空腹のダイエット効果や紛らわす方法!眠れない時の対処法は?

空腹のダイエット効果や紛らわす方法!眠れない時の対処法は?

空腹時のダイエットに効果的な運動!空腹時間を楽しむには?

ダイエットは空腹との闘いとよく言いますよね。

日中の空腹もツラいですが、特に夜はお腹が空きすぎて眠れないこともあります。

そのため、多くの人はダイエット中は空腹をいかにして紛らわすかを考えると思いますが、空腹時間を楽しむという発想はあまりないのではないでしょうか。

空腹を苦痛だと思わず、痩せるチャンスだと思えたら少しは頑張れそうな気がしませんか?

実は空腹は、ダイエットの効果が期待できる絶好のチャンスタイムなのです。

でも空腹がどうしてダイエットによいのかよくわかりませんよね。

そこで今回は、空腹ダイエットについて調べてみました。


Sponsored Link


空腹のダイエット効果は?


空腹によるダイエット効果には、大きく次の2つがあります。

① 成長ホルモンが増える

空腹状態になると、成長ホルモンの分泌が増えることがわかっています。

成長ホルモンは子どもが大人になるために必要なものというイメージがありますが、実は大人にも欠かせないもの。

成長ホルモンによって細胞の働きが活性化されると、代謝が上がって痩せやすい体を作ることができます。

② 若返りの遺伝子の働きが活発になる

空腹はサーチュイン遺伝子という若返りに関係している遺伝子の働きを活性化させると言われています。

若返りと聞くと美容面のアンチエイジングが思い浮かびますが、細胞が若返って老化を防ぐことで、代謝の低下を抑えて、加齢ともに痩せにくくなるのを防いでくれます。

空腹時のダイエットに効果的な運動は?


空腹時は脂肪が燃えやすい、という話を聞いたことがないでしょうか。

呼吸や体温の調節など、無意識に人の体はエネルギーを消費していますが、エネルギーとなる糖が不足していると体脂肪を燃やしてエネルギーを産生しようとする、というのがその理由なのですが、実は近年、空腹時に分解されるのは体脂肪ではなく筋肉ということがわかってきています。

つまり、空腹時に運動をしてカロリーを消費すると、体脂肪よりも先に筋肉が分解されてしまうため、筋肉量が減り太りやすい体質になってしまうのです。

これは筋トレでも同じで、脂肪燃焼作用の高い有酸素運動も筋トレも、空腹時に行うのはあまりお勧めしないという流れに今は変わってきているようです。

ダイエットで空腹が辛い時の紛らわす方法


ダイエット中のツライ空腹を紛らわすには、気分転換をするのが一番。

意識を「お腹が空いている」こと以外にシフトすることで、「私は今お腹が空いているのだ」という認識を薄くすることで、空腹を忘れることができます。

ここでは、空腹を紛らわすのにお勧めの方法をいくつかご紹介します。

① 音楽を聴く

② 映画を観る

③ 本を読む

④ 散歩をする

⑤ ペットを遊ぶ

⑥ 趣味に没頭する

⑦ 勉強をする

また、上記ではどうしても空腹が気になってしまうという方は、飴やガムを食べる、温かい飲み物を摂るのもよいでしょう。

飴やガムに含まれている少量の糖分を摂ることで、強い空腹感が抑えられることがあります。

温かい飲み物はリラックス効果もありますし、一気に飲めないので少しずつ飲んでいくうちに空腹感が和らぐことがあります。

空腹で眠れない時の対処法


ダイエットで夕食を少なめにしたせいで、お腹が空きすぎてしまい、寝ようと思っても目が覚めてしまう・・。

このような悩みは、ダイエット中によくあることです。

空腹で眠れない時は、次の方法を試してみて下さい。




① ストレッチを行う

ストレッチにはリラックス効果があるため、寝る前に行うと睡眠への導入がスムーズになると言われています。

また、軽く体を動かすことで血糖値が少し上がるので、それで空腹が紛れることがあります。

ただし、やりすぎると交感神経のスイッチが入ってしまうので、あくまでもリラックスを促す程度に留めておきましょう。

② 白湯を飲む

白湯は水を温めたもの、つまりはお湯のことです。

お湯は0カロリーなので夜遅い時間に飲んでも太ることはありません。

それよりも、体を温めてくれるので寝つきがよくなりますし、お腹に水分が溜まるので空腹が紛れることがあります。

空腹時間を楽しむ?空腹時の色々なメリット


空腹は体が「食べろ」と命令しているのに、それに背くことになるからストレスだけが溜まる一方・・だと思っていませんか?

空腹はデメリットもありますが、メリットも存在します。

では、空腹にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

① 胃や腸を休めることができる

常に何か食べているということは、胃や腸も常に食べ物を消化しているということ。

これではなかなか休まることがなく、そのうち疲弊してしまいます。

しかし、空腹時は胃や腸に食べ物がない状態のため、胃や腸は働きを抑えて休んでいます。

ちなみにお腹が空いてぐーっと鳴るのは、残ったカスなどを排出するために胃が収縮するためで、ぐーっと鳴るたびに胃や腸が綺麗に掃除をされている合図ということになります。

② 記憶力や集中力が高まる

空腹状態になるとグレリンというホルモンの分泌が盛んになるのですが、グレリンには記憶力や集中力を高める働きがあると言われています。

これとは逆に満腹時はセロトニンというホルモンが分泌されるのですが、セロトニンには睡眠を誘発するメラトニンの働きを活発にする作用があるため、お腹がいっぱいだと眠くなりやすくなります。

空腹を作るダイエットは南雲先生もすすめている?


南雲先生と言えば、テレビや雑誌などで人気の「若返り」を自ら実践している方ですよね。

年齢は50才を過ぎていますが、見た目は30代と大変若く見えることで有名ですが、その昔は太っていたこともあり、実年齢よりもずっと年上に見られていたそうです。

そんな南雲先生は、見た目を若返らせ、健康を取り戻すために行ったダイエットが、「効果がある!」とどれも話題となっています。

南雲先生が推薦する食べ物が次々とブームになる中、敢えて「何も食べない」ことが健康に繋がるということを言っています。

南雲先生曰く、現代人は食べ過ぎによって美容や健康を害しているとのこと。

空腹によってお腹が鳴ると、成長ホルモンやサーチュイン遺伝子の働きが活発になって体の細胞が若返り、結果として痩せやすくなるそう。

一日3回お腹が鳴れば長寿ホルモンのアディポネクチンが分泌されて、血管まで若返るというのが南雲先生の見解です。

南雲先生は「一日一食」を実践していながら、あれほどまでの若さを保っています。

とは言え、これまで一日三食が当たり前だった人にとって、いきなり一日一食はツラいですよね。

そのため、まずは一回の食事の量を見直し、間食を止めることから始めてみましょう。

参照サイト: 南雲医師が伝授する3つの若返り方法は、空腹、睡眠、丸ごと食
https://www.news-postseven.com/archives/20130515_187142.html

「空腹が人を健康にする」
https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E7%A9%BA%E8%85%B9%E3%80%8D%E3%81%8C%E4%BA%BA%E3%82%92%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B-%E5%8D%97%E9%9B%B2-%E5%90%89%E5%89%87-ebook/dp/B009AQR10W

空腹のダイエット効果や紛らわす方法!眠れない時の対処法は?のまとめ

健康的な心身を維持するには、食事は欠かせないことです。

しかし、現代人は過食・飽食の時代と言われており、必要以上に食べ物を摂取しているのも事実と言えます。

一日三回の食事時、それが当たり前だと思って、お腹が空いているかどうかの確認もせずに「時間だから」と食事をしていませんか?

そのような食事の在り方が、知らず知らずのうちに肥満を招いている原因かも知れません。

今回ご紹介した空腹の紛らわせ方を参考に、空腹であることを改めて認識する食生活を始めてみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)