夏までに痩せたい!下半身【太もも】の筋トレが効果的?

夏までに痩せたい!下半身【太もも】の筋トレが効果的?

夏までに痩せたい望みを叶える運動や食事法!10キロ痩せるには?

何かと肌を露出する機会が多くなる夏。

そんな夏までに痩せたいと思っている方は多いですよね。

でも、どうしたら夏までに痩せることができるのでしょうか。

そこで今回は「今年の夏はかわいい水着を着て海に行きたい!」「肌見せファッションを着こなしたい!」と思っている方のために、夏までに10キロ痩せる方法を調べてみました。

夏まで痩せるには、下半身や太ももの筋トレに効果がありそうですよ!


Sponsored Link


夏までに痩せたい望みを叶える為の基本的な考え方


夏までに痩せたいと言っても、そもそも「夏」の定義が曖昧ですよね。

暑くなり始める6月から夏という人もいれば、本格的な暑さが続く8月を夏だという人もいます。

夏を何月にするかによって、夏に向けたダイエットのスタートが変わります。

なぜなら、痩せたいと思ってダイエットを始めたからと言って、すぐに痩せられるわけではないからです。

一般的に、ダイエットを始めて結果が出るのは3ヵ月が過ぎてからと言われています。

その期間に当てはめると、6月を夏と思うなら少なくとも3月から、8月が夏なら5月からダイエットを始めなくていけません。

夏までに痩せるには太ももを始め下半身を鍛えるのが効果的?


二の腕を出したい、お腹を引き締めたいなど、夏までに痩せると言っても痩せたい部位は人それぞれに違いますよね。

部分痩せはやってできないことはありませんが、特定の部位だけをダイエットするのは決して効率がよいとは言えませんし、何よりそこの部分だけ細くなっても全身のバランスが悪くなってしまう恐れもあります。

そこでお勧めなのが、下半身の引き締めです。

下半身痩せに効果抜群の股関節ストレッチダイエットのやり方!

下半身だって部位でしょ?と思うかも知れませんが、お尻や太もも、ふくらはぎには実は体の7割の筋肉があると言われており、集中的に鍛えることで筋肉の量を増やすことができます。

なお、下半身の筋肉を強化したからと言って、脂肪が燃えるのは下半身のみではありません。

脂肪は全身くまなく落ちていくので、下半身を鍛えることで体のバランスを取りながら痩せることができます。

参照サイト:筋トレで基礎代謝アップ!下半身を引き締め痩せて美ボディラインに

夏までに痩せたい!おすすめの筋トレ3選

夏までに筋肉を増やすなら、下半身強化を行うのがよいでしょう。

ここでは、下半身を鍛えることができる筋トレをご紹介します。

スクワット

スクワットは、腰を落とした時に膝がつま先よりも前に出ないことが大事です。

動きを止めないことで、より筋肉に負荷がかかりやすくなります。

 

ゴリラスクワットで下半身の引き締めダイエット【太もも・ふくらはぎ・お腹】

スクワットダイエットは正しいやり方で効果的に痩せるのか?

 

レッグランジ

ジムで行う場合はダンベルを、自宅で行う時は水を入れたペットボトルを持ちながら行うと、より負荷がかかってトレー二ングの効果を高めることができます。

プランク

通常のプランクに加え、膝を肩に近づけるように動かすことで、ウエストのくびれを作りやすくします。

夏までに痩せたい!おすすめの有酸素運動3選

脂肪を燃やすには有酸素運動が欠かせません。

ここでは、夏までに痩せるためにお勧めの有酸素運動をご紹介します。

 

家でできるダイエットメニュー【有酸素運動・筋トレ・ストレッチ】15選!

自宅でできる有酸素運動の効果とダイエットのやり方【種類・時間・心拍数】

 

ジョギング


道具を揃える必要がなく、運動が苦手でもできるジョギングは、誰でも始めやすい有酸素運動と言えるでしょう。

 

スロージョギングダイエットの効果の出るやり方と口コミ!

その場ジョギングでダイエット!その効果とやり方や口コミ!

 

縄跳び


縄跳びは子どもの遊びのイメージが強いですが、実は全身を動かす有酸素運動になります。

縄跳びがない場合は、縄跳びを持っている振り(エア縄跳び)でも同様の効果が見込めます。

 

縄跳びダイエットに効くメニュー【時間・回数・期間】と消費カロリー!

エア縄跳びダイエットの効果と正しいやり方【時間・回数】

 

水泳


水泳は、ゆっくりと泳ぐと有酸素運動、速く泳ぐと無酸素運動(筋トレ)の効果が期待できます。

消費カロリーも高いので、短期間で痩せたい時はぜひ取り入れたい有酸素運動の一つです。

 

水泳ダイエットの効果的なメニューと距離【平泳ぎとクロール】

エア水泳ダイエットの効果と結果の出るやり方!

 

夏までに痩せたい!効果的な食事法6選

ダイエットでは、食事の役割がとても大切になります。

せっかく筋トレや有酸素運動を行っても、食事の方法が間違っていると意味がなくなってしまいます。

ここでは、夏までに痩せるために効果的な食事の摂り方をご紹介します。




たんぱく質を摂る


筋肉を作る元となるたんぱく質は、ダイエット中には欠かせない成分となります。

ただし、いくらたんぱく質が含まれていても脂身が多いとカロリーの摂り過ぎになってしまうので、なるべく脂質の少ないものを選ぶようにしましょう。

 

タンパク質ダイエットの効果的なやり方とレシピ!危険性はないの?

 

ベジタブルファースト


ベジタブルファーストとは、食事の最初に野菜を食べることを言います。

野菜に含まれている食物繊維は、食後の血糖値の上昇を抑えてくれるので、食べた物が脂肪として蓄積するのを防いでくれます。

 

野菜ダイエットの効果とおすすめのレシピや口コミ!

 

箸置きを使う


早食いは肥満の原因になります。

一口食べたら30回噛むのがよいと言われていますが、食べるたびに箸を箸置きに戻すようにすると、早食いを防ぐことができます。

 

箸置きダイエットの効果と痩せたやり方や口コミ!

 

遅い時間に食べない


夜の10時~翌日の2時まではビーマルワンという体内遺伝子の活動が活発になりますが、ビーマルワンには脂肪の蓄積を促す働きがあります。

そのため、夜遅くに食事をするとビーマルワンの活動時に食物が体内にある状態となり、太りやすくなってしまいます。

このようなことから、食事は遅くても20時(8時)までに終わらせるのがよいでしょう。

 

痩せる食事メニューはコレ!ダイエットに効果的な時間帯は?

 

夕食は少なめに


朝や昼は摂取カロリーが活動によって消費されますが、夕食は消費されにくくなるので、そのまま脂肪になってしまいます。

一日の食事は、朝食や昼食を多めに、夕食は少なめに行うのがよいでしょう。

間食はしない


間食をすればその分多くカロリーを摂ってしまうことになります。

しかし、我慢しすぎて食事をたくさん食べてしまうくらいなら、間食は無理に止める必要はないでしょう。

ただし、お菓子はNGです。

間食として食べるならたんぱく質豊富なゆで卵や、食物繊維がたっぷりのナッツがお勧めです。

飲み物も注意した方が良い?


ダイエットを行う時、食事にはすごく気を使うのに、反面飲み物にはあまり気を使わない人も少なくありません。

しかし、飲み物の中には糖分が多く含まれているものも多く、注意して飲まないとせっかく食事でカロリーを制限しても意味がなくなってしまいます。

特に暑い夏はのど越しのよい炭酸飲料が飲みたくなりますが、炭酸飲料には大量の糖分が含まれています。

気分がスッキリするからとつい飲み過ぎてしまうと、カロリーの摂り過ぎになってしまうので摂取は控えるようにしましょう。

 

ダイエット効果のある飲み物おすすめ15選とそのやり方!

 

短期間で痩せるのは良いこと?


短期間で痩せるということは、摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やすことになるので、当然ながらお腹が常に空いた状態になります。

ストレスも溜まりやすく、正直なところ心身ともにあまりよい状態であるとは言えません。

さらに、1ヵ月の間に元体重の5%が減ると、人の体に備わっているホメオスタシスの機能が作動し、ダイエットを続けても思うように痩せられなくなることもストレスを加速させてしまいます。

このようなストレスは、暴飲暴食やドカ食いを招いてダイエットを失敗させてしまうことが多いため、できれば中長期間をかけて体に負担の少ない形でダイエットをするのがよいでしょう。

ただし、ダラダラと長い期間をかけるとモチベーションが保てないという性格の方は、短期間で痩せる方法の方が合っていることがあります。

夏までに10キロ痩せるための心構えややるべきこと


夏までに10㎏痩せる場合、期間が3ヵ月なら1ヵ月で3㎏を落とす計算になります。

これが半年なら1ヵ月で1.5㎏、10ヵ月前なら1ヵ月で1㎏落とせばよいことになりますよね。

10㎏を痩せると聞くと、とても大変なことのように思えますが、期間が長くなればなるほど体への負担は少なくて済みます。

また、もし痩せるまで3ヵ月しかなくても焦ることはありません。

それまでの食生活を見直し、筋トレや有酸素運動を行えば、必ず結果はついてきてくれます。

結果を出すことに焦り過ぎて、極端な食事制限や運動をしてしまうと、ストレスによってリバウンドしてしまう可能性が高くなるので、その日にできることをコツコツと続けることから始めてみましょう。

夏までに痩せたい!下半身【太もも】の筋トレが効果的?のまとめ

夏までに痩せたいと思ったら、筋トレ、有酸素運動、食事の管理を同時進行で行うのがよいでしょう。

筋トレは下半身を中心に行うと、効率よく筋肉量を増やすことができます。

また、夏までの期間が長ければ長いほど、心身への負担を少なくしてダイエットに挑むことができます。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)