ココアの効能やダイエット効果とおいしい飲み方!

ココアの効能やダイエット効果とおいしい飲み方!

ココアの効能とダイエット効果が凄い!

コーヒーは苦いから苦手という女性でも、ココアは好きという方は多いのではないでしょうか。

特に、秋から冬にかけて気温が下がってくると、体が無意識にココアを欲してカフェに入ったら頼んでしまうこともあると思います。

ココアが恋しくなったら冬がやってくる季節だなあ、なんて感じる方もいらっしゃるかも知れませんね。

そんなココアですが、最近は単に美味しいからという理由だけではなく、健康や美容のために飲んでいる方が多いことをご存知でしょうか。

ココアは、カカオが原料の食材です。

カカオは、古代マヤ文明の時代から「神様の食べ物」として親しまれており、そこから学名も「テオブロマカカオ」と付けられました。テオブロマカカオ(Theobroma cacao)とは、ギリシャ語でtheos=神様とbrom=食べ物という言葉を合わせた造語です。

このことから、カカオから抽出されるココアは、「神様の飲み物」とも称されます。

そこで今回は、ココアの知られざる効能や効果についてご紹介したいと思います。

特に、「ダイエットはしたい・・。けれど、無理な食事制限や運動はしたくない・・。

痩せやすい体を手に入れられる食べ物や飲み物はないだろうか・・。」と考えている方には是非お読み頂けたらと思います。


Sponsored Link


ココアの主な成分と特徴やカロリー

ccadt2
ココアとは、原料となるカカオ豆の種子を発酵・焙煎したものから皮などを取り除き、すり潰したものからさらにカカオバターと呼ばれる油脂分を取り除いて粉末状にしたものを言います。

ココアには、ポリフェノールや食物繊維を始め、ココアにしか含まれないアルカノイド(植物に含まれる有機化合物)であるデオブロミンが含まれています。

この他、カフェインや亜鉛、鉄、マグネシウムなども含まれており、ココアのカロリーはティースプーン山盛り一杯(4g)あたりで16㎉となっています。

ココアのメリットデメリット!ココアは太るのか?

ccadt3
甘くて温かいホットココアは、寒い冬のマストアイテム。

ほっこりしたい時や疲れて糖分が欲しい時は、つい手が伸びてしまいますよね。

しかし一方で「ココアは太る」というイメージから、飲むのを控えている方も多いのではないでしょうか。

ですが、これは誤解です。

ココアは、4gで16㎉あるので、過剰に摂取すればカロリーオーバーとなり太る原因となりますが、それはココア以外のあらゆる食品にも同じことが言えます。

むしろ、ココアは一杯飲むだけで満足感が得られやすいことから、ダイエットに向いているという分析もあります。

つまり、ココアを上手に取り入れることができればダイエットに有効に働くと言えるのです。

しかもそれだけではありません。近年ココアは健康飲料として大変注目を集めています。

 

プロテインダイエットの正しいやり方や飲み方!運動は必要?

 

ココアの効能・効果が凄い!

ココアが健康飲料と言われても、いまいちピンとこない方も多いのではないかと思います。

そこでここでは、ココアの効能や効果を具体的に見ていきたいと思います。

リラックス効果・ストレス解消

ccadt4
ココアにしか含まれない特有の成分であるデオブロミンは、幸せホルモンとも呼ばれている脳内物質のセロトニンに作用する働きがあるため、リラックスやストレス解消に効果があります。

ココアを飲むとほっとする感覚というのは、実はこのように科学的にも証明されているのです。

美肌効果・アンチエイジング効果

ccadt5
ココアには、老化の原因と言われている活性酸素を除去する働きに優れたポリフェノールが含まれているため、肌を若々しく保つアンチエイジング効果があります。

便秘解消効果

ccadt6
ココアに含まれるリグニンという食物繊維は不溶性のため、水分に溶けずに便のかさを増やすことで腸壁を刺激し、便通を促進します。

また、ポリフェノールには腸内環境を整える働きもあるため、ココアを飲むことで便秘が解消されます。

体臭・おならの臭いもなくなる

ccadt7
リグニンには、便の臭いを吸収する働きもあるため、体臭や便臭を軽減する効果が期待できます。

また、食物繊維のリグニンとポリフェノールの2つが腸内環境を整え、善玉菌を増やすため、悪臭を放つ悪玉菌が減ることによっても便の臭いを抑えることができます。

 

ヨーグルトダイエットの効果が凄い!その方法とレシピ!

 

冷え性改善効果

ccadt8
体を温める作用のある食品として、すぐに思い浮かぶのはショウガではないでしょうか。

しかし、ココアはそのショウガよりも長時間に渡って体を温める効果があるという実験結果も出ています。

さらに、ココアは冷たくして飲むのが好きな方も多いと思いますが、通常冷たい飲み物は体を冷やすと言われていますが、ココアの場合は他の冷たい飲み物に比べてその作用が少ないこともわかっています。

風邪・インフルエンザ予防効果

ccadt9
風邪やインフルエンザなどの感染症から体を守ってくれる免疫の中でも、最も強力と言われているのがNK(ナチュラルキラー)細胞ですが、ココアを飲むとそのNK細胞の増殖の上昇率が高くなると言われています。

心臓への効果・動脈硬化予防

ccadt10
ココアに含まれるポリフェノールには、血管の機能を高め動脈硬化などの発症を抑える働きがあると言われています。

疲労回復

ccadt11
ココアには、アミノ酸の一種であるアルギニンが含まれています。

アルギニンは疲労回復効果があり、激しい筋トレなどを行うボディービルダーの方が筋肉の疲労を取り除くために摂取する成分の一つと言われています。

 

太もも痩せダイエット短期間で即効性のある正しいやり方

 

貧血改善

ccadt12
ココアはミネラルの含有量が多く、中でも鉄や亜鉛、マグネシウムと言った貧血改善に役立つ成分が含まれています。

貧血持ちで、毎朝コーヒーを飲む習慣があった方がココアに替えたところ、貧血が改善されたという例もあるようです。


Sponsored Link


癌予防

ccadt13
ココアに含まれるカカオポリフェノールには、癌細胞の元となる変異物質を抑制する働きがあることがわかっています。

認知症予防

ccadt14
カカオポリフェノールは、老化の原因と言われる活性酸素の働きを抑制することから、脳細胞の損傷を防ぎ認知症やアルツハイマー病の発症を減らす効果があると言われています。

集中力・記憶力の向上

ccadt15
カカオポリフェノールが高含有量のココアと低含有量のココアをそれぞれ3ヶ月に渡り、50~69才の方に飲んでもらったところ、高含有量のココアを飲んだ方の記憶力が30代のレベルにまで向上したことから、ココアには集中力や記憶力を高める効果があると言われています。

おいしいココアの入れ方や飲み方と飲むタイミングと注意点

ccadt16
肌寒い朝。ホットココアでも飲もうと思い立ち、カップに適量のココアを入れたら、そこにお湯を注いでスプーンでぐるぐる。

ココアを作る時、大抵の方はこのように作るのではないでしょうか。

しかし、ちょっとした工夫をするだけで、ココアはもっと美味しく飲むことができることをご存知ですか?

今回はその方法をご紹介したいと思います。

  1. 適量のココアをカップに入れ、そこに熱湯(もしくは温めた牛乳)を少量加えて、スプーンでペースト状になるまでよくかき混ぜます。
  2. ココアの粉っぽさがなくなったら、そこにお湯(もしくは温めた牛乳)を加えてペーストをしっかり溶かして出来上がりです。
  3. 加える水分を牛乳にするとコクが出ますが、その分カロリーも高くなってしまいます。

また、お湯で作る際に少量の砂糖やクリープを入れても美味しくなります。

なお、ココアの効果をより高めるためには、朝食前と夕食前に摂るのがよいでしょう。

また、ココアは飲み過ぎるとカロリーオーバーになってしまいますので、飲んでも1日2杯に抑えるようにしましょう。

 

ダイエットの食事は太らない食べ方とバランスやメニューが重要!

 

なぜココアでダイエットできるの?

ccadt17
最近、ココアはダイエットに有効として女性を中心にとても注目を集めています。

では、なぜココアがダイエットによいのでしょうか。

ここでは、その理由を詳しくご紹介したいと思います。

1.食物繊維が豊富

ココアには食物繊維が豊富に含まれているため、便秘解消の効果が期待できます。

また、腸内環境が悪く便秘になってしまうと、老廃物の排出が滞り脂肪も蓄積しやすくなってしまうため、便秘解消とダイエットは切っても切れない縁があると言われています。

さらに、食物繊維には体に有害な物質も体外へ排除する働きがあるため、デトックス効果もあり体調が整いやすくなります。

2.ポリフェノールによる効果

ポリフェノールには、老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあります。

人は年齢を重ねるごとになかなか痩せにくくなってしまいますが、これは活性酸素による老化で代謝が低下することが大きな原因です。

その活性酸素を抑制し、新陳代謝を活発にすることで脂肪の燃焼や、脂肪を燃やすための筋肉の増加がしやすくなり、効率よく痩せることができるのです。

3.血行を促進する

ココアは、ショウガよりも長く体内を温める作用が持続することから、血行を促進し新陳代謝を活発にします。

体が慢性的に冷えると、やがてむくみが生じ、脂肪と老廃物が結びついて厄介なセルライトを作ることから、冷えを予防することはダイエットを行う上でとても大切と言えます。

 

セルライトを簡単に解消するつぶし方や除去の仕方!

 

4.満足感を得やすい

ココアは、脳内物質であるセロトニンの分泌を促進する働きがあります。

セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれており、文字通り人が幸福感や達成感を感じた時に分泌される物質です。

ココアによってこのセロトニンの分泌が活性化されると、リラックス効果が促進され、ダイエット中に陥りやすいストレスやイライラを軽減することができます。

さらに、「もっと食べたい」という食欲を抑える効果もあることから、自然と食べる量を減らすことができます。

ココアダイエットの正しいやり方

ccadt18
ココアダイエットのやり方は、朝食と夕食の前にココアを一杯飲むだけ、というとても簡単な方法です。

「これなら気軽に続けられそう!」と思う方も多いと思いますが、実はココアダイエットは失敗者も多いダイエット方法です。

その理由は、ココアの飲み方にあります。

ココアを作る際、カップに何杯も入れてはいませんか?

ココアはティースプーン一杯で16㎉ほどあります。

コクや旨味を味わうためについ2杯3杯と入れてしまっては、あっという間にカロリーが高くなってしまいます。

しかも、それだけではありません。

ココアに砂糖を足したり、牛乳で割るとさらにカロリーは跳ね上がってしまいます。

ココアダイエットを行う上では、ココアの量に気を付け、カップに対して小さじ山盛り2杯程度を目安にするのがよいでしょう。

また、市販されているココアには飲みやすさを考慮して、最初から砂糖や乳製品が含まれているものもあります。

カロリーを抑えることを考えるなら、砂糖や乳製品の含まれていない「ピュアココア(純ココア)」を選ぶのがよいでしょう。

さらに、どうしてもお湯以外でココアを割って飲みたい時は、豆乳がおすすめです。

豆乳は牛乳よりもカロリーが低く、女性に嬉しい大豆イソフラボンも含まれていることから、ホルモンバランスを整えてダイエットに効果をアップしてくれます。

おすすめのココア3選!

早速、ココアダイエットに挑戦してみようと思った方のために、おすすめのココアをご紹介したいと思います。

また、ダイエット以外にも女性に嬉しい効能や効果がたくさんあるココアですので、是非毎日のリラックスタイムにココアを活用してみましょう。

バンホーテン ピュアココア

ccadt19
砂糖や乳製品を一切含まないピュアココアです。現在のココアパウダー製造法を発明し、その味は世界中の有名パティシエにも愛されています。

URL:http://www.vanhouten.jp/index.html

森永 純ココア

ccadt20
「ココアと言ったら森永♪」のコマーシャルソングに聞き覚えのある方も多いと思いますが、森永製菓では、砂糖や乳製品を含むココアの他に、純ココアも販売しています。

URL:http://www.morinaga.co.jp/cocoa/pure/

明治 デオブロココア

ccadt21
砂糖や乳製品が含まれているものの、ポリフェノールが従来のものと比べて2倍含まれていることから、美容効果やアンチエイジング効果を高めてくれます。

URL:http://www.meiji.co.jp/

ココアの効能やダイエット効果とおいしい飲み方のまとめ

ココアには、様々な効能や効果があることがお分かり頂けたでしょうか。

コーヒーに比べてカフェインの量も少ないことから、女性には特におすすめできる飲料だと思います。

また、ホットで飲む冬だけではなく、夏にアイスで飲んでも他の飲み物よりも体を冷やさないのは、冷え症の多い女性には嬉しいことだと思います。

ココアはダイエットだけではなく、体調を整える上でもとても効果的な飲み物と言えるため、是非毎日の食生活にプラスしてみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link




LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)