業務スーパーでダイエット!スモ-クチキンや低糖質なお菓子って?

業務スーパーでダイエット!スモ-クチキンや低糖質なお菓子って?



業務スーパーのダイエット向け冷凍野菜やおすすめ食品メニュー

業務スーパーは、その名の通り本来は業者が利用するスーパーのことですが、一般にも開放されていて通常のスーパーのように買い物をすることができます。

また、これまでは食品を安く大量に買えるのが業務スーパーの売りでしたが、最近はそのコストパフォーマンスの高さからダイエットに利用する方が増えています。

業務スーパーには、低糖質のお菓子やダイエットに使える冷凍野菜が多くあるのがその理由ですが、ツイッターなどではスモークチキンが使える!と話題のよう。

そこで今回は、業務スーパーダイエットについて調べてみました。

お勧めの食品メニューなどをご紹介したいと思います。

※なお、業務スーパーとは神戸物産が手掛ける業者向けのスーパーのことで、商標登録されているものです。


Sponsored Link


業務スーパーの食品でダイエットできるの?


業務スーパーと言われると、レストランなどに卸している大量の調理済食品のイメージが強いのではないでしょうか。

カラアゲやコロッケ、フライドポテトなど・・どれもダイエットには不向きな食品ばかりですよね。

しかし、実は業務スーパーでは生鮮食品なども普通に扱っており、内容は通常のスーパーとそこまで変わりません。

しかもダイエット中は、同じ食品を繰り返し食べることが多いため、大量に安く買える業務スーパーはダイエットの味方と言えるでしょう。

また、これとは逆に一般のスーパーでは買えない食品が買えるのも業務スーパーの強み。

ダイエット向きの食品を大量に安く仕入れることができます。

業務スーパーのダイエット中でも食べられる低糖質のお菓子って?


業務スーパーでは、海外製のお菓子も幅広くラインナップされていますよね。

海外のお菓子には「とにかく甘い」イメージがありますが、糖質を抑えた食生活を送っている人が多いため、低糖質のお菓子が売られていたりします。

中でも、業務スーパーでも取り扱いがあるのが「そのままチーズスナック」です。

イタリア産のチーズを文字通り、そのままスナックしたお菓子で、糖質はなんと0

カロリーは味によって違いますが、一袋で120㎉ほどとなっています。

また、この他にも国内自社工場で生産されているカロリーゼロゼリーも販売されています。

業務スーパーのスモークチキンはダイエットにおすすめ?


業務スーパーで売られているスモークチキンが、ダイエットによいと話題になっています。

スモークチキンは糖質が極めて少ないため、糖質制限ダイエットとしている方にはお勧めと言えるでしょう。

さらに鶏肉なのでタンパク質を摂れるのも嬉しいポイントと言えます。

ただし、脂質はそこまで少ないわけではありません。

同じような食品にコンビニで販売されているサラダチキンがありますが、脂質の量で言うとサラダチキンの方が抑えられています。

とは言え、スモークチキンは幅広い料理に使うことができるので、一度にたくさん食べなければ糖質制限ダイエットに使い勝手のよい食品と言えるでしょう。

業務スーパーのタンパク質を摂るのにおすすめの食品メニュー3選

タンパク質を摂るには、肉や魚、大豆製品を選ぶのがよいでしょう。

ここでは、業務スーパーで買えるタンパク質を摂るのにお勧めの食品をご紹介したいと思います。

吉備高原どりささみ


ビタミンE豊富な飼料で育て、国内自社関連工場で生産された鶏ささみ肉です。

さば水煮缶


国産さばを使用し、わずかな食塩を加えるのみで添加物は一切使用していません

ピリピリチキン


国内自社工場生産、鶏の手羽元をピリ辛ソースで仕上げた、おつまみにも食事にも使える一品です。


Sponsored Link


業務スーパーの糖質0g麺とは?


糖質0g麺とは、通常麺を作る時に原料として使う小麦粉を使わず、こんにゃくを麺に見立てたものを言います。

小麦粉を使っていないので糖質が0gとなります。

糖質制限ダイエット中は、ご飯やパン、麺類などの炭水化物の摂取は極力控えることになりますが、好きな物を我慢し続けるとストレスが溜まりやすくなりますよね。

そのような時に麺の代わりに活用できるのが、糖質0g麺(こんにゃく麺)です。

こんにゃくが原料なので、そのままではこんにゃくの味や香りが気になってしまいますが、焼きそばやパスタ、ラーメンに麺の代わりに使うと匂いがそこまで気にならなくなり、カロリーを簡単にカットすることができます。

麺を食べたいという欲求も満たされるので、ストレスを解消し、ダイエットの継続にも役立ちます。

なお、糖質0g麺は一般のスーパーでも販売されていますが、業務スーパーの方が量が多く入っていて価格が安いので、ダイエット中には使いやすいと言えるでしょう。

業務スーパーのダイエット向け冷凍野菜6選

業務スーパーで野菜を買うなら、断然冷凍野菜がお勧めです。

冷凍野菜は新鮮な野菜と比べて栄養成分が少ないと言われていますが、最近の技術では新鮮な状態をそのまま冷凍するため、遜色がないと言われています。

生野菜は腐らせてしまうことがありますが、冷凍野菜ならその心配もないので安心ですよね。

ここでは、業務スーパーで販売されている冷凍野菜の中でも、ダイエット向けの冷凍野菜をご紹介します。

ブロッコリー


ブロッコリーはβカロテンやビタミンC、E、K、葉酸、カルシウム、カリウム、食物繊維などを豊富に含む野菜で、低糖質のため糖質制限ダイエットでもよく使われる野菜の一つとなっています。

菜の花


春の訪れを感じさせる野菜として人気の菜の花ですが、冷凍野菜なら季節を問わず食べることができます。

菜の花にはカリウムやビタミンC、食物繊維が豊富に含まれているので、むくみや便秘の予防・改善に役立つと言われています。

パプリカ


パプリカはピーマンよりも苦味が少ない分、子どもでも食べやすいと言われていますが、ピーマンに比べて少し糖質が多めとなっています。

しかし、カリウムやビタミンEが豊富で、さらにはβ-クリプトキサンチンという脂肪が大きくなるのを防ぐ働きのある成分が含まれていることから、ダイエットによいと言われています。

ほうれん草


ほうれん草は低カロリー低糖質な野菜の上、チラコイドと言う満腹を感じるホルモンの分泌を促す働きのある成分が含まれています。

そのため、ほうれん草を食べると満腹を感じやすくなり、食べ過ぎを防ぐ効果があると言われています。

しいたけ


しいたけには、糖質や脂質の代謝を促すビタミンB群を始め、カリウム、食物繊維などダイエットによい成分が含まれています。

また、しいたけ特有の成分であるエリタデニンには、血中のコレステロールの排出を促す効果があると言われており、血行促進による代謝アップも期待できます。

オクラスライス


オクラのネバネバの元となる食物繊維には、糖の吸収を抑える働きがあることから、ダイエットによい野菜と言われています。

すでに切ってあるので、そのまま料理に使うことができます。

業務スーパーでダイエット!スモ-クチキンや低糖質なお菓子って?のまとめ

業務スーパーには、思っている以上にダイエットに役立つ食品があることがわかりました。

しかも、大量に入っていて価格が安いので、中長期的にダイエットを行う場合でもお金の負担が少なくて済みます。

業務スーパーの食品を上手に使って、無理なくダイエットを行ってみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)