寝るだけで痩せる睡眠ダイエットの効果とやり方や口コミ!

寝るだけで痩せる睡眠ダイエットの効果とやり方や口コミ!

睡眠ダイエットのコツとやり方!寝るだけで痩せ体質に!

私達は、朝起きてから夜までに活動し、夜から翌朝までを睡眠に費やしています。

ただ寝ているだけのこの時間にそんなに使っているのか!と急にもったいなさを感じる方もいらっしゃると思いますが、今、この睡眠時間を利用した「睡眠ダイエット」がとても注目されています。

とは言え、寝ている時に運動をするわけではありません。

では、睡眠ダイエットとは一体どのようなダイエット方法なのでしょうか。

今回は、睡眠ダイエットについて調べてみました。


Sponsored Link


寝るだけで痩せる睡眠ダイエットとは?睡眠中に消費するカロリーは?

nrdkdt2
睡眠ダイエットとは、毎日質のよい睡眠を7.5時間とる、というダイエット方法です。

「え?寝るだけなの?」と思った方も多いと思いますが、そうなのです、このダイエットは寝ているだけでよいのです。

睡眠ダイエットは、アメリカの睡眠学の権威であるマイケル・ブルース博士が提唱しているもので、博士監修の実験では、被験者の食生活や運動習慣を変えない状態で、毎日7.5時間、質のよい睡眠をとらせたところ、10週間で1.5~8kgの減量が見られたそうです。

これは、睡眠時には脳はレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を繰り返しており、脳が覚醒している状態のレム睡眠時には以外と多くのカロリーを消費しているからだと言われています。

その消費カロリーは、およそ300㎉。

300㎉を消費するには、時速10kmのランニングを20分行う必要があることから、寝ている時は多くのカロリーが消費されていることがわかると思います。

 

ランニングダイエットの成功するコツ【距離や時間と食事】いつやるのがベスト?

寝ながらダイエットで気になる脂肪を引き締めスリムになる方法!

 

睡眠ダイエットの効果

nrdkdt3
睡眠ダイエットによる効果は、ダイエットだけではありません。

質のよい睡眠ととることで、成長ホルモンの分泌が促されると、皮膚の修正・再生が活発になって美肌に繋がります。

また、血流がよくなってむくみが解消される、ストレスを解消する、免疫力をアップさせるなど、心身の健康には欠かせない効果があります。

睡眠ダイエットのポイントと5つの痩せホルモンを知ろう!

nrdkdt4
睡眠ダイエットに深く関わっている成長ホルモンは、別名「痩せホルモン」と呼ばれています。

この痩せホルモンは、成長ホルモン以外にもあり、そのホルモンの分泌を増やすことで痩せやすい体質を手に入れることができると言われています。

そこでここでは、5つの痩せホルモンをご紹介したいと思います。

成長ホルモン

脳下垂体から分泌されるホルモンで、体のあらゆるものの成長に関わっています。

また、成長ホルモンは糖質の分解を促進したり、筋肉の増強にも関わっているため、分泌が増えることで脂肪燃焼効果や基礎代謝のアップが見込めます。

 

基礎代謝を上げ簡単にダイエットできる方法!

 

GLP-1

グルガゴン様ペプチド-1というホルモンで、小腸の粘膜から分泌されています。

GLP-1の量が多い人は、食べても太りにくいという特徴を持っており、元々の体質の他、GLP-1の分泌を促す食品を食べることでも増やすことができます。

 

ダイエットの食事は太らない食べ方とバランスやメニューが重要!

 

レプチン

脳の視床下部に満腹のサインを送るホルモンで、食べ過ぎを防ぐ効果が期待できます。

食事を始めて20分後に分泌が開始されるため、ゆっくり食べることで少量でも満足できるようになります。

セロトニン

精神の安定を図り、幸福感をもたらせてくれることから、別名「幸せホルモン」とも呼ばれているセロトニンですが、実は食欲をコントロールする働きも持っています。

不足すると食に対する欲求が高まってしまうことから、なるべくストレスを溜めず、適度な運動によってセロトニンを増やすことが大切です。


Sponsored Link


 

ダイエットに効果のある運動おすすめ10選!美しく痩せるコツ!

 

メラトニン

メラトニンは、私達が眠りにつくためには欠かせない睡眠ホルモンですが、老化の原因と言われている活性酸素を除去する働きもあるため、新陳代謝を活発にして太りにくい体質を作ります。

睡眠ダイエットのやり方

nrdkdt5
睡眠ダイエットは、質のよい睡眠を毎日7.5時間続けるだけのダイエット方法です。

成長ホルモンが最も分泌される午後10時~午前2時の時間帯には寝ていることは勿論ですが、質のよい睡眠を得るためには次のようなことに気を付けるのがよいと言われています。

①午後2時以降はカフェインの摂取を控える

カフェインには覚醒作用があることから、入眠に差し支えないように午後2時以降はコーヒーや紅茶などを飲むのを控えるようにしましょう。

②寝る前にテレビやスマホを見るのは止めましょう

光が刺激となり、入眠の妨げになります。

部屋の明かりを徐々に落としていき、自然な眠りに入れるように環境を整えましょう。

③お風呂は寝る一時間前がよい

心地良く眠りにつくためには、体の深部の温度が一旦上がって、そこから下がることが必要になります。

そのため、寝る一時間前にお風呂に入って温まっておくことで、スムーズに眠りにつくことができます。

 

お風呂ダイエットの効果のあるやり方【小顔・お腹・足】

全身浴ダイエットの効果と成功するやり方やポイント!

半身浴ダイエットの効果と成功するやり方と口コミ!

 

睡眠ダイエットの注意点

nrdkdt6
睡眠ダイエットは、「ただ7.5時間寝ればいい」わけではありません。

特に注意が必要なのが、夕食です。

夕食に、脂質や糖質の多いものを大量に食べてしまうと、消化に時間が掛かり胃腸が遅くまで活動してしまうため質のよい睡眠を得ることはできません。

同様に夜食を摂ってしまうのも、いくら7.5時間寝たとしてもダイエット効果を得ることは難しくなります。

 

夜中の空腹感を満たす食べても太らない夜食おすすめ10選!

コンビニで買えるダイエット中でもふとらないお菓子おすすめ15選!

 

睡眠不足は太る?

nrdkdt7
睡眠不足になると、食欲を高める「グレリン」というホルモンの分泌が活発になるため、食べ過ぎてしまい太る原因となります。

また、睡眠が足りないと成長ホルモンの分泌が少なくなり、血行不良や代謝の低下も起こるため、冷えやむくみ、便秘などになりやすくなり、太りやすい体質になってしまいます。

睡眠ダイエットの口コミ

nrdkdt8
睡眠ダイエットに実際に取り組んだ方の口コミを見てみると、「こんな簡単なのにダイエット効果があった」と感じた方もいらっしゃれば「全く痩せなかった」という方もいらっしゃいます。

そもそも、睡眠ダイエットは短期間で劇的に体重を落とすダイエット方法ではないため、そのような効果を求めている方には不向きと言えますが、質のよい睡眠をとれるようになったことで、体調がよくなったり便秘が解消されたり、朝早く起きる習慣がついて、ウォーキングや運動をするようになって、結果としてダイエットに成功した方もいらっしゃいます。

このようなことから、睡眠ダイエットを規則正しい生活を送るための方法として取り入れ、運動や食事の管理など他のダイエット方法を併用してみるのがよいかも知れません。

寝るだけで痩せる睡眠ダイエットの効果とやり方や口コミ!のまとめ

睡眠不足は美容にとって大敵なだけではなく、ダイエットにおいても悪循環を招くものだとわかりました。

是非、今日から質のよい睡眠を心掛け、寝ているだけでもどんどんとカロリーを消費する痩せ体質を手に入れましょう!


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)