えるでしょう。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)