EMSダイエットの効果的な使い方やポイントと口コミ!

EMSダイエットの効果的な使い方やポイントと口コミ!

太ももや下腹の引き締めにも効果があるEMSダイエット!

ダイエットのために運動をしたいけれど、時間の都合がなかなかつかずジム通いはちょっと厳しい。

太ももや下腹といった部分痩せをするために、その筋肉だけを重点的に鍛えたいけれど、腹筋やスクワットをするのがつらい。

このような方に選ばれているのが、EMSというダイエットマシーンです。

EMSは、痩せたいと思う部分に装着するだけで筋トレをしてくれるという優れもの。

運動をする時間がない人だけではなく、運動が苦手な方も装着するだけなら簡単ですよね。

でも、実際に体を動かすわけではないのに筋トレになるとは、一体どのような原理なのでしょうか。

そこで今回は、EMSについて調べてみました。

EMSの効果や使い方、口コミなどをご紹介したいと思います。


Sponsored Link


EMSって何?


EMSとは、Electrical Muscle Stimulationを略した言葉になります。

和訳すると、電気によって筋肉に刺激を与えるという意味になります。

通常、筋肉を動かす場合には脳が筋肉に信号を送ることで筋肉が刺激され、筋肉が収縮しますが、EMSは脳を介さず皮膚から直接筋肉に刺激を与えることで筋肉を収縮させます。

実際にEMSを体に装着してみると、自分の意思には関係なく筋肉がびくびくと動くため、最初は戸惑う方の多いと言います。

EMSは、元々は怪我や病気などで体を動かせない方の筋力低下を防ぐ目的や、アスリートのための筋力増強のために開発されました。

それが、筋肉を刺激することで血行が促進し、新陳代謝が活発になる作用を利用して、エステサロンやクリニックで美容目的としても使用されるようになり、やがて家庭用ダイエット機として普及を始めたという経緯があります。

 

ダイエット筋トレメニューおすすめ11選!女性に最適!

 

EMSのダイエット効果!下腹や太ももなどを引き締められるの?


EMSは販売しているメーカーなどによって、パッドをペタペタと皮膚に貼り付けるタイプのものや、ベルトのように巻くタイプのもの、またはマッサージ機のような形状をしたものなど様々になります。

しかし、どれも電気刺激を与えて筋肉を動かすという作用は同じになります。

では、なぜEMSで筋肉を動かすとダイエットになるのでしょうか。

ダイエットの基本は、摂取カロリー<消費カロリーと言われていますが、運動によって消費されるカロリーは全体の2割程度で、7割を占めるカロリーは基礎代謝によって消費されています。(なお、残りの1割は食事をする際に発生する熱によって消費されると言われています)

基礎代謝とは、心臓を動かしたり呼吸をしたり、体温を調整するなど私達が生きるために無意識に行っている生命活動において消費されるカロリーのことを言いますが、この基礎代謝を上げるには筋肉量を増やすことが大切になります。

つまり、EMSによって筋肉を刺激し、筋肉量が増えることで基礎代謝が上がり、痩せやすい体になるというわけです。

もちろん、筋肉が増えると見た目も引き締まることから、よりダイエット効果を実感することができるでしょう。

また、EMSのメリットは太ももなら太もも、下腹なら下腹というように特定の部分に装着することで、そこの筋肉を重点的に鍛えることができるということ。

女性の場合、ポッコリと出たお腹周りをどうにかしたい、くびれのあるウエストになりたい、太ももを細くしたいなど、部分痩せを希望することが多いので、EMSでその部分を積極的に鍛えることができます。

 

基礎代謝を上げ簡単にダイエットできる方法!

太もも痩せダイエット短期間で即効性のある正しいやり方!

下腹ダイエット短期間でお腹を引き締めるコツ!

ぽっこりお腹を凹ます簡単ダイエット法で美Bodyに変身!

お腹の脂肪を落とす効果的な方法!お腹の引き締めにはコレ!

 

ダイエットに効果のあるEMSの正しい使い方

①毎日同じ部位に使わない

お腹痩せ、太もも痩せなど部分痩せを実現したい場合、つい毎日同じところばかりにEMSをつけてしまいたくなりますが、筋肉は毎日刺激を受けるとだんだんとその刺激になれてしまい、思うように増強しません。

筋肉は使った翌日は休ませてあげることが大切です。

この休みの時間に壊れた筋肉細胞が修復し、大きく成長すると言われています。

②使っている部位を意識する

EMSを使用する時、その部位を意識することで脳からの指令も筋肉に届き、より効果的に筋肉を動かせると言われています。

そのため、ボーッとして使うよりも「今、ここの筋肉を使っている」と常に意識した方がダイエット効果がアップすると言われています。

EMSダイエットの注意点


EMSでダイエットをする場合、注意したいのが「EMSで筋トレをしているから、後は何もしなくてよい」と間違った認識を持つこと。


Sponsored Link


EMSは確かに筋肉を刺激する作用はありますが、それだけではダイエットは成功しづらいと言えるでしょう。

なぜなら、筋肉には脂肪を直接燃やす働きはないからです。

脂肪を燃やすには、有酸素運動を行うことが不可欠。

具体的にはウォーキングやジョギングなどがこれに該当しますが、そのような時間を作るのが難しい場合は、ストレッチや自宅でできるヨガなどを習慣にしてみましょう。

また、食事にも気を配ることが大切です。

好きな物を好きなだけ食べていれば、当然ながら痩せることはできません。

代謝アップに欠かせないビタミンやミネラルが多く含まれている野菜を中心に、筋肉の元となるたんぱく質を補い、栄養バランスのとれた食事を行いましょう。

 

自宅でできる有酸素運動の効果とダイエットのやり方!

ウォーキングダイエット成功するやり方【距離や時間】とカロリー!

ランニングダイエットの成功するコツ【距離や時間と食事】いつやるのがベスト?

ヨガダイエットの効果と口コミや痩せる期間!

痩せる体質作りでらくらくダイエット【ストレッチや食べ物や筋トレも重要】

ダイエットの食事は太らない食べ方とバランスやメニューが重要!

 

EMSダイエットの口コミ


・EMSを使用するようになって、体重の変化はほとんどないものの、二の腕、ウエスト、太ももが細くなったのと、冷え症、むくみ、便秘が改善しました。筋肉が増えている実感は今のところないのですが、血行がよくなって老廃物が排出されやすい体にはなっていると思います。

・家庭用の出力でどれくらいの効果があるのかなと思いながら購入しましたが、実際につけてみると以前エステで使用していたEMSマシーンと同程度くらいの刺激があるように感じました。EMSを付けた部分は筋肉痛のような症状が出るので、筋肉に効いているのだと思います。

・装着しているだけでシェイプアップ効果があるならと思い、4万円ほどのEMS機を購入。毎日3時間ほど使用し1ヶ月で体重は6kgダウン、ウエストは9㎝引き締まりました。効果があると思います。

・EMSだけじゃなく、ストレッチとダンベル体操、それに整体をしながらですが、1ヶ月で4kg痩せました。

EMSダイエット器具やグッズを選ぶ時のポイント


EMSをインターネットで検索すると、実に多くの種類がヒットします。

その価格は、1,000円程度のお手軽なものから、20万円を越える高級なものまで様々。

EMSの場合、価格と性能は比例するようで、やはり高いものの方がよりダイエット効果が期待できるとされています。

とは言え、いきなり20万円のものは買えないから、1~2万円のものから試してみるというのもアリだと思います。

ご自身の懐事情をよく考えて、どの程度のEMSを買うか決めるのがよいでしょう。

ダイエットにおすすめのEMS器具3選

EMSは価格帯の幅が広く、どれを買ったらよいか迷うという人も多いです。

そこでここでは、ダイエットにお勧めのEMSをご紹介したいと思います。

スレンダートーン


元Jリーガーの城彰二さんと元国会議員の杉村太蔵さんが出演しているTVコマーシャルで、見た事があるという人も多いと思います。

お腹に巻くだけで、腹筋300回と同様の筋肉刺激を与えることができると言われています。(最大強度で一日2回行って)

参考URL: http://www.slendertone.jp/

シックスパッド アブズフィット2


こちらは世界的サッカープレイヤーの、クリスチアーノ・ロナウド選手がモデルをつとめているEMS機です。

アブズフィット2は重点的に腹筋を鍛えるタイプのEMSになります。

参考URL: http://www.mtgec.jp/wellness/sixpad/

アブトロニックコア


アブパッド、スリムパッドを気になる部分に貼るだけで、電気刺激を筋肉に与えてくれます。

タッピング、強い手揉みなど6つのプログラムが内臓され、10段階の強度調整が可能です。

参考URL: https://cjprimeshop.jp/lp/ab/

EMSダイエットの効果的な使い方やポイントと口コミ!のまとめ

EMSはダイエットの効果については個人差があり、使用した人の中には「筋肉痛にならず、全く効果がなかった」という声もあります。

また、EMSでダイエットに成功した方の多くは、EMSだけではなく適切な食事管理や他の運動を併用している場合が多いことから、EMSはあくまでも筋トレの一つの方法としてダイエットメニューに組み込むのがよいでしょう。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)