痩せる歩き方のポイントと成功するやり方【太もも・お腹・ふくらはぎ】

痩せる歩き方のポイントと成功するやり方【太もも・お腹・ふくらはぎ】

痩せる歩き方ダイエットの効果のある正しいやり方!

颯爽と歩いている人を見掛けると、思わず「かっこいいな」と思って見惚れてしまうことってありませんか?

あくまでも見た感じのイメージですが仕事ができそうに思えたり、何より歩き方が素敵な人はスタイルがいい人が多いと思いませんか?

歩き方のプロと言えばモデルさんが思い浮かびますが、当然ながらスタイルはよいですよね。

でも、モデルさんだってあのスタイルを維持するために、日々努力を欠かすことはありません。

そして、そのスタイル維持に一役買っているのが歩き方だと言われています。

いわゆるモデルウォーキングと呼ばれているものですが、モデルウォーキングは本来、着ている服を綺麗に見せるためのものと言われています。

しかし、モデルさんにとっては、自身の体型維持や美しさをより磨くためのエクササイズ方法とも言われており、どんなに超一流になってもウォーキングの練習は欠かさないと言われています。

つまり、正しい歩き方をすることは、ダイエットになるというわけです。

そこで今回は、痩せる歩き方について調べてみました。

気になる太ももやお腹、ふくらはぎを引き締めるための成功するやり方がコツをご紹介したいと思います。


Sponsored Link


痩せる歩き方のダイエット効果やメリット


痩せる歩き方ダイエットは、痩せる歩き方を意識して行うダイエット方法になります。

通常、ダイエット方法の多くは食事制限(カロリー制限)をしたり、運動によって消費カロリーをアップさせるものになりますが、このダイエット方法では歩き方を痩せやすいものに変えるだけなので、「ダイエットはしたいけれど食事は我慢したくない」や「運動が苦手でダイエットが憂鬱」という方でも気軽に行うことができます。

どれだけ運動が得意じゃなくても、歩くことは誰でもできますもんね。

普段、通勤や通学を始めとして、買い物や用事などで歩く機会はそれなりにあるもの。

このタイミングを利用して、賢く痩せてしまおうというのが痩せる歩き方ダイエットになります。

なお、先述した通り、食事制限や他の運動は行わないため、短期間で大幅な体重減少ということにはなりませんが、「歩く」という毎日の動作を痩せやすいものに変えることで、いつのまにか引き締まった体を手に入れることができると思います。

 

ふくらはぎ痩せダイエットで効果のある運動やストレッチ!

 

基本的な痩せる歩き方(ウォーキング)

①姿勢を正しく

背筋をピンと伸ばし、お腹に少し力を入れる。

これが歩く前の基本的な姿勢になります。

どのようにしたらよいのかよくわからないという方は、壁に背中を付けるようにして立ってみましょう。

その姿勢が正しい歩き方の姿勢になります。

頭が上から釣られているイメージを持つとよいでしょう。

②手の位置を確認する

手が前に出ていたり後ろにある場合は、猫背になっていたり腰が反りすぎている証拠です。

手は、耳の穴、肩の中央を通る線上にあるのが正しい位置になります。

③着地はかかとから

正しい姿勢がとれたら、一歩歩き出してみましょう。

この時、踏み出した足の膝を軽く曲げて前に出し、着地する時は膝を伸ばして足裏のかかとから地面につくようにします。

かかとが付いたらつま先を着け、反対の足を踏み出します。

④体をバウンドさせない

歩く時にはふわふわと弾まないようにしましょう。

上半身を腰に乗せるようにして、頭の位置を変えないように意識して歩きましょう。

 

ウォーキングダイエット成功するやり方【距離や時間】とカロリー!

散歩ダイエット成功するやり方【距離や時間】と消費カロリー!

足パカダイエット方法の効果と正しいやり方や口コミ!

 

太ももに効果のある痩せる歩き方の正しいやり方

太ももが太いのが気になる・・。太ももを細く引き締めたい・・。


Sponsored Link


このようなお悩みを抱えている女性は、とても多いですよね。

しかし、女性の場合ハイヒールを履くことが多いため、どうしても重心が体の前にいきがちです。

重心が前にいくと、それを支えようと太ももの前側の筋肉ばかりが発達し、後ろ側の筋肉は弛んでしまいがち。

そのため、前から見ると太ももがより太く見えてしまうというわけです。

それを解消するためには、ハイヒールを履いている時でもかかとから着地する意識を持つこと。

さらに、階段を上る時は太ももを引き締めるよいチャンスになるため、この時はつま先で上ることを意識すると太ももの後ろ側の筋肉を鍛えることができます。

 

太もも痩せダイエット短期間で即効性のある正しいやり方!

内もも痩せダイエットは効果的な筋トレやエクササイズやストレッチで!

 

ふくらはぎに効果のある痩せる歩き方の正しいやり方

①胸を開いて歩く

私達が普段歩く時は、どうしても視線が前を見ることから背中が丸くなって胸を圧迫しがちです。

しかし、この姿勢になると体の後ろ側の筋肉が上手く使えないため、上半身の重みがそのまま下半身に乗ってしまい、重怠い感じで歩くようになってしまいます。

②足を後ろに蹴り出して歩く

胸を開いて歩くと、体の後ろ側の筋肉を使えるようになるため、足を蹴り出して歩くのが楽になります。

そうすると、足の蹴り出しによる力がみぞおちまで伝わり、それにとって腎臓の働きが刺激されて体のむくみが抜け、ほっそりと引き締まります。

 

ふくらはぎを細くする簡単ストレッチと筋トレで美脚に!

縄跳びダイエットでふくらはぎの足痩せと消費カロリー!

 

痩せる歩き方のダイエットのポイント【距離や時間】

①大股で歩く

大股で歩くためには体のバランスを崩さないようにする必要があるため、軸(インナーマッスル)が鍛えられ、体の外側だけではなく奥の筋肉も効率よく鍛えることができます。

また、両手を振ってバランスをとろうとするため、全身の運動になり消費カロリーがアップします。

②早足で歩く

普通のスピードで歩くよりもやや早足で歩いた方が、消費カロリーは1.2~1.3倍も高くなると言われています。

ただし、早すぎると疲労の蓄積や怪我の原因になるため、最初から無理をせずに徐々にスピードを上げていくようにして下さい。

③目安は1時間

体重などの個人差にもよりますが、一日1時間痩せる歩き方で歩くと、1ヶ月で1kgの減量に繋がると言われています。

ただし、日常生活において一時間続けて歩くことは困難という方がほとんどではないでしょうか。

その場合は、通勤で20分、社内や自宅の中で20分、コンビニなど買い物に20分のように、一日のトータルで一時間になるようにしてもよいそうです。

 

スロージョギングダイエットの効果の出るやり方と口コミ!

自宅でできる有酸素運動の効果とダイエットのやり方!

 

痩せる歩き方ダイエットの口コミ


これまでの歩き方を痩せる歩き方に変えるだけのダイエット方法。

果たして口コミ状況はどうなっているのでしょうか。

・今まで、ただ歩くだけのウォーキングをしていた時は全く効果がありませんでしたが、正しい姿勢で歩くようになったところ、汗のかきかたなどが全然違います。まだ始めたばかりですが効果はありそうです。

・正しい姿勢で歩くようになって一ヶ月で1kg減り、一年後にはマイナス12kg達成しました。

・ピンクレディーのMIEさんは、50代になっても若い時とスタイルが変わらず綺麗なまま。その秘訣は正しく歩くだけだとテレビで言っていました。テンポは「ペッパー警部」の速さだそうです。

痩せる歩き方のポイントと成功するやり方【太もも・お腹・ふくらはぎ】のまとめ

今までウォーキングをしてもいまいち効果を感じられなかったという方は、歩き方に問題があったのかも知れません。

正しい歩き方をすると、最初は疲れますし筋肉痛になることもあるようですが、それこそ筋肉が鍛えられ全身を使った証拠と言えます。

今日から歩き方を変えて、いつでもどこでも賢くダイエットに取り組んでみましょう!


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)