ベアースクワットのダイエット効果とやり方【回数】や痩せた口コミ!

ベアースクワットのダイエット効果とやり方【回数】や痩せた口コミ!



太ももや二の腕の引き締めや小尻効果もあるベアースクワットでダイエット!

ダイエットにスクワットがよいことは知られていますが、運動強度が高い分、なかなか続けられなくて挫折してしまう人も多いですよね。

効果があっても継続できないなら意味がなくなってしまいますが、ベアースクワットならそんな悩みを解決してくれるかも知れません!

それに、スクワットでは下半身の引き締めが主でしたが、ベアースクワットなら太ももの引き締めだけではなく、二の腕の引き締めや小尻効果も期待できると言われていて、女性に嬉しいメリットがいっぱい。

そこで今回は、ベアースクワットやり方回数、気になる口コミなどをご紹介したいと思います。


Sponsored Link


ベアースクワットとは?


ベアースクワットとは、その名の通り、ベアー(熊)のような体勢を行うトレーニングになります。

通常のスクワットは、足を肩幅程度に開き、膝を曲げて腰を落としたり、膝を伸ばす動作を繰り返しますが、この動作によって、太ももやふくらはぎの筋肉が鍛えられるため、特に下半身の引き締めに効果があると言われています。

一方のベアースクワットは、四つん這いの姿勢から膝を伸ばして腰を上げて行います。

この動作だと下半身だけではなく、上半身も鍛えることができるので全身運動が可能になり、効率よく体を鍛えることができます。

また、ベアースクワットはスクワットに比べて体への負荷が少ないため、筋力の少ない女性でもスクワットほど難しくなく取り組めるのも人気の理由の一つと言えるでしょう。

 

ゴリラスクワットで下半身の引き締めダイエット【太もも・ふくらはぎ・お腹】

 

なぜベアースクワットでダイエットできるの?


スクワットよりも負荷が少ないベアースクワットですが、筋力のない人にとっては四つん這いの体勢をとるだけでも決して楽なこととは言えません。

実際に床に四つん這いになってみるとわかりますが、四つん這いの姿勢を保つためには、太もも(主に前の部分)、お尻、腹筋、背中の筋肉、そして腕の筋肉と、全身の筋肉のバランスが大切になります。

スクワットは、全身の7割近い筋肉が集まっている下半身の筋肉を重点的に鍛えることで、下半身の引き締めとともに基礎代謝を上げて痩せやすい体を作ることが目的となりますが、ベアースクワットなら下半身に集中する負荷を分散して全身を同時に鍛えることができます。

スクワットとベアースクワットでは効果の出方に違いがあるため、一概にどちらがよいとは言えませんが、女性の中にはスクワットを行うと必要以上に下半身を鍛えることになるのでは?と心配する声や、下半身だけではなく腕やお腹も鍛えたいと思っている方が多いので、より女性に向いているトレーニング方法と言えるのではないでしょうか。

 

30日スクワットチャレンジの効果的なやり方【回数・アプリ】

 

ベアースクワットダイエットの効果!

①下半身の引き締め

ベアースクワットは、太もも、ふくらはぎ、お尻と言った下半身の筋肉を鍛えることができるトレーニングです。

中でもお尻の引き締め効果は高いと言われており、重力に負けて垂れ下がってしまったお尻の脂肪を減らし、筋肉を増やして引き上げる効果が期待できます。

 

下半身太りの解消に効果的なダイエット法8選!ストレッチは有効?

お尻痩せダイエットのやり方【エクササイズ・グッズ】

 

②お腹周りや背中の筋肉を鍛える

ベアースクワットの体勢は体幹を鍛える効果があるため、下半身だけではなくお腹周りや背中の筋肉も同時に鍛えることができます。

 

お腹周りの脂肪を落とし引き締めるダイエット法15選!

背中の肉を落とす背中痩せダイエット!ストレッチがポイント!

背中のハミ肉ダイエットで後姿スッキリ美人になる方法!

 

③肩の解しや二の腕の引き締め

ベアースクワットの動作によって肩を動かしたり、二の腕で体を支えるため、肩の凝りを解したり二の腕を引き締める効果が期待できます。

 

二の腕ダイエット方法!即効で引き締めて痩せるお薦め11選!

肩甲骨ダイエットで効果的に痩せるストレッチのポイント!

 

④姿勢がよくなる

お腹周りや背中の筋肉が鍛えられることで、背筋を伸ばした正しい姿勢を保つことがつらくなくなり、綺麗な姿勢を長時間キープできるようになります。

 

正しい姿勢でダイエット!お腹のくびれも作り脂肪燃焼!


Sponsored Link


 

⑤血流がよくなる

ふくらはぎは第二の心臓と言われており、筋肉を増やすことで血液の流れが促進されます。

血行がよくなるとむくみや冷えの改善、基礎代謝のアップなど数多くの効果が得られます。

 

ふくらはぎマッサージダイエットの効果とやり方!なぜ痩せられるのか?

 

ダイエット効果を高めるベアースクワットのやり方(基本)


①床に四つん這いの姿勢になります。

ただしこの時、膝は床につけないようにして下さい。

②そこから腰を上げて膝や足を伸ばします。

足と手が床に対して、できるだけ垂直になるくらいまでしっかりと伸ばしましょう。

③膝を曲げ腰を落とし、最初の姿勢に戻ります。

この時も膝を床につけないようにして下さい。

④②~③を繰り返します。

 

スクワットダイエットは正しいやり方で効果的に痩せるのか?

猫ポーズダイエットの正しいやり方でウエスト引き締め効果!

ブルガリアンスクワットで引き締まった美しい体にダイエット!

 

ベアースクワットのポイント!回数は?


ベアースクワットの回数は、まずは10回を3セットから始めてみるのがよいでしょう。

回数が多いほどダイエット効果は高くなりますが、最初から無理をし過ぎてしまうと長く続けられない原因となってしまいます。

そのため、10回3セットが慣れてきたら、徐々に20回3セット、30回3セットのように1セットで行う回数を増やしていくのがよいでしょう。

なお、ベアースクワットでは、四つん這いでの重心によって負荷が変わってきます。

体の上の方に重心を持っていくと、肩の柔軟性を高めたり二の腕の引き締め効果がアップし、逆に体の下の方に重心を持っていくと太ももやふくらはぎなどを鍛えることができます。

太ももを引き締めたいのに重心を上の方に持っていってしまうと、効果が薄れてしまうため、ベアースクワットで特にどの部位の引き締めを強化したいかによって、重心をとる場所を考えるのがよいでしょう。

 

太もも痩せダイエット短期間で即効性のある正しいやり方!

ふくらはぎを細くする簡単ストレッチと筋トレで美脚に!

 

ベアースクワットの注意点


ベアースクワットを行う前は、ストレッチで体を十分に解すようにしましょう。

これまで運動をほとんどしていなかった人が、いきなりベアースクワットを始めてしまうと、体に負担が掛かり過ぎてしまい、思わぬ怪我や故障の原因になることがあります。

また、ベアースクワットに慣れてきたら、テンポよく動作を行うことが大切ですが、あまり速過ぎてしまうと膝や腰、肩などに大きな負担となります。

オーバーワークにならないよう、自分の体や体調とよく向き合って、適度な運動を中長期的に続けられるよう調整をしてみて下さい。

ベアースクワットダイエットで痩せた口コミは?


ベアースクワットに関する口コミを調べてみましたが、今のところ「ベアースクワットで●●㎏痩せた!」のような口コミを見つけることはできませんでした。

しかし、SNSなどでは「今日からベアースクワットにチャレンジ!」と言った宣言をしている方も多く、じわじわと認知度や人気が上がってきている様子がわかります。

実際にベアースクワットを行っている方の感想もいくつかあり、「スクワットに比べて楽」「これなら続けられる!」などの好意的なものが多いです。

スクワットを含め、筋トレではすぐに体重が落ちることはありませんが、その代わり頑張った分だけ見た目の変化はわかりやすいと言えます。

まずは始めてみることが大事でしょう。

ベアースクワットのダイエット効果とやり方【回数】や痩せた口コミ!のまとめ

ベアースクワットは、通常のスクワットと比べて膝や腰に負担が少なく、筋力が少ない女性でもこなしやすい筋トレとなっています。

せっかくダイエットのために筋トレを行っても、負担が大きすぎては長く続けることはできませんが、ベアースクワットならそのような心配なく、気軽に続けられるトレーニングと言えます。

なお、ダイエット=体重の減少と思っている方も多いですが、ベアースクワットで筋力がつくと最初はむしろ体重は増えるかも知れません。

なぜなら、筋肉は脂肪よりも重いからです。

しかし、大切なのは数字ではなく見た目。

筋肉がつくと体が引き締まって見えますし、基礎代謝が上がるので結果的には痩せやすい体を作ることができます。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)