餃子ダイエットのやり方と効果や失敗しないルール!量は?

餃子ダイエットのやり方と効果や失敗しないルール!量は?

失敗しない餃子ダイエットのやり方!

カラッと焼き上がった皮とジューシーな挽肉餡、野菜のシャキシャキ感が一体となった餃子は、ご飯のおかずやお酒のお供として欠かせないもの。

でも、皮には小麦粉が使われているし、餡にはお肉が入っているし、何より油を使って調理しているからカロリーが心配・・。

だからダイエット中は避けている、という人も多いですよね。

でも、そんな餃子がもしダイエットによいと言われたらどうでしょうか?

一見すると信じられないような話ですが、実は世の中には餃子ダイエットというものがちゃんと存在しています。

そうなのです!餃子はダイエットの敵どころか、味方になってくれるものなのです!

とは言え、そう言われてもまだ信じられない方が殆どだと思いますので、今回は餃子ダイエットについて調べてみました。

餃子ダイエット失敗しないやり方効果、気になる、知っておきたいルールなど、餃子ダイエットにまつわるあらゆることをこの機会にご紹介したいと思います。


Sponsored Link


餃子ダイエットとは?カロリーは?


餃子ダイエットとは、その名の通り餃子を食べるダイエット方法です。

基本的には餃子を食べるだけなので、食事制限をしたり運動をする必要がありません。

餃子を食べることがダイエットに繋がる、というわけです。

しかし、餃子がダイエットによいと言われても、にわかには信じられない方も多いのではないでしょうか。

実は餃子はカロリーが低く、1個あたり(18g)で34㎉ほど。

10個食べても340㎉程度しかなく、思っている以上に低カロリーになっています。

最近は、食べないダイエットではなく食べるダイエットが流行していますが、餃子ダイエットもその中の一つと言えます。

今までダイエットだからと我慢していたものは、食べてもよいなんて嬉しいですよね。

 

カロリー制限ダイエットの効果とリバウンドしないやり方!

 

餃子ダイエットの効果


餃子は、カロリーが低いだけではなく、あの小さい中に様々な栄養成分を多く含んでいます。

例えば、餃子の皮は小麦粉からできていますが、小麦粉に含まれる炭水化物はエネルギーの元となり、私達の体や脳を動かす力になりますし、餡に含まれている挽肉には筋肉の元となるたんぱく質、さらに野菜にはビタミンやミネラルが多く含まれています。

これまでのダイエットは、摂取カロリーを極力減らすことで痩せるのが主流で、それだとどうしても本来必要なエネルギーも不足するため、体力が落ちたり体調が悪くなったり、イライラや気分の落ち込みなどが起こり、健康的にダイエットを続けることが難しいと言われていました。

しかし、餃子ダイエットでは筋肉を落とすことなく、脳に必要な糖分を補うことでイライラすることなく、ダイエットを行うことができます。

また、たんぱく質によって筋肉量が維持されるため、脂肪燃焼効果もアップしダイエットに役立ってくれるのです。

 

一週間で痩せる脂肪燃焼スープダイエットで-8kgの効果!

 

成功する餃子ダイエットのやり方


餃子ダイエットは、一食を餃子のみに置き換えて行います。

置き換えダイエット方法なので、餃子を食べる時は餃子以外は食べないようにしましょう。

餃子を食べると太る、というイメージは、実は餃子そのもののカロリーが高いのではなく、一緒に食べるご飯やラーメンといった炭水化物の過剰摂取が原因と言われています。

また、餃子を焼く時に油を使用しますが、使用する油が多過ぎると皮に吸収されるためカロリーを多く摂ってしまうことになります。

餃子を焼く時の油は控えるか、使わずに焼くとよいでしょう。

 

一食置き換えダイエットの効果とおすすめのやり方や口コミ!

炭水化物抜きダイエットの効果と危険性!痩せないこともあるの?


Sponsored Link


 

餃子ダイエットのルールやポイント!


餃子ダイエットは、基本的には一食を餃子のみに置き換える形で行いますが、ここではよりダイエット色が強い“餃子式ダイエット”のやり方をご紹介したいと思います。

餃子式ダイエットは、渡久地聡美さんが考案したダイエット方法で、ルールは次の3つとなります。

①朝食はバナナ一本とオレンジジュース

②昼食は500㎉以内であれば何を食べてもOK

③夕食は餃子を12個

渡久地さんは、ピューマ渡久地ボクシングジムの会長さんで、減量が必要な選手のため栄養学などを学んで、この方法に辿り着いたそうです。

 

ボクサー流減量ダイエットで効果的に脂肪燃焼し痩せる方法!

バナナダイエット成功するやり方と効果【朝・昼・夜】

 

量はどれくらい?いつ食べるのがベスト?


一食を餃子を置き換える場合、どれくらい食べてもよいのか気になりますよね。

当然、食べ過ぎたらカロリー過多になりますし、だからといって量を控えすぎるとダイエット効果が薄くなる可能性があります。

餃子ダイエットにおける餃子の適切量は、最低でも7個、最高で16個と言われています。

また、置き換えるタイミングは朝食や昼食ではなく、夕食がベストです。

なぜなら、夕食を食べた後はカロリーが消費されることなく、就寝してしまうから。

そのため、夕食にカロリーを抑えられる餃子を食べることでダイエット効果がアップすると言われています。

 

リバウンドはないの?置き換えダイエットの効果とやり方や口コミ!

食事制限ダイエット成功するやり方!痩せない場合の原因は?

 

水餃子ダイエットのやり方


油を使って焼く餃子よりも、油を使わない水餃子はダイエットに向いているイメージがあると思いますが、実は水餃子は水分が多いため、代謝が落ちている方には不向きな面もあります。

また、水餃子を食べる時はタレをつけて食べるため、このタレに糖質が多く含まれていることがあります。

さらに、水餃子はつるっとしてのど越しがよいため、あまり噛まずに食べてしまうことも、太りやすい原因に。

そのため、水餃子ダイエットを行う時はタレは醤油のみにし、よく噛んで食べるようにするとよいでしょう。

なお、上記でご紹介した渡久地さんによると、餃子ダイエットの際に水餃子を使うのがNGだそうです。

水餃子は通常の餃子に比べて皮が厚くなるのでその分糖質量が増えることと、油を摂らないと肌のかさつきなどが生じ、綺麗に痩せることができないからだそうです。

餃子ダイエットの口コミ

・夕食に餃子だけ、しかも多くても16個までしか食べられないなんて、絶対お腹が空くと思っていましたが、以外にもお腹がいっぱいになるのでストレスなく続けられます。餃子に野菜をいっぱい入れて食べているからか、むくみが取れて足がすっきり見えるようになりました。

・毎日餃子を手作り・・が面倒だと思いましたが、時間がある時にまとめて作って冷凍しておくと便利だということに気が付きました。どうしても面倒な時は市販のものを利用する手もあるので、気軽に続けられます。

・餃子ダイエットを始めたら、お腹周りの脂肪が減り、ベルトの穴が2つ移動しました!便秘が解消されたのが大きいかも知れません。

餃子ダイエットのやり方と効果や失敗しないルール!量は?のまとめ

これまでダイエット中は食べるのを我慢していた餃子が、実はダイエットによいと聞いて驚かれた方も多かったと思います。

しかし、その理由がわかると「なるほど~」と思いますよね。

餃子ダイエットは夕食を餃子に置き換えるだけでよいので、作り置き餃子を活用してぜひ、代謝を落とさず健康的に痩せてみてはいかがでしょうか。

余裕のある方は渡久地さん考案の餃子ダイエットを試してみるのもよいかも知れませんね。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)