美しい「くびれ」を作るダイエット方法【筋トレやエクササイズ】

美しい「くびれ」を作るダイエット方法【筋トレやエクササイズ】

魅力的なくびれ美人になるダイエット方法!フラフープもおすすめ!

どんなに手足が細くても、くびれがない体はなんとなくメリハリがないように思えませんか?

女性らしさの象徴とも言われるくびれは、異性である男性の憧れだけではなく、同性の女性からも憧れの的となるもの。

しかし、ダイエットでくびれを手に入れたいと思って食事制限をしても、思うようにくびれができなかったりします。

そこで今回は、くびれを作るダイエット方法について調べてみました。

くびれを作るには食事制限だけではだめで、筋トレやエクササイズ、フラフープなどがお勧めのようです。

とは言え、どんな筋トレやエクササイズをすればいいのかよくわからないと思いますので、具体的な方法をご紹介したいと思います。


Sponsored Link


ウエストの「くびれ」があるメリットは?


ウエストにくびれがあると、それだけでスタイルがよく見えます。

くびれのないウエストは寸胴と称される通り、上半身が一体化してどこか重たい印象を与えますが、くびれがあると胸と下腹部の間にメリハリができますよね。

また、くびれは若々しさにも直結しています。

10代の体は自然とウエストがくびれていますが、20代になると徐々に代謝が落ちウエスト周りに脂肪がつきやすくなってしまいますよね。

このことからもわかる通り、ウエストがくびれているとそれだけで他人に若く見られるものなのです。

さらに、着たい洋服をすんなりと着ることができるのもくびれのある特権と言えるでしょう。

体重はそれほど変わっていないのに洋服がきつく感じるのは、ウエスト周りに脂肪がついていることが原因と言えます。

特に最近の流行はラインを見せるものが多いため、流行の服を着られるという楽しみを持つことができます。

一方、ウエストの脂肪が常態化している人はウエストを隠す洋服ばかりを着ようとしますが、これでは服を楽しんで着ることができませんよね。

このように、ウエストがくびれていることは思っている以上に多くのメリットがあると言えます。

 

ウエストダイエット短期間で引き締め効果の出る方法!

 

美しい「くびれ」を作るにはどこを鍛えればいいの?


ウエストを引き締めるには腹筋を鍛えるのがよい、と思いがちですが、一般的に想像する腹筋はお腹の正面にある筋肉を鍛える運動になります。

しかしこれでは、ウエストにくびれを作ることはできません。

なぜなら、くびれを作るのはお腹の正面ではなく脇にある筋肉を鍛えることが大切だからです。

より具体的な名称で言うと、お腹の正面にある筋肉は腹直筋と呼ばれるもので、ここを鍛えるといわゆるシックスパックができます。

一方、くびれを作るには腹斜筋と呼ばれる筋肉を鍛える必要があります。

腹直筋をいくら鍛えてもくびれはできないので注意しましょう。

 

体幹トレーニングダイエットで美Bodyをゲット!痩せた口コミは?

横腹・脇腹ダイエットで気になる脂肪の落とし方!

 

筋トレで「くびれ」を作る方法

筋トレでくびれを作るには、上記でもご説明した通り、腹斜筋というお腹の横にある筋肉を鍛えることが必要になります。

腹斜筋は比較的早く鍛えることができると言われ、きちんとトレーニングを行うと一週間程度で「なんだか脇腹の脂肪が減ってきたな」と実感しやすいと言われています。

ダイエットの際、このような変化は続けるモチベーションになりやすいので、まずは一週間、きっちりと腹斜筋をトレーニングしてみましょう。

腹斜筋を鍛えるには、動画でもご紹介しているツイストクランチが効果的です。

やり方はとても簡単で、床に仰向けになり、床から背中を離さないようにして右足の膝と左手の肘、左膝と右肘を交互につけます。

この時、膝を90度に曲げ、腹筋をひねるように意識するとよいでしょう。

 

お腹痩せダイエット即効で効果のある方法【運動・腹筋・ストレッチ】

ぽっこりお腹を凹ます簡単ダイエット法で美Bodyに変身!

 

エクササイズで「くびれ」を作る方法

筋トレはちょっと面倒だけど、エクササイズならお風呂上りや夜寝る前に手軽に行えるのではないでしょうか。

エクササイズであっても、基本的には腹斜筋のあるお腹の脇を意識することが大切です。


Sponsored Link


今回ご紹介している動画では、ウエストのくびれの他に背中や太ももの引き締めにも効果があるので、ぜひ日課にして取り組んでみましょう。

それでは、やり方をご説明します。

①両足を開いて立ち、骨盤を立てて、膝を少し曲げます。

②あばらの下あたりを折るイメージで、腰を前後に動かします。

③ウエストのくびれを作るには、あばらの下で折るイメージを保ったまま、腰を左右に動かしましょう。

④エクササイズの最中は上半身が動いたり、膝が内またにならないように注意しましょう。

 

寝る前ストレッチダイエットで簡単に痩せるやり方と効果!

お風呂ダイエットの効果のあるやり方【小顔・お腹・足】

腰回りの贅肉を効果的に落とすダイエット方法!

 

フラフープで「くびれ」を作る方法

こどものおもちゃのイメージが強いフラフープですが、実は元々はアメリカでダイエット用に開発された器具だということをご存知でしょうか。

そのため、フラフープを遊びではなくエクササイズとして行うことで、ダイエット効果を得ることができます。

特にウエストのくびれを作る効果が高く、回すだけで簡単に行うことができます。

なお、ダイエット用のフラフープは通常のフラフープよりも大きく、重いのが特徴です。

そのため、くびれを作りたい場合はおもちゃではなく必ずダイエット用のフラフープを購入するようにしましょう。

 

フラフープダイエットで下半身美人になる効果的なやり方!

 

ドローインや呼吸法で「くびれ」を作る方法

ドローインは、息を吸って吐き出す時にお腹を限界まで凹ませる呼吸法になります。

今回ご紹介している動画は立った状態で行っていますが、慣れると座っていても寝ていても行えるようになるので、いつでもどこでも気軽にダイエットができます。

ドローインのやり方は次の通りになります。

①正しい姿勢で立ち、鼻から息を吸い込みながらお腹を膨らませます。

②息を吸い込んだら、今度は口から息を吐きだしていきます。

この時、一気に吐くのではなく長く細く吐き出すようにし、同時にお腹を凹ませます。

お腹を凹ませる時はおへその下の丹田を意識しましょう。

③①~②を繰り返します。

 

ドローインのダイエット効果は正しいやり方と呼吸法で!

呼吸法ダイエットで効果的に痩せる方法!気になるお腹がスッキリ!

 

ストレッチで「くびれ」を作る方法

ウエストにくびれを作る、簡単なストレッチ方法をご紹介します。

①床にうつ伏せになり、腕を使って上半身を起こします。

気持ちよく感じるところまで上半身を起こしたら、そのまま5秒キープしましょう。

②そのままの体勢で体をひねり、5秒キープします。

③反対側も同様に行いましょう。

 

麻ひもダイエットのくびれ効果と正しい巻き方や口コミ!

 

美しく魅力的な「くびれ」を維持するには?


エクササイズや筋トレなどで、せっかく魅力的なくびれを手に入れても、好きなものを好きなだけ食べていたら維持は難しいと言えるでしょう。

なぜなら、ウエスト周りは脂肪がつきやすい部位だからです。

特にカロリーの高い食事や夜遅い食事は、カロリーが体に溜まりやすくなり脂肪がつく原因となってしまいます。

そのため、規則正しい食生活や栄養バランスの摂れた食事を行い、暴飲暴食を避けることが大切になります。

また、適度に運動を継続することも必要です。

とは言え、毎日忙しくて運動をする時間の余裕がないという場合もあるでしょう。

そのような時は無理をせず、お風呂の中で腰をひねったり、夜寝る前に上記でご紹介したような簡単なエクササイズを行うだけでOKです。

特に腰をひねる動作はウエストに脂肪がつくのを防いでくれるので、デスクワークなどで長時間椅子に座りっぱなしという方もぜひ意識してひねるようにしてみましょう。

 

ダイエットの食事は太らない食べ方とバランスやメニューが重要!

 

美しい「くびれ」を作るダイエット方法【筋トレやエクササイズ】のまとめ

ウエスト周りは脂肪がつきやすいところですが、エクササイズや筋トレを継続して行うことで、比較的短期間で引き締めることができます。

くびれのあるウエストはそれだけでテンションが上がりますし、もっと綺麗になりたいとダイエットを続けるモチベーションにも繋がります。

食事にも気を配りながら、腰をひねる動作を日常的に行ってみましょう。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)