太もものダイエットには自転車を使うと痩せられる?やり方やポイント!

太ももがキュッと引き締まっていると見栄えがいいですよね。

太ももが引き締まっていると細めのズボンを着こなすことができたり、短めのスカートやズボンを履いてウキウキ楽しく街を歩くことができます!

そこで今回は自転車を使った効果的な太ももダイエットのやり方やポイントを詳しく紹介します!

知っているようで実は知らないサドルの合わせ方やギアの設定、漕ぎ方などを詳しく紹介して効果的に太ももを痩せさせる方法をお伝えします。

ここで紹介している自転車を使った太ももダイエットのやり方を実践すると、理想の太ももの太さにすることができるので最後までぜひご覧ください!

自転車が自宅にない人もいると思うので、自宅でできるエア自転車のやり方も紹介しているのでそちらもぜひ参考に!




太ももダイエット!自転車で痩せることができる?


ママチャリやロードバイク、ジムにあるエアロバイクなどの自転車を漕ぐことで太ももダイエットをすることはできるのでしょうか?

結論からいうと太ももダイエットを成功させることは十分に可能です!

自転車を漕ぐ時に使われる筋肉はお尻にある大臀筋、太ももにある大腿四頭筋、ハムストリングス、内転筋などなど太もも痩せには欠かせない筋肉を使うことができるので、たるんだ筋肉をしっかり引き締めることができます。

筋肉というのは運動不足で使う機会が少ないと筋力が衰えて重力に負けてどんどんたるんできます。

重力に負けてたるまない筋肉を保つためには、自転車やウォーキング、筋トレがかなり有効なので太ももがたるまないように定期的に運動することがオススメです!

また自転車を漕ぐ動きは比較的強度の低い運動で長時間行うことができるので、有酸素運動として脂肪燃焼の効果が期待できます!

有酸素運動というのは一定の時間を過ぎると脂肪をエネルギー源として消費されます。

体重を落としたい人や体脂肪率を下げたい人にオススメの運動です!

自転車を漕ぐことで様々な効果やメリットがあるのが特徴です!

自転車で行う太ももダイエットのやり方

それでは自転車で行う太ももダイエットのやり方を紹介します。

サドルの高さからギアの設定、漕ぎ方など細かくみていきましょう!

ここで紹介している動画の視聴回数は2020年7月5日までの回数になります。

サドルの高さ

これはGrumpyBicycleさんが投稿している約1万回視聴されている約8分の動画で、サドルの高さについて紹介しています。

サドルをどの高さに調節したらいいのか詳しく解説しているので、効率よく自転車を漕ぐことができるようになりますよ!

ギアの設定

この動画は女性の美学さんが投稿している約6分程度の動画で、約1万回視聴されている動画です。

ギアの設定が重すぎると有酸素運動で体脂肪を燃やすというより無酸素運動になって筋肉がついて足が太くなる可能性があります。

しっかり体脂肪を燃焼して痩せたいという人はギアの設定を軽め、太ももが細いのでしっかり筋肉をつけたい人はギアを重めにしましょう!

漕ぎ方

これはFRAMEさんが投稿している約7万回視聴されている約20分の動画で、脚痩せしたい人にオススメの自転車の漕ぎ方について紹介しています!

どのタイミングで力を入れたらいいのか、つま先はどの向きが正しいのか丁寧に解説しています!

行う時間

この動画はtom’s cyclingさんが投稿しており、約5万回視聴されている約9分の動画です!

この動画では痩せるために必要な自転車を漕ぐ時間を2種類紹介していて、

①高強度で短時間
②低強度で長時間

というやり方を紹介しています。

どちらも痩せるための方法なので、ぜひ取り入れてみてください!

運動後

この動画はシンエットTV【Shingo Diet TV】さんが投稿している約14分の動画で、約8万回視聴されている人気動画です!

運動後にクールダウンをすることで疲労を回復させることができたり筋肉痛を軽減することができるので、自転車を漕いだ後は必ず行うようにしましょう!

太ももダイエットを自転車で行うときのポイント


・サドルをベルトの位置に合わせる

・ギアは重すぎないように設定する

・太ももの前に力が入りすぎないようにしながら漕ぐ

・姿勢が悪くなりすぎないように漕ぐ

・行う時間は20分以上がオススメ

・自転車が漕ぎ終わったらクールダウンをする

エア自転車こぎで行う太ももダイエットのやり方

7月5日現在約27万回視聴されている動画『【10分】足パカ+自転車漕ぎ!おへそ周りの脂肪を根こそぎ落とす!』の詳しい解説をします!

この動画はチャンネル登録者数140万人のMuscleWatchingさんが投稿していて、自転車がない方でもできるエア自転車と足パカのやり方を紹介しています。

それでは早速やっていきましょう!

足パカ(0分3秒~)


まず仰向けに寝て両足を持ち上げます。

足を高く上げたまま真横に足を開いていきましょう!

この時に内ももの筋肉を意識してください。

これを1分間繰り返しましょう!

膝が曲がりすぎないように注意してくださいね。

自転車漕ぎ(1分6秒~)


次は自転車漕ぎを行います!

仰向けに寝たまま手を床について、自転車を漕ぐように足を交互に動かしましょう!

だんだんお腹や股関節まわりの筋肉がキツくなってきますよ!

この時腰が反ってしまうと太ももの前に力が入りやすくなってしまうので、反らないようにお腹に力を入れたまま行いましょう。

これを1分間繰り返してください。

この足パカ+自転車漕ぎを5セット行うと合計10分で終わります!

ぜひチャレンジしてみてください!




エア自転車こぎで行う太ももダイエットのポイント


・腰が反らないように注意する

・膝の曲げ伸ばしを丁寧に行う

・首や肩に力が入りすぎないように注意する

・お腹や股関節まわりの筋肉を意識しながら行う

自転車で行う太ももダイエットの効果やメリットやデメリット

メリット

太ももダイエットができる

運動不足が続くと筋肉が衰えてどんどんたるんできます。

そこで今回の自転車漕ぎを行うことで太ももやお尻、ふくらはぎといった下半身の筋肉をしっかり使うことができるので、筋肉が衰えるのを防いで引き締めることができます!

体脂肪を燃焼することができる

自転車漕ぎは主に有酸素運動に分類されます。

有酸素運動とはある一定の時間を過ぎると体の中に蓄積されている脂肪をエネルギー源として消費することができます!

脂肪をエネルギー源として消費するということは、体重を落とすことができたり体脂肪率を下げることが可能なのです!

基礎代謝を上げることができる

今回の自転車漕ぎを行うことで基礎代謝量を上げて痩せやすく太りにくい体を作ることが可能です!

下半身の筋肉量は体全体の約70%を占めているといわれているので、下半身の筋肉を十分に動かすことでどんどんエネルギーを消費することができるのです!

基礎代謝量が増えると1日の消費カロリーが上がるので、効果的にダイエットすることも可能になります。

デメリット

太ももだけを痩せさせることは難しい

基本的に部分痩せはできないといわれています。

太ももの脂肪だけを落とすなんてことはほぼ不可能で、一生懸命太ももだけ筋トレなどをしてもかなり効率が悪いです。

今回の自転車漕ぎのような運動で下半身全体を動かして、結果的に太ももが細くなっていくという考え方のほうが賢いので、体全身満遍なく運動することがオススメですよ。

有酸素運動は時間がかかる

一般的に有酸素運動は20分以上行うことが推奨されています。

長い時間をかけて行うことで体に蓄積されている体脂肪を燃焼することができるといわれているので、短時間で済ませたいという人には向いていないかもしれません。

どのくらいで効果が出るのかがわからない

今回のやり方で自転車を漕いで、どのくらいの期間で太ももが細くなるのかは正直不明です。

基本的に運動は週に2〜3回、それを2〜3ヶ月行うと体は徐々に変化してきます。

運動は即効性のあるものではないので、目先の結果ばかりを追うのではなく継続することが大切です!

自転車で行う太ももダイエットの口コミ

いい口コミ

悪い(意見のある)口コミ

太ももが太くなる原因は?


太ももが太く理由は様々で、脂肪が多いこと、むくんでいること、筋肉が衰えていることなどが挙げられます!

脂肪が多いことやむくみ、筋肉が衰えていることに関しては運動をすることで解決することができます。

脂肪が多いことに関しては、定期的に運動をすることで体脂肪を燃焼することができるので、継続して行うことが第一です!

むくみについては、運動をすることで体の中の循環を良くすることができるので、むくみを改善することができたり予防することもできます!

筋肉の衰えについても運動不足を解消することで簡単に解決することができるので、継続して定期的に運動を行うようにしましょう!

まとめ

以上自転車を使った太ももダイエットの紹介でした!

サドルの合わせ方や漕ぎ方などを徹底することで、効率よく下半身の筋肉を動かすことができるので効果的にダイエットすることが可能です。

また自転車を持っていない人は自宅でできるエア自転車を参考にして運動をするようにしてください!

自宅で寝ながら行うことができるので、朝起きてからや夜寝る前などに行うことができますよ。

早速実践して引き締まった太ももを目指しましょう!




コメント

タイトルとURLをコピーしました