ダイエットの運動でお腹が減ってついつい食べてしまう時の対処法!

ダイエットの運動で腹が減って余計に食べてしまう時の対処法

痩せるために運動をしているのに、運動をするといつもよりお腹が減って困ってしまう。

このような悩みを抱えてはいませんか?

これまでの通りの食事では物足りなくなり、つい間食に手が伸びるものの、「運動しているし、少しくらい大丈夫」と思ってしまいがちですが、これではせっかく運動をしてカロリーを消費している意味がなくなってしまいます。

とは言え、運動をしてカロリーを消費しているのに、食事制限もしてしまうとストレスが大きくなってダイエットに失敗しやすくなります。

このような場合の対処法は、運動前や運動後に摂取してもよい食べ物や飲み物を知っておくこと。

適切に食事をすることで空腹感に悩まされなくなりますし、食べることで太ってしまうのでは?という罪悪感も解消することができます。




運動をすると余計に腹が減る理由


運動をする前はそんなにお腹が減っていなかったのに、運動をした後、ものすごくお腹が空いてたくさん食べてしまった・・。

ダイエットで運動をしたことがある方なら、誰もが一度は似たような経験をしているのではないかと思います。

運動をすると胃にあった食べ物の消化が進み、お腹が減るのでしょうか?

実は、私達が空腹を感じるのは『血糖値』が関係しています。

血糖とは血液中に含まれる糖(ブドウ糖)のことで、食後は食事でたくさんの糖を摂ることから血糖値は上昇します。

一方、運動を行うとエネルギーを作るために糖を使うため、血液中の糖は少なくなり、血糖値が下がります。

そして、血糖値が下がると、脳は「体にエネルギーが足りない」と察し、糖を摂るように命令するため食欲が高まって、空腹を感じるようになります。

つまり、運動をするとお腹が減るのは、胃の中が空っぽになっているのではなく、血糖値が下がったからなのです。

空腹や満腹で運動を行うのはNG?


以前までは、空腹で運動をすると食事によって摂取した糖が少ない(血中の糖が少ない)ため、脂肪を分解してエネルギーを作るので痩せやすくなると言われていたことがありますが、現在はそれよりも、低血糖による貧血や体調不良の心配の方が高まることが指摘されており、空腹での運動は推奨されていません。

さらに、糖が少ない中で運動を行うと、脂肪ではなく筋肉を分解してエネルギーを作ろうとするため、せっかく筋肉を増やすために頑張っているのに、結果的に筋肉を減らすことになってしまいます。

一方、満腹で運動を行うことは、昔から避けた方がよいと言われています。

実際に食べてすぐ運動をして、お腹が痛くなったという経験がある方も多いと思いますが、これは満腹で運動をすると、胃の消化に使われるエネルギーが運動の方へとられてしまい、消化不良を起こしやすくなるためです。

このようなことから、空腹や満腹で運動をするのは止めた方がよいでしょう。

ダイエットの運動前に摂取したほうがいい食べ物・飲み物


食事は運動をする1~2時間前には済ませ、胃の消化活動を妨げないようにするのがよいでしょう。

また、運動前の食べ物や飲み物に気を付けることで、ダイエット効果を高めることができます。

それでは、運動前にはどのような食べ物や飲み物を摂るのがよいのでしょうか。

食べ物

運動をすると体内の糖をエネルギーにするため、運動前の食事では糖質が含まれるご飯やパンを摂るのがよいと言われています。

また、バナナも糖質が多く、摂取後エネルギーとなるのでお勧めです。

飲み物

運動前にカフェインを含む飲み物を摂ると、脂肪の分解を促して脂肪が燃えやすい状態にしてくれます。




コーヒーや緑茶をカップ一杯(200ml)程度飲むのがよいと言われていますが、コーヒーは砂糖やクリームを入れずにブラックで飲むようにして下さい。

なお、冷たい飲み物よりも温かい飲み物の方が、代謝を下げないのでダイエット効果を高めることができます。

汗を大量にかく、気温が高いなど熱中症の心配がある時は、スポーツドリンクを飲むのもお勧めです。

ただし、スポーツドリンクには糖分が多く含まれているので、ダイエット目的の運動なら糖分が少ない商品を選ぶか系候補水泳がよいでしょう。

ダイエットの運動前に摂取しないほうがいい食べ物・飲み物


運動でカロリーを消費するなら、運動前には好きな物を好きなだけ食べてもOKと考えてしまう方が多いようですが、運動前に摂取しない方がよい食べ物や飲み物もあります。

せっかくの運動の効果を無駄にしないためにも、運動前に摂取しない方がよい食べ物や飲み物をしっかりと把握しておきましょう。

食べ物

揚げ物を始めとした脂っこい食べ物は、消化に時間がかかるので胃に負担になりやすく、運動前に摂る食べ物として好ましくありません。

同様に辛い食べ物も胃の負担が大きいため、胃酸の逆流を招いて吐き気や下痢などを引き起こす恐れがあります。

飲み物

炭酸飲料(炭酸水ではありません)やジュースは、糖分が多く含まれているので、運動前に飲むと血糖値の急上昇と急降下を招きやすくなるので避けた方がよいでしょう。

ダイエットの運動後に摂取したほうがいい食べ物・飲み物


ダイエットを成功させるには、運動後に摂取する食べ物や飲み物が重要になります。

ここでは、ダイエットの運動後に摂取した方がよい食べ物や飲み物をご紹介します。

食べ物

筋肉の元となるたんぱく質を補うことで、筋肉の増強が促進されて基礎代謝を上げることができます。

ただし、脂質の摂り過ぎは避けたいので脂身ではなく、赤身肉や魚がよいでしょう。

豆腐やヨーグルト、チーズなどもお勧めです。

また、たんぱく質だけ摂っても筋肉には変わってくれません。

ビタミンやミネラルの摂取も不可欠なので、一緒に野菜を摂るようにしましょう。

飲み物

食べ物と同様にたんぱく質が摂れる牛乳や豆乳がお勧めです。

また、トマトやオレンジに含まれるクエン酸には疲労回復を促す働きがあるため、トマトジュースやオレンジジュースもお勧めです。

ダイエットの運動後に摂取しないほうがいい食べ物・飲み物


せっかく運動をしても、運動後に太りやすい食べ物や飲み物を摂取してしまったら、意味がなくなってしまいます。

特に夕食前に運動をする場合は、夕食の内容に十分気を付ける必要があるでしょう。

夕食後はカロリーの消費が少ないため、食べた物、飲んだ物がそのまま脂肪になりやすいからです。

ここでは、運動後に摂取しない方がよい食べ物や飲み物をご紹介します。

食べ物

お菓子やケーキには糖質が多く含まれているので、運動後に摂取する食べ物としてはあまりふさわしくありません。

ただし、筋トレ後は適度な糖質を摂った方が筋肉が育ちやすくなると言われているため、ご飯の量を調整して食べてもよいでしょう。

飲み物

ジュースや炭酸飲料などの糖質が多い飲み物は避けるようにします。

また、運動後にビールを飲んで気分をすっきりとさせたいという方も多いですが、ビールには糖質が多く含まれているので止めた方がよいでしょう。

まとめ

運動をしてお腹が空くのは、胃が空っぽだからではなく、血糖値が下がってしまうことが理由です。

そのため、「ダイエットだから食事は極力摂らない」のではなく、運動前や運動後に適切に必要な栄養素を補うことで血糖値をコントロールし、空腹に耐えかねて暴飲暴食してしまった・・なんてことを防ぐことができます。




コメント

タイトルとURLをコピーしました